早慶戦4日前!~100m・400m・4×200mR編~

こんにちは。全体マネージャー1年の藤永です。

いよいよ早慶戦4日前となりました。
今回で97回目を数える早慶戦。
今年は、早稲田大学織田幹雄記念陸上競技場で開催されます。

全日本インカレ後1週間という中ですが、勝利を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

 

さて、本日から出場選手に向けた応援メッセージを紹介いたします!
ぜひ、ご一読ください。

***************************************************

男子100m

大島瑠星(短短ブロック長・経済4)

 

 

 

 

 

From:酒井由吾(主将・環境情報4)

大島へ

大島は毎年冬季練習が始まると肉離れを繰り返し、満足いく練習を詰めていない印象でした。
今年も例に漏れず、冬季中に2度の肉離れを経験。ラストイヤーを前にして、短短ブロック長でありながら一時、就活ニキへと成り下がりました。

短短ブロック所属の部員からは、
「大島さんは就活ばっか」
「大島さん。今日も就活です」
「大島さんスーパーデイがあるとかで…」
なんて言葉をよく聞いていました。
陸上への情熱は薄れたのかと、心配していました。

しかし蓋を開けてみると、10.6までタイムを伸ばし、結果で短短を引っ張る、何とも頼もしいブロック長になっていました。
よく短距離同期から「弟の方が速いぞ」「才能全部取られたんか」と煽られていたことが懐かしいです。

大島!本当にラストの公式戦だぞ!
残り191日で社畜になることが確定している君は怯えながら来る日を待つのみ。102代目主将大川弘太郎、103代目主将藤村大生を見る限り、入社後は全力で走れないのは明白。それどころか、運動をする時間さえ無いでしょう。191日という短い余生を充実させるためにも「最後の公式戦で大幅自己記録を出した!俺の人生は最高だった」と思えるように最後の公式戦を戦い抜いてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

From:原田莉々子(マネージャー・商3)

とっても優しい大島さん。
入部当初は渡部さんに騙されて、しばらく本気で同期だと思っていました。
タメで話しても、満面の笑みで返してくださりありがとうございました。

とっても賢い大島さん。
言わずと知れた〇〇内定者。
しかし、何に対しても驕ることなく謙虚な姿勢を貫く姿に真のクレバーさを感じています。

とっても負けず嫌いな大島さん。
今シーズンは試合で何度もPBを更新していますが、3年生の頃までは怪我に苦しんだ時期が多かったですね。
ですが、どんな時でも変わらぬ目標を持ち続け、黙々と走り続けてきたことが大島さんの強さだと思っています。

104代の仲間と戦う最後の公式戦。
悔いのないレースをしてきてください。

応援しています。

 

藤木健人(短短・商3)

 

 

 

 

 

 

 

From:大島瑠星(短短ブロック長・経済4)

昨年から徐々に化け始め、今やエースとしての活躍が期待されているこの男。

この世に生まれ落ちてから、早20年。
筋肉を愛し、筋肉に愛され、時には筋肉に裏切られる人生を送ってきました。
今年もその例外ではなく、筋肉を駆使したキャパ外の出力によってPBを出したかと思いきや怪我をして、フェードアウトを繰り返してきました。
これまでに脚に刻まれた幾千もの傷を見れば、如何に今日までの日々が試練続きだったかが分かるでしょう。
それでも筋肉を信じ続け、筋肉を増強させ必ず強くなって戻ってくる。
そう、彼はもう筋肉無しには生きていけないのです。
きっと筋肉への永遠の忠誠心と引き換えに、絶大な力を手にしているのでしょう。

どうしてこうなってしまったのでしょうか。
思えば彼を養ってきた私にも責任の一端があります。

とある日の練習後のやりとり

大「藤木、昼飯食べに行こうか」
藤「ドマ―レツレテケ!」
大「OK。先にコンビニで飲み物を買おう」
藤「ザバスプロテイン!ユデタマゴ!ア、ソノマエニクレアチンノマナキャ…」
大「ハハッ、仕方ない奴だなぁ」

