4年生特集④〜サポート編〜

こんにちは。
1年マネージャーの桝田、橋本です。

そして本日で4年生特集も最終回になります。

今回はサポートブロックに所属される4年生の方々の特集になります!

 

********************

☆市川絵理(全体マネージャー/文学部)

「経験」

 

 

 

 

 

 

「多くの経験をすることができた4年間でした。
陸上競技に携わること、人をサポートする立場になること、責任感のある仕事をすることなどマネージャーをやっていたからこその経験することができ、自分自身の成長にも繋がりました。
これらの貴重な経験を忘れずにこれからに活かしていきたいです。」

本当に頼れる先輩です!1年の私たちがあたふたして焦っている時にも落ち着いて優しく対応して下さいました。「大丈夫だよ」の一言で安心できました。縁の下の力持ちという言葉が本当に似合うえりさんの根底には今まで培ってきた経験が大きくあるのだと思います。

競走部で得たかけがえのない経験をこれからの生活に活かしつつ、楽しく過ごしていってほしいなと若輩ながらに思っております。頑張って下さい!!

☆金子裕稀(トレーナー/薬学部)

「選んでよかった」

 

 

 

 

 

 

「選択肢はたくさんあって、やらない理由もたくさんあって、でも憧れの部の一員になりたくて、めちゃくちゃ悩んで最後は勢いで入部を決めました。
競技にひたむきな選手たちや、こんなサポートになりたいと思える先輩方に出会えて、ひとりでは見られない景色をたくさん見せてもらえました。
1年生の頃に憧れたなりたかった姿とは程遠いけれど、競走部での4年間を選んでよかったなと思います。」

試合だけでなく普段の練習の時も手が空いたら選手の走りを見に行かれることの多いゆうきさん。ケア中以外の時間でもコミュニケーションをとっていて、一人一人と向き合っていらっしゃる姿が印象的です。そんなお忙しい中、私たち一年生の教育もしてくださる頼れる先輩です。

選んでよかったと思える経験を胸にこれからも未来を掴みとって下さい!応援しています!!

☆竹田彩華(全体マネージャー/薬学部)

「感謝」

 

 

 

 

 

 

「安直ですが笑、この言葉につきると思います。
マネージャーをここまで続けて来られたのは先輩方、同期、後輩のみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました!!」

えりさん同様縁の下の力持ちあやかさんです!あやかさんも本当に頼れる先輩で、感謝×100ぐらいです、いやもっとあります笑

きちっとされてるあやかさんですが時々見せられるおっちょこちょいな一面がとても可愛らしいです(無礼をお許し下さい)。そんなあやかさんが作り出す優しい空気が本当に素敵です。

感謝という一言を選ばれたあやかさんですがあやかさん自身も感謝を沢山される側だと思いますし、若輩の私たちでも感謝×100です。あやかさんが感謝されているという一言ですが、私達も感謝していることを忘れないでください!!!

☆原剛史(トレーナー/商学部)

「距離感」

 

 

 

 

 

 

「僕たちトレーナーは、選手に対して時に厳しい言葉をかけなければいけないことがあります。
選手が出来ていないことははっきりと伝え、選手の競技力が上がるようなサポートをするのが私の理想でした。
そのために、選手とただ距離を近くするのではなく、適度な「距離感」を保ちサポートしていこうと思いました。
選手と良い距離感を保てていたのかは分かりませんが、どんなに辛くても選手の結果が出た時に、トレーナーをやっていて良かったと思えたのは良い関係を築けた証拠なのではないかと思っています。」

原さんはトレーナー長として様々な仕事をこなしてこられ、選手から信頼されていることがケア中の何気ない会話からでも伝わってきます。原さんの一言の通り、選手との“距離感”に憧れるばかりです。また普段真面目なのにたまに言う一言がとても面白くて毎回笑ってしまいます。時折見せられる表情に癒されておりました。

良い関係を築けたと思えたことが全てだなぁと思います。それもこれも原さんが意識して行動してきたことによる賜物なのでしょう。これからも原さんらしく頑張って下さい!!

