箱根予選会4日前!~目標宣言・応援メッセージ②~

こんにちは!

3年マネージャーの竹田です。

いつまで続くかと思われた暑さも消え去り、すっかり10月らしい気候となりました。

予選会3日前となる本日も、引き続き予選会出場選手紹介を行います!

本日紹介する選手は、司代隼(法政2)清水拓哉(法法2)鈴木輝(理工2)、朝倉万響(商1)となっております。

当日も好走が期待できるメンバーとなっております!ぜひご注目ください!

 

 

 

 

〇司代隼(法政2)

目標:65分30秒切ってチームに勢いづけます!

From 渡部綾介(経3・サポート・長距離)

司代へ
ここまでたくさん頑張ってきたところを見てきました。季節ごとに振り返ってみましょう。


1500mでの自己ベスト更新。見ててワクワクする、とても楽しい試合でした。ただ、あと少し関東インカレ標準には及ばず、目標達成とはなりませんでした。あの悔しさを忘れていないはず。


まず、平成国際記録会での悲願の14分台。持ち前のレース感とスピードで、やっと一歩先にいた同期たちと肩を並べられました。あのレースも、今でも鮮明に覚えています。
そして夏合宿。昨年は怪我もあり探り探りの合宿でしたが、今年は違いました。距離走を淡々とこなし、これまでの中距離選手のイメージを払拭する走りでした。この合宿中に初めて、司代が10000mやハーフマラソンで活躍する姿が僕の中でイメージできるようになりました。合宿での走り込みは、間違いなく司代の力になってます。


そして満を辞しての日体長での10000m。まさしく快走でした。終わった後にスパートの勢いそのまま、計測している僕のもとに抱きついて来たときは、本当に嬉しかった。無事予選会のメンバー入りを果たし、本当に良かった。
これでもう長い距離も怖くないね。
得意種目1500mから、長い距離へと季節を変えて移行し、成長を続けてきたシーズン前半でした。
でも、最大目標はこれからです。ここまで来たら、ハーフだって間違いなく良い結果を出せます。努力と成長を見てきたからこそ、断言できます。司代なら大丈夫。
持ち前のレース感と恐竜スパートで、応援してくれる人たちをワクワクさせてやりましょう。そして、最高の結果で喜ばせましょう。
僕もゴールで待ってます。最高の結果を出し、また熱く抱き合おう。

あ、2番目でいいからね??

From 守屋明穂(環2・中距離)

司代くんの応援メッセージを書くことになりました。非常に恥ずかしいですが、日頃の思いを綴ります。笑
ご存知の方はあまり多くないかもしれませんが、彼は高校3年生の3月に前十字靭帯を怪我し、入学前は歩くことすらままならない時期がありました。
当初は手術を受けなければならず、大学1年目の陸上人生を棒に振ってしまう予定でした。
幸いにもジョグをしても痛みは悪化せず、手術を受けずとも練習を積んでいいということになり、昨年はそれなりにレースに出場できました。
このような壁にぶち当たっても、彼が大学で陸上を続けようと決めたのは、箱根駅伝プロジェクトがあったからです。
なんとか夏合宿にも参加し、秋にはある程度走れるようになっていましたが、予選会メンバー争いは甘くなく、昨年は走ることはできませんでした。
手が届くかもしれないと一筋の光が見えたものの予選会を走れなかった悔しさは、この1年間彼を強くし続けたと思います。
今年はあちこちが痛いと言いながらも、練習を継続してレースでも記録を出してきました。
1日で太ったり痩せたりできる彼がもう2週間も痩せたままだなんて、これは好タイムが期待できるに違いありません。
痛くても辛くても耐えて走って走って走ってきたこと、自信に変えて快心の走りを見せてください!!
p.s.司代くんはアイスが大好物です。目標は65分30秒だそうなので、達成したらみなさんアイス買ってあげてください。

 

〇清水拓哉(法法2)

目標:塾記録&箱根駅伝出場!

