指定校推薦:大谷 尚文

プロフィール

    • 氏名:大谷 尚文
    • 学部学年:理工学部1年
    • 出身校:桑名高校(三重県)
    • 所属パート:短長
    • 自己ベスト:400m 47秒70

慶應を選んだ理由

私が慶應の競走部に入りたいと思ったのは、各々が練習を考え、計画を立て、協力し合うというスタイルに惹かれたからです。また、父にも勧められて何回か見学するうちに、その自由な雰囲気にも魅力を感じました。勉強もしっかり続けたかったので、慶應大学を目指しました。

入試対策

私は指定校推薦での入学でした。指定校推薦は主に学校の評定が大切になります。高校によって誰を推薦するかの基準が異なるところもあると思いますが、基本的には普段の授業を真面目に聞くことが大事です。当たり前ですが、1日の勉強時間のうちで一番長いのは授業なのでそれをちゃんと聞いていればテストもできます。テスト期間も軽く体を動かしながら勉強しても大丈夫でした。合格してからも、もしも推薦されなかった時にも勉強してきたことが役に立つので頑張りましょう。

慶應競走部について

練習は自由にできると言っても一人でやらなきゃダメということはなく、他の選手と協力してできるので心配いりません。また、競技力の高い先輩と練習することで自分も刺激を受けられることも魅力の一つです。理工学部の授業と練習を両立するのは大変と思うかもしれませんが、授業が優先される上、同じ学部の先輩や同期の選手と情報を共有し合えるので、むしろ助かります。

受験生へのメッセージ

自主性を重んじると言っても、ぼんやりとしているとせっかくの大学陸上生活がすぐ終わってしまいます。逆に言えば自分の頑張り次第でいくらでも充実した競技生活を送れるということです。もちろんサポートの環境は整っています。とてもいい環境で練習できるので、ぜひ慶應競走部に来て欲しいです。

受験に関するお問い合わせはこちらまで
受験担当:内田貴一 keio.kutf@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です