箱根駅伝1日前!~応援メッセージ②~

あけましておめでとうございます!
2年長距離マネージャーの鯉渕です。

2021年がスタートしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
大人数で集まり新たな年の幕開けを盛大に祝うことはなかなか難しい時期ではありますが、自宅で静かに過ごす年始も悪くないなと感じております。

さて、明日からいよいよお正月の風物詩である第97回東京箱根間往復大学駅伝が開催されます。先日もお伝えさせていただいたように、関東学生連合チームとして杉浦慧(法3・長距離ブロック長)が出走いたします。静かなお正月に少し物足りなさを感じていらっしゃる方も、”慶應の走る箱根駅伝”を是非お楽しみいただければと思います。

本日も、昨日に引き続き杉浦への応援メッセージを掲載させていただきます。
厳しいコロナ禍は勿論、入部してからの約3年間或いはそれ以上の時間を切磋琢磨しあった同期7人からのメッセージです。

最後までお読みいただけると幸いです。

*****

◎印藤 剛(経3)
1年生の頃から箱根駅伝への熱い気持ちを先輩にも物怖じせず波及させてきた杉浦くん。今回はチームでの出場は叶いませんでしたが、学生連合の主将として、快走してくれることを期待してます。

◎司代 隼(法3)
もうすぐ箱根駅伝だね。杉浦は箱根予選会終わってからも順調だし、元々本番で100%出せるから心配はしてません。任された区間で是非、爆走してください。
予選会で君がチーム1番、僕が2番でちょっと安心しました。去年同様、予選会前の練習の調子は良かったし、また間違って箱根のメンバーにならないか、少し不安だったからです。あの緊張、僕はもうあと一回でいいかな笑。去年は選ばれたは良かったものの、メンバー争いにすら加われず、散々。それでも、周囲からの期待や応援の声がイヤというほど入ってくるから、辛い辛い。SNSで簡単に友達の声が届く時代、選手の背負うものはどの時代より大きくなっているはずです。これは通称、「僕らの頃はね世代」より大きいはずです笑。
でもそれすらも心配していません。幼少期から期待をされ続けてきたのでしょう、期待を力に変える能力も、チームの中で君がずば抜けています。同期一同、君のことを応援しています。来年に向けて、チームに大きな財産を持って帰ってきてください。

◎清水 拓哉(法3)
この一年で杉浦は変わったなと思います。どこが変わったのか。
普段の練習の取り組み?いいえ、彼は入部したときからチームでトップを争う取り組みの良さでした。半数以上の部員が練習日誌を書いてすらいなかった当時から、ただ1人だけ練習に対する目的や反省などを毎回丁寧に記録し続けていました。
フォーム?これも違います。ちょうどこの前内藤とも話したのですが、杉浦のフォームは最初からめちゃくちゃ綺麗でした。もちろん年々改善されているなと感じますが、元から出来上がっている感があったので劇的な変化は感じません笑。

僕が感じる杉浦の変化、表面的なものを取り上げるなら「ルールを守るようになった」ことです。
去年のホクレン士別大会が開催された日、合宿所では珍事件が起きていました。夜の門限を何人かの部員が破ってしまい、そのうちの1人だった杉浦を、ご機嫌斜めだった寮長がパンチしてしまうという事件です。僕の知る限り、後にも先にも規則違反でパンチされたのはその一件のみです(なぜ手が出てしまったのか…)。僕は北海道にいた側の人間なので詳細は知りませんが、LINE越しに合宿所のカオス感とパンチされた杉浦の不機嫌な感じが伝わってきたことを覚えています。
他にも杉浦にちょこちょこ細かなルール違反があったことも何となく覚えています。

それが、今年に入ってからぱったりとなくなりました。ただ、そんな表面的な変化は正直どうでもいいのです。僕が伝えたいのは、その表面的な変化の背景にあると思われる「チームに対する責任感」です。多分他の3年生も書いてくれていると思いますが、杉浦は主将に就任してから誰よりもチームのことを考えるようになりました。チーム分業という新しいシステムの導入、様々な外部とのやり取りなど彼がチームのために費やしてきた時間やエネルギーを考えると頭が上がりません。一見単純な、全日本予選会のために10000mに絞るという行為にも別の目的があったことを、僕は何かの記事を読んで初めて知りました。杉浦は頭がとても切れます。
そこまでチームのことを責任を持って熱く考えているから、本人は無意識かもしれませんが、自然とルールを破ることもなくなったのかなと思います。

最初に書いた通り、努力量は昔からチーム1。それでいてこの1年間チームのために膨大な時間を費やしてくれた杉浦。そんな杉浦が同期で最初に箱根路を走ってくれることが僕は嬉しいです。普段の目立ちたがり屋を発揮して、全世界に、慶應を、杉浦慧を、アピールする走りをしてきてください!杉浦なら絶対にそれが出来るから!

3年生絆世代の一員として心から応援してます!頑張れ!