彼にはプロテインを与えすぎたのかもしれません。。。

しかし全ての課題解決を筋肉に頼っていると思いきや、意外にもクレバーな所もある様子。
常に部・ブロックの事を考え、時には鋭い指摘をしてくれます。ブロック長の私はおお助かりです。
更には読書家としての一面もあることが最近某マネージャーによって暴露され、知れば知るほど彼の人間としての深さを思い知らされます。
その知力を武器に必要な練習をロジカルに洗い出し、計画的に遂行していく力も、彼の強さの秘訣の一つです。

そんな藤木君になら、苦闘が予想される男子100mに旋風を巻き起こせるのではと思っています。

いくつもの困難を乗り越え、雪だるま式に筋肉を纏い続けたこのマッスルドリブン・ビッグボーイの走りに是非、ご注目ください。

 

From:越宗洋暁(短短・法法4)

藤木

「筋肉達磨」という言葉以上にこの男を表現できる言葉を僕は知りません。

この言葉だけ聞くと、また越宗がふざけたこと書いているよと言われかねないですが、僕がこの言葉が藤木にぴったりだと思うのには理由があります。

「七転八起」(しちてんはっき)という言葉があるように、本物の「達磨」は転けても転けても再び起き上がってきます。
藤木も同じように、何度も怪我で悔しい思いをしながらも、不撓不屈の精神で這い上がり、PBという素晴らしい形で復活してきます。そして僕はその姿を近くで3年間見続けてきました。
藤木という男はかなり厳ついガタイをしているため、ついつい筋肉の方に目がいってしまいがちですが、実は達磨の「七転八起」の精神で努力し続け、(*あくまで僕の見解です。)この早慶戦100mの正選手の座を掴んだのです。

この男は最後の最後には必ず結果を出してくれると思うので、僕達の最後の早慶戦に「100mで得点」という花を添えてくれることでしょう。
厳しい戦いになると思うけど、実力を発揮すれば十分勝負はできると僕は確信してます。頑張れ藤木!!

 

酒井由吾(主将・環境情報4)

後日、〈跳躍編〉で紹介いたします。

 

男子400m

大谷尚文(短長・理工M1)

 

 

 

 

 

From:柴田有仁(短長・理工4)

大谷先輩へ
全カレお疲れ様でした!
マイル決勝の走りはめちゃくちゃしびれました!

全カレ前、膝が痛いという話もされていて、なかなか状態を合わせるのにも苦労されていました。しかし、ここ1番での走りは圧巻でした!前半から積極的に早稲田や東洋の選手に食らいついていく走りは、さすが大谷さんというものでした。

間髪いれずに早慶戦ということで、タイトなスケジュールで大変だと思います。ですが、全カレでの、あのきれっきれの走りがあれば、早慶戦でも活躍間違いないと思います!

今シーズン最後の公式戦、頑張ってください!
あと、先行ワンキル、今度こそ決まるとこ見せてください!

柴田

 

From:長谷部真希(トレーナー・経済3)

大谷さんは強い選手です。速いだけではなく、普段の練習への姿勢や勝利へのこだわり、人との接し方など、全てにおいてです。多分、誰もがそう言うと思いますし、誰もが大谷さんのことを尊敬していると思います。私もその1人です。

ただ、今年はまだ”最強”にはなりきれていませんよね。
トレ室の壁に貼ってある目標に、「人間失格」という言葉を掲げていたのが、印象に残っています。
今の大谷さんはまだ人間を辞められていないです。まだ神の領域に達していないです。

でも、大谷さんにはやっぱり1位が似合います。人間よりも、神の姿が似合います。(褒め言葉です)

天才たちに勝って、”最強”の神になる瞬間を見せてください。
「やっぱ俺最強だわ」ってドヤ顔で帰ってくるのを待っています!

