一般入試:塩津 和輝

プロフィール

  • 氏名:塩津 和輝
  • 学部学年:総合政策学部3年
  • 出身校:神奈川県立柏陽高校
  • 所属パート:短長
  • 自己ベスト:400m 47″67
  • 戦績:2015年全日本インカレ 4×400mR 8位

慶應競走部に入ろうと思ったきっかけ

私は神奈川県の公立進学校に通っていたので自然と早慶や国公立を目指すようになりました。高校は公立高校としてはそこそこ強い部活でしたが、もっと上のレベルの環境で自分の走りを磨きたいと考え、競走部のHPを参考にして、文武両道が実現できる慶應競走部に惹かれていきました。入学後、部に見学にいき、自由かつそれぞれが高い意識を持って練習に励んでいる姿を見てここに入ろうと思いました。

高校での実績は個人は県予選落ち、マイルで県決勝どまりと、他の同期と比較すると速くはありませんでしたが、まだまだ伸びしろを感じたこと、陸上が好きで続けたい気持ちもあったので、大学でももう一回挑戦しようと決意しました。

慶應競走部について

慶應競走部の特徴としてまず挙げられるのが自由なところだと思います。基本的には指導してくれる人はいないので(一部パートを除く)、選手達が自由にメニューを考え練習します。一人で黙々と練習する人、みんなで補強をしたりする人など自分に合ったスタイルで練習できるのがここの強みだと思います。どちらにせよ、強制されることがないので、しっかり軸を持って、自分はこの環境で何がしたいのか、どうなりたいのかを考えることが大切だと思います。

受験生へのメッセージ

一般入試をへて陸上をまた続けようと思うと、ブランクだったり強豪校から来た強い選手との差で最初のうちは苦労もあるかもしれませんが、自分の可能性を信じて頑張ってほしいなと思います。ぜひ一度見学に来てみてください。一緒に練習できる日を楽しみに待っています。

 

受験に関するお問い合わせはこちらまで
受験担当:内田貴一 keio.kutf@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です