◎鈴木 輝(理3)
杉浦は1・2年次から、間違いなく僕たちの代のエースともいうべき存在でした。昨年はチームで唯一関カレハーフに出場したことに加え、夏合宿の最終TTの記録からは、箱根駅伝の往路を走る実力があると保科コーチから太鼓判を押されていました。10000mの持ちタイムはチームNo. 1、予選会でも途中までチームトップを走っていました。一緒に練習してきた僕にとっては、常に届きそうで届かず、そして気がつけば実力の差は広がってしまいました。

とは言うものの、昨年の杉浦は“速い”選手ではあっても、“強い”選手ではなかったかもしれません(僕が言うのもなんですが)。
それが今年はどうでしょう。予選会後に当時2年生ながら長距離ブロック長に就任し、より一層責任感の増した杉浦は、昨年より一回りも二回りも逞しくなりました。慶應長距離チーム自体もこの1年で著しい成長を遂げましたが、それはリーダー杉浦の存在があってこそだと思います。
チームだけでなく自分とも徹底的に向き合い、継続して練習を積んだ結果、気がつけばそこには“強い”杉浦がいました。そして満を持して臨んだ今年の予選会では、塾記録を約2分更新する圧巻の走りで、関東学生連合チームへ選出。僕にとってはチームでの出場が叶わなかった悔しさはありますが、昨年予選会後の杉浦の涙を間近で見て、それだけの強い思いを知っていた僕は、不思議と安堵感を覚えました。

今回の学連チームは例年にも増して注目度が高いですが、その主将ともなると一層脚光を浴びていることでしょう。そんな杉浦のことを同期として誇らしく思うと同時に、当日はそんなプレッシャーをも全てはねのけ、陸の王者の意地を見せつけてくれることを期待しています。箱根を夢見て大学に入学し、悔しいことや辛いことも多々あったと思いますが、あとはもう力を出し切るだけです。慶大競走部や学連チームのメンバー、今までお世話になった方々の思いものせて、杉浦慧の全てを箱根路にぶつけてきてください!

◎内藤 拓海(商3)
1年、2年と箱根に手が届きそうで届かなかった。昨年の夏、保科さんが言ったように、僕自身も杉浦は学生連合に選ばれると思っていた。みんなが想像している以上に悔しかったと思う。今年は走力加え、安定感とピーキング力が向上し、大幅に塾記録を更新し学生連合に選出された。更に、学生連合ではキャプテンを任されている。正確には、雰囲気的に杉浦がやらざるを得ない状況だったと思うけど。待ちに待った箱根駅伝。慶應と学生連合の代表として区間賞を取ってきてください。合宿所から応援しています。

◎前田 大河(商3)
杉浦へ

ゼミ、LEAP、長距離ブロック長、学連のキャプテンなどと毎日が忙しい中でも、練習はしっかりこなし、周りへの気配りをかかさない杉浦は、後輩から慕われていますが、同期の自分にとっても尊敬の念を抱く存在です。

杉浦の走りはなんといっても、洗練されたフォームが魅力的かなと感じています。毎日、自分の身体と対話しているからこそ、なせるフォームなのかなと思います。そんな綺麗なフォームを慶應の関係者だけでなく、他の人にも箱根駅伝という大きな舞台で見せて、箱根を大いに沸かせて欲しいです!

当日は直接応援できないけど、画面越しで精一杯応援させて頂きます!

魅せろ!陸の王者慶應‼︎
ファイト!慶應のエース‼︎

◎前田 拓海(法3)
まずは、関東学生連合チームへの選出おめでとう。同期として嬉しくある一方、先を越された悔しさも感じています。ただ、大学から一緒に競技やってきて、今回の杉浦の選出に関しては、出るべくして出たんだと感じています。

杉浦の競技に対する姿勢であったり、考え方というものにはいつも感心させられます。きっとそういったものが1年生からの成績に繋がっているのだと思います。

そんな杉浦だから、箱根駅伝という大舞台でもきっと他大学に負けないような走りを魅せてくれると信じています。

今回の箱根駅伝は慶應として、関東学生連合として、と色々なものを背負っているかもしれないけど、当日は杉浦らしい走りをしてもらえればと思っています。

直接応援できないけれど、テレビなどで全力で応援したいと思います。頑張れ、杉浦!!

やっちゃえ慶應
やっちゃえ関東学生連合
やっちゃえ杉浦

清水(左)、杉浦(右)

左前から清水、前田拓、司代、内藤、杉浦

*****

長距離ブロック部員23名による杉浦への応援メッセージは以上となります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

12月29日の区間エントリー時点では、杉浦は往路5区を出走する予定です。
毎年何が起こるかわからない箱根の山登りで、杉浦慧、そして慶應の名を轟かせる走りをしたいと思います。是非、ご期待ください!

また、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、箱根駅伝観戦や応援目的での外出はご遠慮ください。テレビでのご観戦「#おうちで箱根駅伝」を宜しくお願い致します。

1月2日(土)、3日(日) あさ7時~
日本テレビほか で生中継されます。
詳しくは番組公式ホームページをご参照ください。

是非テレビの前でのご声援お願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です