合格体験記ー三浦和真ー

三浦和真 理工学部 2020年度入学

プロフィール

学部学年: 理工学部 2年

出身校: 都立小山台

所属ブロック: 跳躍

高校時自己ベスト:三段跳:14m69

入試形態: 指定校推薦

部員紹介ページへ

慶應を選んだ理由

  多くの学生が在籍しているということが大きかったです。慶應大学には他大学と比べて学部数が多く、キャンパスには様々な人がいます。自分にはない考え方をする人と接することで新たな価値観を持つことができるのは楽しいものであり、今後の大きな財産になると思っています。

入試対策

  指定校推薦は高校と大学の信頼の上で成り立っている入試制度で、合格率は非常に高いです。つまり、高校の中で推薦枠を獲得できればよいのです。そのためには、高校3年間を通して高い評定平均を必要となります。 特に受験期になってからすべきことはありませんが、定期試験や日ごろの授業、小テストを真面目に受けることが私がやってきた入試対策と言えるでしょうか。

慶應競走部の魅力

  慶應大学に入学するためには相応の努力が必要です。しかし、それを乗り越えたら予想を上回る楽しい大学生活が待っています。様々な入試形態があるため、自分に合う形を見つけて合格を掴み取ってください。日吉の競技場で一緒に競技できる日を心待ちにしています。

受験生に向けてのメッセージ

  慶應大学に入学するためには相応の努力が必要です。しかし、それを乗り越えたら予想を上回る楽しい大学生活が待っています。様々な入試形態があるため、自分に合う形を見つけて合格を掴み取ってください。日吉の競技場で一緒に競技できる日を心待ちにしています。