 

岩政亮汰(短長ブロック長・経済4)

 

 

 

 

 

From:岩浅優花(短長・法政3)

いつも岩政さんといがみ合っております、岩浅が応援メッセージを書かせていただきます。

岩政さんは態度とか、背とか、走りとか色々デカいです。上から目線なところがむかつきます。でもなんか面白くて、見た人を笑わせてしまう力が岩政さんにはあります。きっと皆さんも岩政さんを見て不意に笑ってしまった経験があるのではないでしょうか。私はよくあります。不思議な力です。

昨年代交代をしたとき、岩政さんがブロック長になった当初よりも、今は何倍も頼れるブロック長になっていると思います。それはブロック長として結果にこだわって、「全カレでマイルで結果を残す」という目標をぶらさずに、先頭を走り続けてきたからだと思います。個性豊かな短長ブロックのメンバーをまとめるのは大変だったと思いますが、なんだかんだ一番個性の強いのは岩政さんだったのかもしれません。面白いので。

そんな岩政さん実は毎年自己ベストを更新しているらしいです。これって本当にすごいことだと思います。そして岩政さんが記録を出すことで、短長はいつも刺激をもらっていました。今年も大幅にPBを更新しました。最後の最後まで岩政さんの活躍が楽しみです。

先日行われた全カレで400,4継,マイルの3種目に出場した岩政さん。きっと大変お疲れのことと思います。でも最後の公式戦です。老体にむち打って最後の公式戦本当に頑張ってください。私はその姿を目に焼き付けたいと思います。応援しています。

 

From:坂本研太朗(トレーナー・経済3)

岩政さんはとても優しい先輩ですが、発言がオラオラしていることが多いので、最初は怖い人なのかと思っていました。
しかし、トレーナーとして関わるようになる中で、それはきつい練習の中で自分を奮い立たせるための自己暗示のような部分もあるのだと思うようになりました。
自分が影響を受けた漫画のコマを貼るのが短長ブログの伝統ですが、岩政さんからは、行動の端々からそういったメンタリティーを感じます。こんなにドMで真っ直ぐに速さを探究している人はいないでしょう。
全カレ終わって間もない中ではありますが、
今までの努力を出し切って早慶戦に爪痕を残すことができるよう、全力で応援しています。

 

坂口天城(副将・法法4)

 

 

 

 

 

From:中西立樹(短長・理工4)

僕弁護士目指してるんだ
そう言ってた茶色い髪の時代からずっと公式戦に出続けてきたね。2年の関カレは誰もが認める1部昇格の立役者です。そんな天城も最後の公式戦。今年は4年間で一番苦しい顔をしている。近くで見てきたからこそ、その苦しさがより感じられる。でも、天城は調子が悪くても怪我をしていても地道な努力を続けて結果を出し続けてきた男です。いつも短長を、同期を、チームを引っ張ってきた男です。負けず嫌いな男です。とにかくでかい男なんです!顔も。だから最後はかっこいい姿見たいです。しつかり走り切ってきてください。期待してます。頑張れ!

 

From:村上倫太郎(短長・法政4)

いちばんつよくてすごい天城へ

1年の頃から短長の主軸であり、4年では副将という重い責任を背負いながら走ってきた天城。

今年は思うような結果がでず、特に慶同戦以降、もう走らないといつも以上に弱音をはく姿を見て寂しく思ってた。

他の同期や後輩が活躍しているけど、やっぱり短長のエースは君しかいないんだよ。

正真正銘ラスト1周、王の帰還を待ってます。

 

男子4×200mR

大谷尚文(短長・理工M1)、岩政亮汰(短長ブロック長・経済4)、菅原佳澄(短短・環境情報2)、
 岩井章太郎(短短・環境情報1)、豊田兼(短長・環境情報1)、三輪颯太(短短・環境情報1)