From 坪田夏美(法3・サポート)
1週間前ですかね。
私のロッカーに貼ってある、昨年の予選会選手紹介を見つけた後輩、あっちゃんこと鯉渕(長距離マネ1年)。彼女が楽しそうに笑いながら放った一言。
「えっ、清水さん太ってません??すごい痩せましたね!」
私がわざわざここで言うまでもありませんが、清水の変化と成長は目を見張るものがあります。5000,10000のPB更新、練習の消化率、書いていけばキリがないですね。
清水の紹介はここまでにして、
ここからは、清水へ。
自分を信じられること、自分の身体を気遣えること、本番に強いこと、これらは全部清水の大きな強み。
自分の身体の変化にすっごい敏感な清水。1年生の頃は気にしすぎな部分があったかもしれないけど、今ではそれが強みに変わったね。
予選会10日前にして、若干の不安を覚えていたかもしれないけど、そこで気付けたからこそ、万全の状態でスタートラインに立てるでしょう!いや、立てます!断言します!
自分を信じて、
チームの目標を、そして何より、清水自身の目標を達成してください!!!
当日、笑顔の清水をゴール地点で待っています✨

From 武政龍之介(法政2・短短)

清水とは英語の授業が一緒になったことをきっかけに仲良くなりました。そこでわかったことは、清水はマイペースの鬼だということです。
授業には絶対2分遅れて来るし、4限あるのにも関わらず3限終わってから余裕で昼飯食べに行くし、、、
一見普通にだめな人ですが、この彼のスタイルはレースにおいて真価を発揮します。
本番だからと言って無理な挑戦をせず周りに惑わされることもない。そしてしっかりと自分のペースを作り、実力を出し切ることができる。まさに大舞台でも変わらず力を発揮する選手だと思います。
去年の悔しい思いから1年。清水なら今までの努力を全てぶつけることができるはずです!
やったれ清水!!!目指せ箱根!!!

 

〇鈴木輝(理工2)

目標:64′30″・関東学生連合選出

From 近藤壮真(理2・中距離)

鈴木輝の朝は早く、夜は遅い。
早朝から練習に励み、深夜までレポートを書いてきました。
2年で学科分けがされるときに自分の学びたいことがある、と実験がエグいと定評の化学系の学科に進むことを決めた彼には驚きました。
しかし、彼はそんなストイックすぎる生活を送りながらも本気で箱根を目指し、厳しい夏合宿を乗り越え、箱根駅伝予選会のスタートラインに立とうとしています。
輝の走ってきた距離、書いてきたレポートの数、削ってきた睡眠時間は絶対に裏切らない!
同じ理工学部生としても輝の活躍を心より願ってる!
頑張れ!!!

 

From 宮野勉(理2・中距離)
鈴木輝と自分とは、理工学部生であるという共通点があり、自然と話す内容も学業に関連した内容が主です。そうやって話していて感じたのは、何事も適当なところで満足してしまう自分と違い、鈴木は詰めの甘いところがないということです。ある実験レポートでは編集時間が52時間に及んだという話を聞き、本当に一週間は168時間なのだろうかと思ってしまいました。
そんな彼ですが、今季も安定した成績を残しており、特に10000mでは自己記録を更新しています。日々の地道な努力が結実し、きっと予選会でもコースを颯爽と駆け抜けてくれることでしょう!
以上

 

〇朝倉万響(商1)

目標:68分30秒

From 櫛野公資(法法1・長距離)

誰よりも走り、誰よりも補強し、誰よりもストレッチに励むその姿は、我らの模範とするべきところです。
ストイックに自分を追い込み続け着々と力をつけてきた朝倉万響、もうダークホースとは呼ばせない、その力走に期待です!
蔵王合宿とその後の日吉練習でずっと一緒にやってきた成果を出そう!がんばれ朝倉!

From 原田莉々子(商1・サポート)
同じ学部、同じ掃除班ということで、今回朝倉の応援メッセージを書かせていただきます。
朝倉と話をする機会はあまりないのですが、いつも黙々と走っている姿を見ていると、
内に秘めた闘志を感じます。
入学当初は怪我などで、別メニューをこなしていた時期もありましたが、今では着実に距離を積み、走行距離はチームトップを争うレベルです。
1人だと、どうしても妥協してしまいたくなる時があるはずですが、彼はどんな状況でも努力し続けられる選手です。
それが一番の強みだと思います!
その素晴らしい才能を生かしてこれからもっともっと成長していくと信じています。
今年の予選会が朝倉にとって
良い経験になるように、
全力で走ってきてね。

 

************

以上となります。

いかがでしたでしょうか?

長い夏合宿を乗り越え、大きく成長した選手たちに日々期待が高まっています。ぜひ現地まで足を運んでいただき応援していただければと思います。

 

明日も引き続き予選会出場選手紹介を行います。

ぜひご覧ください!

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です