箱根予選会2日前!~目標宣言・応援メッセージ③~

こんにちは!
長距離マネージャー3年の鯉渕温子です。

いよいよ箱根予選会まで、あと二日となりました。
既にアナウンスがある通り、本年度も無観客での開催が決定しております。日ごろからご支援いただく皆様に直接ご観戦いただけず、非常に残念ですが、SNS等で頂くご反響を胸に箱根駅伝予選会突破に向け最終調整を行っております。

本日から、6人がエントリーされている、弊部長距離ブロックの頼れる最大勢力4年生をご紹介いたします!
今回ご紹介するのは、司代 隼(法政4)清水 拓哉(法法4)鈴木 輝(理4)です。

*****

◎司代 隼
― 仲間への気遣いができる司代。彼からアドバイスをもらった後輩も多いはず。彼の存在がチームを成長に導いています。 by前田拓海(法法4)


↑先頭から、司代、内藤(商4)、鈴木
顔が全く分からない写真だったので勝手にもう一枚。

目標:本戦復活

From 鐘ヶ江 周(環4・104代目投擲ブロック長)

司代へ

まず、
この1年間広報の活動を
積極的にやってくれてありがとう。
選手として、
モチベーションをめちゃめちゃ
高めてもらえました。
関東インカレや全カレといった
長距離から少し距離のある公式戦でも、
自分事として仕事をしてくれて本当に嬉しかったです。
track&fieldの選手としてお礼を言わせて下さい。
ありがとう。

普段君は、
あまり情熱を外には見せないけれど、
めちゃくちゃ結果に拘る、
“強い”選手であることを僕は知っています。

一昨年の予選会は想定外の暑さに見舞われましたが、
多くの部員が苦戦する中、
冷静に走り、学連選抜に選ばれた時も
コイツ”強い”なって思ってました。

今の長距離ブロックは、
全員がチームの勝利を自分事にしていて、
すげえ良いなって思っているのですが、
その中でも司代は、
特に結果に拘っている選手だと思ってます。

怪我をしても、
大事なとこには必ず合わせてくる事、
知ってます。

頑張れなんて言葉は必要ないよな。

給水係、楽しみにしてるぜ。

投擲ブロック長 鐘ヶ江周
From 山本 明良(21年卒・103代目短短ブロック長)
司代さんへ
なぜ短短出身の僕がメッセージを書いているのか不思議に思う人もいるでしょう。
実は僕と司代さんは高校時代の先輩後輩の関係なのです。高校時代の司代さんはというと、とてもムッツリスケベで、頭の中はピンク色で染まっているような方でした。(今でもそれは変わっていませんが。)下ネタなどは苦手な僕でしたが、やがて司代さんに影響を受けて、今では司代さんの高校時代のご指導のおかげていろいろと成長できたと思っています。司代さんは僕の偉大な師匠です。
さて、そんな司代さんですが、実は入学前からいろいろとやらかしてくれています。彼は入学直前に靭帯を損傷するという大きな怪我をしているのです。しかも、陸上とは関係なく、卒業旅行で行ったスノボー?で起こった出来事。「なにやっとんねん!」誰もがそう思ったでしょう。そのため、入学して1年近くまともに練習できてなかったんじゃないかな。入学早々、どん底に落とされるも、ここからが彼の快進撃!
怪我から復帰するや否や、すぐにPBを更新。そこから1年分の欲求不満を爆発させるかのごとく成長していき、2年生の箱根では学連選抜のメンバーに選ばれるほどの実力に。
こんなざっくりと司代のサクセスストーリーを語ってしまったけれど、こうした成長の裏には、1年生の時の怪我の経験やその後の血の滲むような努力があったからこそだと思っています。大学受験や就活など、部活動以外の場面でも、周りにはアピールしないけれど、誰よりも早く行動して、実は地道に努力をし続け、結果を出す。そんな強みが司代にはあります。
そんなこんなで箱根予選会ももうラスト。いろんな思いがあるだろうけど、ここまできたら自分の持ってる力を出し切って、結果を出すしかない。
これまで3年間溜めてきた欲求不満を最後の年に爆発させてくれ!
来年の正月に司代隼がテレビで生中継されていることを楽しみにしてます!

 

◎清水 拓哉
― しゅりょくでありながら みんなから愛される ずしかいせいぼーい
たくさん走ってきたから くるしい時でも やってくれるよね君なら
by司代

目標:箱根路を走る。

From 松尾 史也(法法1)
清水さんの応援を書かせていただきます、一年の松尾史弥です。
いつも集合時間ぎりぎりにいらっしゃる清水さん。人数確認するときにも「あ、清水さんいるから全員きてるよね」となります。(笑)
僕はそんな清水さんと、ジョグしたり、オフ日に一緒にお好み焼き作ったり、カレー屋に連れて行ってもらったりと、たくさんの時間を過ごし、その中で、陸上の知識や、集合時間ギリギリに来る本当の理由、チームの理想の形、就活のことなど、いろいろなお話を聞かせていただいています。
正直、「清水さん、あんなにてきとーに見えてこんなに考えているんだ」と毎度毎度、驚いてます。(ごめんなさい)

