慶同戦3日前~ハードル・リレー種目編~

こんにちは
3年マネージャーの原田です。

暑い日々が続いておりますが、本日は慶同戦3日前です。
ハードル・リレー種目に出場する選手たちを紹介致します!

*************

【男子110mH】

 

 

 

 

 

 

左から、豊田・岩井・阿川
(岩井は京都にいたため、合成いたしました😊)

●阿川公希(短長4・商)

From岩井章太郎
こんにちは!今回阿川さんの紹介をさせていただく短短ブロック1年の岩井です。
僕が初めて阿川さんとお話ししたのは大学に入ってからではなく、初めて競走部の練習を見学しに行った高校2年の冬でした。そこで見た練習に対して真摯に向き合う姿は今でも覚えています。その一年半後、実際に入部して気付きましたが、やはり阿川さんの練習に対する熱量はすごいです。慶同戦ではお互いベストを尽くして頑張りましょう!

●岩井章太郎(短短1・環境情報)

From豊田兼
慶同戦に最も相応しい選手、心は熱い男、岩井章太郎。
彼は根っからの京都人で、なんと今回戦う同志社の小中高附属出身なのです。故に部員からは今回の試合に向けてスパイだのと揶揄されています笑。
そんな彼にとって今回はかつての仲間との戦いになる訳です。そこでどのような思いで戦うのか、どのようなパフォーマンスを発揮するのか注目です!
最後に彼の熱い意気込みをどうぞ!
「12年間お世話になった同志社に敬意を込めてボコボコにしたいと思います。」

●豊田兼(短長1・環境情報)

From阿川公希
とよけんの他己紹介をすることになりました。
まずは軽く彼の特徴を列挙していきたいと思います。

「背が高い」「足が長い」「顔がちっちゃい」「イケメン」「足が速い」「ハードルうまい」「塾記録保持者」「勉強できる」「フラ語もぺらぺら」「あざとい」

皆さんもフラ語しゃべれることまでは何となく知ってると思うので今回は「あざとい」に関して深掘っていきたいと思います。

① 写真
まずは一番わかりやすい写真から。関東インカレの速報ツイートに乗っている彼の写真を見てもらえば、いかに彼があざといか、一目でわかるはずです。彼にはあざとさ指数という調子の指標があって、その日に取られた写真があざとければあざといほど、パフォーマンスが上昇する性質を持っています。慶同戦でTwitterに上がる彼のあざとい写真に注目しましょう。

② 文字
彼は文書もあざといです。エバーノートや体調管理表を記入する際に、彼だけがですます調で書いています。しかも絵文字多用してきます。彼の好きな絵文字は☺ 😳 😥 😆  😎 です。
いやぁあざとすぎる。。。

③ 行動
もちろん行動もあざといです。彼はいつも「あがわさ~ん☺」ってスキップしながら近づいてきます。そして僕がケアを受けてたら腕に落書きしてきます。僕が「え?」って顔したら、 😉 って顔してきます。とにかく彼の行動の節々にあざとさが詰まっています。

慶同戦ではトッパーの前にヨンパーも出る豊田君。
みんな大好き「あざとよだ」の応援を宜しくお願いします!

【女子100mH】

 

 

 

 

 

 

左から、岩屋・工藤

●岩屋佑未奈(跳躍2・経済)

From工藤音花
おそらく競走部の中で練習時間が一番長いであろう人物がゆみなです。おそらくレース本番に一番強いであろう人物もゆみなです。
そんなゆみなを一番近くで見てる自信がある工藤がゆみなの応援メッセージを担当させていただきます!
ゆみなはちょっと前から慶同戦で1日に4種目(100m, 100mH, 走幅跳, 4継)っていけるもん?と何度も私に聞いてきます。私はもちろん、余裕だって!と答えています。
練習であれだけタフな彼女なら余裕に決まってますよね。4継までしっかり走り切ってくれることを私が保証します。
ここはシンプルに、がんばれー!!

(夏休み突入したゆみなのことを羨望の眼差しで見ている)音花より

●工藤音花(短長2・法政)

From岩屋佑未奈
おとちゃんの他己紹介ということで、今回は岩屋が担当させていただきます。
皆さん音花の中学の写真を検索したことはありますか?(この話を持ち出したこと音花に怒られそ〜笑)私は高校3年生の時、同期ができると知ってどんな子だろう!というワクワクした気持ちを持ちながら「工藤音花」というワードを検索したとき、とてつもなく強そうな子が入ってくるのだと思いました。本当のことを言うとビビりました笑今の女子力高い音花とは想像がつかないほどボーイッシュで真っ黒だったからです。負けず嫌いそうだなあといった印象を持ちました。でも大学1年生の時会ってみたらとてもサバサバした気さくな子でした。そして、今では私の1番の練習パートナーとなってくれました。特に体力はバケモノです。この前、全力で4本走る20秒走のあとにテンポ500行くって言った時には驚きました。体力オバケ音ちゃんです。
私は音花がいるから辛い練習も頑張れるし、負けたくないし、前に進もうと思えています。きつい練習終わった時にハイタッチする時、あの瞬間実は私好きなんだ〜!笑いつもありがとう!!
そんな音花ですが、慶同戦では100Hに出場します。Evernoteに今月こそ絶対に14.6の関カレ標準を出すと宣言していました。絶対に音花なら出来る。一緒に練習していてスピードもハードリングも前より上がっていると思うから。音花と初めてレースで一緒に走ります。私も負けていられない。一緒に慶同戦で上位とろうね!がんばろう!
がんばれ!音花!!!!

