夏合宿特集〜長距離水上・富津編〜

こんにちは。

3年長距離マネージャーの渡部です。

もう10月になり2019年もあと3ヶ月となりました。年末に後悔しないように、今のうちから2019年のうちにやり残したことに取り組めるとよいですね。

 

さて、今回は9月に入ってから行われた長距離ブロックの水上合宿と富津合宿の模様をお伝えします!全日本インカレや早慶戦で部内が慌ただしく更新が遅れてしまい申し訳ありませんが、しっかりとお伝えしていきます!

 

〜水上合宿〜

紋別での合宿が終わってから中3日を空けて、夏合宿の締めくくりとして熊本県水上村で合宿を行いました。

これまでの合宿の成果を確認する目的で行われました。

今回は予選会を意識し、練習はすべてロードで行いました。

毎朝の朝練は欠かさず、スタミナ確認のため距離走を2回、実践的なインターバルを1回行い、そのほかはジョグで練習で体調を整えつつ距離を稼ぎました。

 

ロードのコースは細かいアップダウンやカーブが多いコースで、走り上で集中力が必要とされるコースでしたが、長い距離を走る上で必要な力を鍛えることができました。

距離走では紋別の練習より設定ペースを上げましたが、集団でまとまって走りきることができ、チーム全体のスタミナの定着を感じました。

インターバルでは実践的な厳しい設定タイムで行いましたが、最後までやり抜きレースに向けていいイメージができたかと思います。

最終日には宿の方にバーベキューを用意していただき、みんなで疲れをねぎらいチームの結束を深めることができました。陸上は個人種目ではありますが、予選会はチームスポーツなのでこうしたきっかけを利用して結束を深めていきたいですね。

左から前原(法1)、森田(経1)、金子(総3)

 

毎年お世話になっている市房庵なるおさんでは、毎回美味しい食事や綺麗で広いお風呂を提供していただいています。さらに大きなフリースペースまで貸していただき、選手は自由時間でのケアに積極的に取り組めました。今回も誠にありがとうございました。

 

〜富津合宿〜

今年は予選会の日程が例年より遅くなった関係で、練習を積むことができる期間が伸びました。27日の授業終わりから移動し、29日まで2泊3日と短い期間ですが合宿を行いました。

距離走とインターバルを行いましたが、これまでの合宿とは違った気候コンディションでの練習となりました。試合当日も常によいコンディションとは限らないので、厳しいコンディションでもベストを発揮できるよう日々の練習から鍛えていきます。

距離走は晴れた気温の高い中での練習となりました。体調に合わせて距離を選択し、各自自分を追い込むことができました。

インターバルは逆に雨が降る中での練習でしたが、集中しながらレースペースに対応する練習をすることができました。

今回も毎回お世話になっている味覚の宿志ら井さんにお邪魔しました。

志ら井さんの食事はとてもおいしく、選手たちだけでなく我々マネージャーやトレーナー、コーチ陣まで胃袋を掴まれています。

今回も短い間でしたが手厚くもてなしていただき誠にありがとうございました。

いかがだったでしょうか。

予選会があと1ヶ月に迫り、現在のチーム体制で臨む最後の合宿となりました。この1年間ブロック長の田島(法4)を中心にチームとして成長してきた成果が10月26日(土)の予選会で試されます。

ブロック長の田島

チーム目標である18位を達成できるよう、全員が全力で試合に臨みたいと思っています!

予選会の選手紹介のマネブロを10月中旬以降から行う予定ですので、皆さまぜひご覧ください!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です