「清水拓哉」人呼んで「ピーキングの神」。
トップレベルの知識量と感覚の鋭さ、自分の身体を隅々まで知り尽くし、合わせた試合では外さないという圧倒的な信頼感が、皆をして「神」と言わしめる所以でしょう。
夏合宿のジョグで「チームトップ狙ってるからよぉ」とおっしゃっていたのを忘れてはいません。ピーキングの神のお仕事を立派に成し遂げ、慶應を箱根に連れて行ってください。予選会の主役は清水さん、あなたです!!
From 越宗 洋暁(法法4・短短ブロック)

清水へ

清水は「やるときは必ず結果を出す」男です。部活だけでなく、合宿所やゼミで共に過ごしてきた僕が言うのだから間違いありません。

彼は1年次から実力を発揮し、毎年長距離ブロックを結果で引っ張ってきました。
そのどんな結果であっても満足することなく、高みを目指す姿は他ブロックである僕も凄く刺激を受けた記憶があります。

今までチームトップクラスの実力を持ちながら、あと一歩箱根に手が届かなかったこの男が、最終学年となった今年に、チームでの箱根駅伝出場の立役者になると僕は確信しています。そして、予選会後に晴れやかな表情でやりきったという言葉が聞けることを心から願っています。

今年も無観客での開催となり、直接応援を届けることはできませんが、画面越しでかまいませんので、この清水に大きな声援を宜しくお願いします!

 

◎鈴木 輝
―  実は輝は、漢気が盛んです。
誕生日の人がいれば何か買っているし、ベストを出している人にはご飯を奢るという。
by 杉浦 慧(法政4・長距離ブロック長)

目標:4年間の集大成・予選会突破!

From 甘利 早希(商2・サポートブロック)

輝さん

合宿所集合の時、他の選手がジョグから帰ってくる頃に、輝さんはリュックを背負って研究室から帰ってくることが多々ありました。そして数分後には靴紐を結び走りに行きます。気休む時はあるのだろうか、、、といつも思っていました。
でもきっとそれが当たり前で、それを4年間続けてきて今の輝さんがいるのだろうと思います。
新潟ハーフの前日に東大の憧れの選手について話してくださいましたが、私はそれはまさに今の輝さんだと思っています!!

また、調子があがらなくても、結果が出なくても何ひとつ弱音をはいているところを私は見たことがないです。いつも冷静に何が原因かを分析し、ひたむきに走る姿を見て私も頑張らねば!と勝手に力をもらっていました。

この一年、思うようにいかないことが多かったと思います。昨年の予選会、全日本予選会、ほんとにあと一歩で30分切れそうであった日体…これらの悔しさ、そしてこの4年間の全てをぶつける走りをしてください。真の文武両道を見せつけてください。

明後日は晴れ予報です。天気は輝さんに見方しています!(万が一雨が降ってもここまで来た輝さんならどんてことないですね‼️)
もう今までためてきたものを出し切るしかないです!
全力で応援しています!!!

From 尼子 夏年(法法1)

輝さんのことは自分が高校生のときから知っていて、正直めちゃめちゃ怖い人だと思ってました。笑
入寮日が近づき、同部屋が輝さんと知ったとき少しビビってましたが、実際は仏のように優しい人でした。

平日は朝から夕方まで研究室にいて、夜は授業動画を見たりプレゼンの準備のために遅くまで机と向き合う。本当に毎日がこれの繰り返しだったと思います。
夏休みになり、授業がなくなった僕は部屋でゴロゴロしてる中、変わらず研究室に足を運ぶ輝さんを見て、これはもう大学生ではなく会社員なのでは?と思ったこともあります。

そんな怒涛の毎日を過ごし、そのまま一次合宿、二次合宿を迎えました。一次合宿では怪我に悩まされ、二次合宿では調子がなかなか上がらず、輝さんにとってはかなり苦しい時期だったと思います。それでも、メンバー選考に関わる記録会に向けて再発進しようとした矢先、膝を痛めてしまいました。
普段長期離脱することが少ない輝さんも2週間ほど痛みを抱えながらjogをしたりしなかったりする日々が続きましたね。
結局本来出るはずだった記録会には間に合いませんでしたが、その1週間後の記録会には出走し、そこからは徐々に調子も上がっていったと思います。
今は絶好調とまでは行かないかもしれませんが、輝さんなら絶対に大丈夫です。部屋子である僕が保証します。
誰よりも忙しいのに、誰よりも距離を積む輝さん。
研究室の疲れがある中でも夜中にケア部屋で超音波をする輝さん。
合宿中、空き時間にロビーで黙々とプレゼンの準備をする輝さん。

たった半年しか一緒にいなかった僕にも輝さんの頑張りはわかります。

もう土の中には丈夫な根がたくさん張っています。
最後の予選会、大きくて立派な花を咲かせましょう。

 

*****

以上となります。
いかがでしたでしょうか。

岩政さん(経4・103代目短長ブロック長)はご自身の全日本インカレマイルよりも、今回の予選会に緊張しているそうです。1週間前からソワソワしているとのことです。
おそらくリップサービスだと思いますが、部員に限らず、皆様からのご声援はすでにたくさん届いております。私たち長距離ブロックの挑戦を温かく見守り、支えてくださっている皆様に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。
当日はぜひ、日本テレビ系 9:35~(競技開始時刻) にてライブ中継がございますのでご声援いただければと思います。
※本大会から、民放公式テレビポータル「TVer」のライブ配信も行われる予定です。
※放送開始時刻は9:25~となっております。

皆様、季節の変わり目につき体調を崩しやすい時期ですので、お身体にはお気をつけてお過ごしください。

明日は予選会マネブロラストとなります!
最後までお楽しみください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です