 

☆坪田夏美(トレーナー/法学部)

「全力とは…?」

 

 

 

 

 

 

「私が1年生の春に初めて先輩のトレーナーなしで合宿行った時に自分の未熟さに気づいて、チームに対して何ができるのかわからなくなった時に保科さんに相談しに行ったんだけど”学生トレーナーに求めていることはプロのトレーナーとかの技術とかじゃなくて坪田ができる全力で取り組むことだから全てを思いっきりやる覚悟がないなら長距離に携わる覚悟が足りてないんだよ”って言われたんだよね。それから長距離だけじゃなくて、他のブロックの人見るにしろ、常に自分に今自分が全力でやってるかなっていうことを悩むたびに問いかけてきたし、それを問いかけるごとに自分がもう一歩成長できたかなっていうのがあったから、自分自身を成長させてくれた言葉でもあるし部に関わる覚悟をもつきっかけをくれた言葉でもあるので選びました。」

夏美さんは状況を言葉で的確に表現するのがお上手で、細かな仕事も理論立てて説明してくださるので、なるほどと思わされる日々です。ただでさえトレーナー活動が忙しい中、長距離業務もこなされているキャパシティやお仕事の早さを尊敬すると同時に“ちゃんと寝てるのかな?”と逆に心配になってしまうこともありますが、選手には大変なところや疲れを一切見せず、優しく丁寧にケアや説明をされている姿が印象的です。

選ばれた一言からも今まで全力で取り組もうとしてきたことが伺え尊敬するばかりです。これからも全力で(時には息を抜きつつ)自分の道を歩んでいってほしいです!応援しています!!

☆山本夏子(トレーナー/文学部)

「坂道」

 

 

 

 

 

 

「4年間大変なことがあって、平坦な道ではなかったな、坂道だったなと思います。だんだん上に上がってきたからこそ見える景色もあったしみんなで頑張って登ってきた…なという感じです」

とても優しく、お忙しい中でも私たちのことも気遣ってくださる一方、トレーナーとして間違っていることは間違っている、と時に厳しく指導してくださる夏子さん。
関わらせていただいたのは短期間でしたが、これまで夏子さんが選手のことをたくさん考え向き合い続けてきたということが伝わってきました。選手からも信頼されトレーナーとして自信を持っているとてもかっこいい一面だけでなく、サラサラの髪、大きな黒目、笑顔など、、、可愛らしい一面もあり、憧れの存在です!

これからのぼられるであろう坂道の先にも素晴らしい景色が開けていることを祈っております!!

☆渡部綾介(長距離マネージャー/経済学部)

「渡部綾介」

 

 

 

 

 

 

 

「んーーーまぁ、ずっと自分らしくいたからそれ(渡部綾介)かな。どんなときも自分らしく、ひたすらずっと、入ってから今もずっと、それを続けてきたから…下手に無理することなく…って感じっ、永遠に!」

渡部さんは明るくて、元気で、面白くて、心が広くて優しくて、歌が上手くて、何人分も仕事ができて、行動力があって、筋トレめっちゃやってるし、選手に寄り添ってるし…と長距離を支える大事な存在です。一年サポートからはもれなく尊敬の念を集めています!!

これからも渡部綾介として確固たる生き様を見せてほしいですね!永遠に!!!!!

********************

 

以上でサポートブロックの四年生特集は終わりになります。そしてこれと同時に全ての四年生特集も終わってしまいました…。寂しいですね。

先輩方の一言を聞いて皆さん思うことが沢山あるのではないでしょうか?4年生の先輩方の思いを感じて下さい!!!

私は寂しい気持ちも確かにありますが、先輩方をより知れたことが嬉しくもあります。皆さんはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です