 

【男子4×200mR】
大谷尚文(短長M1・理工)、岩政亮汰(短長4・ブロック長・経済)、坂口天城(短長4・副将・法法)、菅原佳澄(短短2・環境情報)、岩井章太郎、三輪颯太(短短1・環境情報)

 

 

 

 

 

左から、菅原・坂口・岩井・大谷・岩政・三輪

From山本涼乃(女子4×100mR出場)

最終競技である8継!
200mを4人で繋ぐ見応え抜群の競技です。対抗戦でしか見れないレア競技であるため、密かに私はこの競技を見るのをめっちゃくちゃ楽しみにしていました。今年の短距離ブロックは選手の層が厚く、部を牽引してきた実力ある先輩方に、ハイレベルな期待のルーキーたちが加わって、かなりの強者たちが出揃っています!
8継にエントリーする6人の紹介を兼ねて、僭越ながら、1人ずつ応援コメントを送らせていただきます。

大谷さん:トレーナーさんケアの度に、なにやら人間の言語ではない音声を発している大谷さん!普段の穏やかな雰囲気とは一転、トラックでは獣のように走る、そのハングリーな力強い走りでチームを勝利に導いてください、パッション!

坂GUCCIさん:関カレに出場し続けている揺るぎない実力の九州男児、坂口さん!先の就活で勝利を収めたらしいという噂を耳にしましたので、ぜひ8継でも勝利をもぎとってきてください!短長エースの走りに期待しております、パッション!

岩政さん:THEダイナミックな走りの岩政さん!その羨ましいほどの足の長さを生かしたストライドでぐいぐい走っているところはいつ見ても圧巻です!少し足の長さ分けて欲しいです。先の関カレでの出場種目でもある200m、岩政さんのダイナミックな走りに期待しております!パッション!

菅原くん:最近メキメキと頭角を表してきている菅原くん!陸上以外にもサーファーだったりライフセーバーだったり、多才らしいと知って驚いてます。そんな海の男菅原くん、湘南の風になってレゲエ砂浜ビッグウェーブぶちかまして来てください。パッション!

三輪くん:インハイチャンピョンの三輪くん!練習に真摯な姿勢が印象的です。先日見かけた三輪くんの文字がとても味わい深かったのでぜひフォントとかにしてほしいなと思っています。大型ルーキー三輪くんの大本命200m、その活躍に期待大!パッション!

岩井くん:(この前誰だったか忘れたけど誰かに、岩井くんはノンスタイルの石田に似ていると言ったら怒られたのでここで訂正します。)ノンスタイルの石田をぐぐぐっとカッコよくした感じの岩井くん!同志社高校出身で同志社戦に挑むわけですが、関カレ活躍のルーキーの力を旧友に見せつけてきてください、パッション!

長くなっちゃいましたが、
対抗戦の勝敗を決定する8継で、陸の王者慶應、必ずや得点をもぎ取ってきてくれるでしょう!!!応援しております!ファイト!!

【女子4×100mR】
山本涼乃(跳躍3・文)、岩屋佑未奈、工藤音花、鈴木わかば(短短1・総合政策)

 

 

 

 

 

 

左から、山本・岩屋・鈴木・工藤

From菅原佳澄(男子4×200mR出場)

今回の慶同戦女子4継は、関カレの4継メンバーで走ります!
1走は棒高跳を専門にしつつスプリントフォームも美しい涼乃さん。2走は膝の怪我からの復帰、そして見事覚醒を遂げた佑未奈。3走は期待のルーキーわかばちゃん。4走はありえんほどストイックな(20秒走終わったのに500m走っちゃうほど)音花。の実力者4人がバトンを繋ぎます。
関カレでは、岩浅さんのレース直前の怪我により、急遽わかばちゃんが3走を走るなど、様々なハプニングがありましたが、今回はしっかりとバトン練習を積んでいたのをそばで見てきました!最高の走りを慶同戦で見せてくれるのだと期待しています!岩浅さんの分まで頑張ってください!

****************

ハードル種目の選手たちは、練習時からともに高め合い、競い合ってきたメンバーです。慶同戦の舞台を借りて、みんなで一発勝負できることを、心から楽しんできてほしいと思います。
男子の4×200mRは、対校戦ならではの種目。短短と短長の選手の力を掛け合わせて、是非慶應に勝利を確信させるような走りを見せてほしいです。
女子の4×100mRも、フレッシュな戦力も加わったチームで、全日本インカレに向けて弾みとなる走りを期待しています。

 

明日は、跳躍種目に出場する選手たちの他己紹介です。是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です