2022関東インカレ

2022KANTO IC

2022年5月19日(木)から22日(日)に国立競技場にて開催された第101回関東学生陸上競技対校選手権大会が終了いたしました. ご声援ありがとうございました.


競技結果


DAY1

<トラック>
・男子3部110mH決勝
(1-3)上野(経営管理M1) 14″62(-0.8)
(1-7)関 (理M1) 15″07(-0.8)PB

・男子1部110mH予選
(1-8)岩井(環境2) 14″40(+1.0) 組5着 準決勝進出
(2-4)豊田(環境2) 14″19(-0.4) 組2着 準決勝進出
(4-3)富山(環境4) DNS

・女子1部100mH予選
(2-9)岩屋(経済3) DNS

・男子3部400m決勝
(1-6)大谷(理M2) DNS

・女子1部400m予選
(2-8)鴨下(環境1) 58″90 組8着

・男子1部400m予選
(4-2)森(理4) 49″06 組8着

・男子1部1500m予選
(1-4) 田村(商4主務) 3’52″0 組9着
(1-14)安倍(理2) 3’59″52 組17着
(2-19)河野(環境4) DNS

・女子1部100m予選
(2-9)岩屋(経済3) DNS

・男子1部100m予選
(1-2)三輪(環境2) 10″51(+0.0) 組4着 準決勝進出 塾歴代10位
(4-3)大越(商1) 28″48(-1.0) 組7着
(5-9)藤木(商4主将) 10″97(-0.4) 組8着

・女子1部4×100mR予選
(2-8)山本(文4)-岩屋(経済3)-工藤(法政3)-鈴木わ(総合2) 47″11 組5着 塾歴代5位

・男子1部4×100mR予選
(1-3)藤木(商4主将)-三輪(環境2)-富山(環境4)-菅原(環境3) DNF

・男子1部10000m決勝
(1-3)木村有(総合2) 29’39″36 第18位

<フィールド>
・女子1部棒高跳
17/17 大久保(環境3)3m70 6位入賞!3点獲得★ 塾歴代2位タイ
14/17 浦津(環境3) 3m70 7位入賞!2点獲得★ 塾歴代2位タイ

DAY2

<トラック>
・男子1部110mH準決勝
(1-4)豊田(環境2) 13″88(+0.1) 組1着 決勝進出
(2-3)岩井(環境2) 14″44(+0.2) 組6着

・男子1部100m準決勝
(2-2)三輪(環境2) 10″54(-0.8) 組6着

・男子1部110mH決勝
(1-4)豊田(環境2) 13″82(-0.3)PB 第2位🥈 7点獲得★塾記録更新!

男子1部5000m
(1-18)安倍(理2) 14’46″59 組16着
(2-15)森田(経済4) 14’30″41 組14着

<フィールド>
・男子1部三段跳決勝
10/25 イベル(総合2) 14m83(+0.4) 第14位
24/25 三浦(理3) 15m68(+0.2)PB 第3位🥉 6点獲得★ 全カレA標準突破‼

DAY3

<トラック>
・女子1部七種100mH
(3-8)岩屋(経済3) 14″39(-0.1) 組4着 924点

・男子3部400mH決勝
(1-2)柴田(理M1) 53″15 第6位
(1-9)関 (理M1) DQ

・男子1部400mH決勝
(3-2)鈴木(悠)(理3) 54”52 組7着
(4-5)豊田 (環境2) 51″34 組2着

・男子3部800m決勝
(1-7)宮野(理M1) 1’55″80 第3位🥉 1点獲得★

・女子1部800m予選
(1-9)神田(理3) DNS
(2-7)井上(法法1) 2’16″03 組7着
(4-5)細井(総合4女子主将) 2’13″26 組3着

・男子1部800m予選
(2-8)奥 (商2) 1’55″08 組8着
(3-9)井関(商4) 1’55″54 組8着
(4-7)梅沢(総合4副将) 1’51″08 組4着 準決勝進出

・男子3部200mタイムレース決勝
(2-7)大谷(理M2) DNS

・女子1部200m予選
(1-1)岩屋(経済2) DNS

・男子1部200m予選
(3-9)三輪(環境2) 21″256(-0.3) 組4着 準決勝進出 関カレA標準突破!