 

 

 

 

 

 

 

From:向吉未来也(短短・理工4)

大谷さん
これまで何度も慶應競走部勝利の立役者となってきた大谷さんは理工学部の星です!某アプリゲームではとんでもなく陰湿な戦法で勝利し喜んでいましたが、早慶戦では豪快な走りで勝利を収めてバランスをとってもらえればと思います!(笑)

岩政
最終学年にして各インカレ標準突破、そして全カレ入賞と絶好調な岩政。入部当時の記録は下から数えた方が速かったのに、ここまで記録を伸ばしたのは競技に対するその真っ直ぐな姿勢だと思う。キツいときも競技に向き合い続けることで必ず結果を出せることを後輩たちに示せたお前は最高のブロック長だよ。調子悪いわとかテキトー言ってないでラスト頼みますよ。

菅原
高身長界の五条悟。短距離身長インフレはお前から始まった(絶対許さん)。冗談はさておき、なかなか試合で思い描く走りができないとエバーノートに書いてたことがあったけど、走りや普段の様子を見てて一皮むけたと感じてます。菅原が進化した走りと慶同戦で見せてくれた競り勝つ強さを発揮できればきっと勝てるから頑張れ!

岩井・豊田・三輪
短距離のスーパールーキー3人組。普段の練習を見て異次元のポテンシャルの高さに驚愕を通り越して崇拝してます。周りから期待されてそれが重圧に感じていたり、思うようにいかないことがあるかもしれないけど、ゆーてまだ1年生なんだから気楽に構えてるくらいで良いと僕は思ってます(岩井は大丈夫そうだけど)。兄貴たちが本気出せば早稲田なんかホイホイなのはわかってるので、勝ちにこだわりつつもまずは楽しんで!(まとめちゃってごめんね)

 

※三輪(短短・環境情報1)は当初100mに出場予定でしたので、別個に応援メッセージを募っておりました。ここで紹介させていただきます。

三輪颯太(短短・環境情報1)

From:白銀克隆(短長・理工2)

僭越ながらあまたの三輪っちのファンの中の1人である白銀がメッセージを担当させていただきます。まずは全カレお疲れ様でしたー。

僕が最初に三輪っちを見たのはU18の決勝で(動画ですが)、挙動から想像できた通り(他の人の選手紹介で拍手してたりゴールした後ニコニコしながら歩いてるとこね笑)かっこよくて優しくて練習に真摯に取り組みかつ少し天然な子です笑 でもその裏腹にスマホのスクリーンタイムを覗いてみると、、、あれれっ、みんなが寝ている間にグラフがありますねぇ、、。笑 最近はちゃんとした時間に寝てるかな?

三輪っちのばちばち反発をもらいながら加速してずっと傾斜を傾けながらスムーズに中間疾走に乗せるその走り、めちゃくちゃ参考にしててマネさんがYouTubeにあげてる練習動画見て少しでも近づけられないかなと実は影で見てます笑

大学に入ってまだ過去の自分との走りのギャップを埋められてなくてもどかしくて周りの誰よりも苦しんでるかもしれないけど、三輪っちならきっといつかコツ掴んで過去の走り以上に速くなるだろうし、早慶戦でそのコツが掴めるかもしれない!、そう信じて今回の早慶戦挑んで欲しいな。

シーズンもあと1ヶ月余り、代交替の早慶戦で三輪っちが少しでも納得いくようなレースとなることを祈ってます。

白銀

From:西元寺遼介(短長・総合政策1)

三輪颯太
陸の王者慶應が誇る最強のスピードスター
彼なら絶対に素晴らしい結果を残してくれるはずです!
頑張れ!

*****************************************

以上となります!

いかがだったでしょうか?

今回も本ブログを最後までご覧いただきありがとうございました。

明日は、110mH、1500mの選手紹介です。

ぜひ、ご覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です