夏合宿特集!~長距離一次編~

こんにちは。

4年マネージャーの林です

 

皆様お待たせいたしました。

本日は夏合宿特集の長距離編をお届けします!

 

長距離ブロックは今月と来月、3カ所合宿地を移して夏合宿を行っております。

8月8日から16日までは山形県上山市の蔵王坊平高原で一次合宿に臨みました!

 

初日には蔵王坊平アスリートヴィレッジの方から、高地トレーニングでの注意点などを教えていただきました。

標高1000mの坊平高原では酸素が薄いため、質の高い練習ができる一方、脱水や睡眠不足など気を付けなければならないこともあると学びました。

蔵王坊平アスリートヴィレッジの伊藤さんのお話を聞く選手たち

 

2日目は雨の降る中でのポイント練習になりましたが、選手たちはトラックでの距離走に励んでいました!

上:Aチーム、下:Bチーム

 

合宿中は距離走だけでなく、クロスカントリーコースでインターバルのメニューも行いました。

歩いて登るのも大変な急な上り坂のコースを、きつそうながらも走り切る選手たちの様子が印象的でした。

根岸(経4)を先頭にクロスカントリーでの距離走を行う様子

懸命に走る永野(文4)

 

また、走りの練習だけでなく、まとまってのトレーニングやストレッチも行いました。

上:メディシンボールでのトレーニングを行う佐伯(環4)と金子(環2)

下:杉浦(法1)と小野(総1)

 

オフ日には蔵王温泉の大露天風呂に行きました

夜には中距離ブロックの選手や東北高校の選手たちと一緒にバーベキューを行い、合宿の夜を楽しみました!

バーベキューを楽しむ清水(法1)と前田大(商1)

 

また差し入れで大きなスイカをいただきました!

甘くて美味しいスイカは、ポイント練習後の選手たちに大人気でした

東北高校の渋谷先生、早川様、ありがとうございました。

司代(法1)、杉浦もとても嬉しそうです!

 

蔵王から次の合宿地である北海道紋別市では、フェリーを利用して移動しました。

移動日の様子は選手兼マネージャーの野村に書いてもらおうと思います!

 

***

こんにちは。野村です。
今回は二次合宿が行われる北海道に帯同しサポートさせていただくことになりました。

朝9時に山形県の蔵王を後にした選手たちは、バスで仙台駅へと向かいました。

仙台駅でお昼頃に一旦解散をし、夕方のフェリー出航の時間まで、それぞれで行動しました。

仙台駅から仙台港までは移動を含めて選手たちそれぞれが行きたいお店などをまわりました。
仙台港は三井アウトレットパークが近く私も含めて多くの選手が足を運び、買い物やカフェでの休憩などをしました。
仙台を出発したフェリーは約15時間かけて北海道の苫小牧へと向かいます。
フェリーに乗るのが初めてという選手も多く、揺れによる船酔いなどに苦しんでいました。

フェリーでの集合写真

 

トイレやお風呂、寝る時までもずっと揺れているので、感覚としては連続した小さな地震のようなものでした。
苫小牧へ到着するとバスで紋別まで向かいます。
北海道の地図でいうと、ほぼ下から上に縦断する形で、長い移動となります。紋別に向けて北上していくにつれ、バスの窓が結露していき、気温が下がっていくのがわかりました。

8月17日夕方、紋別に到着しました。気温が低く、路面が硬いなどに気をつけながら引き続きがんばって参ります。

 

***

ここまでお伝えしてきたように、長距離ブロックも他の合宿に負けない充実した合宿を行っております!

紋別での二次合宿の様子もマネージャーブログにてお伝えする予定ですので、ご期待ください。

 

最後に、一次合宿の運営に協力してくださった上山市の皆様、蔵王坊平アスリートヴィレッジの皆様、宿泊させていただいた蔵王ライザウッディロッジの皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

それでは失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です