・男子1部3000mSC
(1-10)黒澤(総合3) 9’16″10 PB 組11着 塾歴代10位

・女子1部800m準決勝
(1-9)細井(女子主将) 2’14″55 組7着

・男子1部800m準決勝
(1-2)梅沢(総合4副将) 1’51″24 組6着

・女子1部七種200m
(3-5)岩屋(経済3) DNS

・女子1部4×400mR
鴨下(環境1)-岩浅(法政4)-工藤(法政3)-井上(法法1) 3’55″36 組6着

・男子1部4×400mR
白銀(理3)-森(理4)-川嶋(総合4副将)-村上(法政4) 3’11″99 全カレ標準突破! 組6着

<フィールド>
・女子1部七種走高跳
2/19 岩屋(経済2) 145cm 566点

・女子1部七種砲丸投
4/19 岩屋(経済2) 8m81 452点

・男子1部走高跳
16/19 武田(法法2) 2m08 第7位 2点獲得★

DAY4

<ロード>
・男子1部ハーフマラソン決勝
田島(環境2) 1:04’53 第18位

<トラック>
・男子1部200m準決勝
(1-9) 三輪(環境2) 21″14(+0.6) 組2着 塾歴代6位タイ

・男子1部400mH決勝
(3-2) 豊田(環境2) 51″13 PB 第5位 4点獲得★ 塾歴代2位

・男子1部200m決勝
(1-4) 三輪(環境2) 21″31(-0.7) 第8位 1点獲得★

・女子1部七種800m
岩屋(経済3) DNS

<フィールド>
・女子1部七種走幅跳
11/19 岩屋(経済3) DNS

・女子1部七種やり投
13/19 岩屋(経済3) DNS

・男子1部走幅跳決勝
14/17 イベル(総合2) NM

男子1部やり投決勝
9/21 伊藤(達)(商3) 66m73 第6位 3点獲得★

最終結果

・男子1部 23点 第13位
・女子1部 5点 第25位
・男子3部 1点 第12位

出場者


慶大からのエントリー選手は以下の通りです

選手名鑑はこちら→2022KANTO IC 選手名鑑

●男子1部

100m:藤木、三輪、大越
200m:三輪
400m:森
800m:井関、梅沢、奥
1500m:河野、田村、安倍
5000m:森田、安倍
10000m:木村(有)
ハーフマラソン:田島
110mH:富山、岩井、豊田
400mH:鈴木(悠)、豊田
3000mSC:黒澤
4×100mR: 富山、藤木、菅原、三輪、岡村、篠宮
4×400mR: 川嶋、村上、森、白銀、鈴木、西元寺
走高跳:武田
走幅跳:イベル
三段跳:三浦、イベル
やり投:伊藤(達)

●男子3部

200m:大谷
400m:大谷
800m:宮野
110mH:上野、関
400mH:柴田、関

●女子1部

100m:岩屋
200m:岩屋
400m:鴨下
800m:細井、神田、井上
4×100mR: 岩浅、山本、岩屋、工藤、鈴木、日根
4×400mR: 岩浅、細井、神田、工藤、井上、鴨下
100mH:岩屋
棒高跳:浦津、大久保
七種競技:岩屋

陸の王者 再興

チーム目標


本大会では1部男子24点、1部女子15点を目標に設定いたしました。我々105代競走部のスローガンとして「陸の王者 再興」を掲げています。陸の王者としての基盤を再構築し、強い慶應競走部の伝統を引き継いでいく想いが込められております。 チーム一丸となって戦ってまいりますのでご声援のほどよろしくお願いいたします。

4年生の思い


出場する4年生の関東インカレに懸ける思い

4年生の思い① MORE

4年生の思い② MORE

4年生の思い③ MORE

藤木健人(商4 主将)
男子1部100m・4×100mR
大越隆聖(商1)
男子1部100m
三輪颯太(環境2)
男子1部100m・200m・4×100mR
森柳(理4)
男子1部400m・4×400mR
井関亮太朗(商4 中距離ブロック長)
男子1部800m
梅沢龍輝(総合4 副将)
男子1部800m
奥泰貴(商2)
男子1部800m
河野慶太(環境4)
男子1部1500m
田村颯斗(商4 主務)
男子1部1500m
安倍立矩(理2)
男子1部1500m・5000m
森田剛史(経済4)
男子1部5000m
木村有希(総合2)
男子1部10000m
田島公太郎(環境2)
男子1部ハーフマラソン
富山弘貴(環境4)
男子1部110mH・4×100mR
岩井章太郎(環境2)
男子1部110mH
豊田兼(環境2)
男子1部110mH・400mH
鈴木悠真(理3)
男子1部400mH・4×400mR
黒澤瑛紀(総合3)
男子1部3000mSC
菅原佳澄(環境3 短短ブロック長)
男子1部4×100mR
岡村大喜(法法2)
男子1部4×100mR
篠宮健吾(法政2)
男子1部4×100mR
川嶋昴(総合4 副将・短長ブロック長)
男子1部4×400mR
村上倫太郎(法政4)
男子1部4×400mR
白銀克隆(理3)
男子1部4×400mR
西元寺遼介(総合2)
男子1部4×400mR
武田翔太(法法3)
男子1部走高跳
イベルブランドン(総合2)
男子1部走幅跳・三段跳
三浦和真(理3)
男子1部三段跳
伊藤達也(商3)
男子1部やり投
岩屋佑未奈(経済3)
女子1部100m・200m・100mH・七種競技・4×100mR
鴨下友織菜(環境1)
女子1部400m・4×400mR
細井衿菜(総合4 女子主将)
女子1部800m・4×400mR
神田陽向(理3)
女子1部800m・4×400mR
井上汐莉(法法1)
女子1部800m・4×400mR
岩浅優花(法政4 主務補佐・サポートブロック長)
女子1部4×100mR・4×400mR
山本涼乃(文4)
女子1部4×100mR
鈴木わかば(総合2)
女子1部4×100mR
日根千晴(商4)
女子1部4×100mR
工藤音花(法政3)
女子1部4×100mR・4×400mR
浦津ななの(環境3)
女子1部棒高跳
大久保綺更(環境3)
女子1部棒高跳
大谷尚文(理M2)
男子3部200m・400m
宮野勉(理M1)
男子3部800m
上野佑太(経営管理M1)
男子3部110mH
関太玖真(理M1)
男子3部110mH・400mH
柴田有仁(理M1)
男子1部400mH