早慶戦3日前!〜1500m・110mH編〜

こんにちは!4年マネージャーの山田です。

全日本インカレが先日終了し、あっという間に早慶戦が3日前に迫って参りました。最近では涼しく過ごしやすい日が続いております。

我々4年生は引退が差し迫り、日々寂しさが募っています。

早慶戦特集の2回目の本日は、早慶戦の1500mと110mHに出場する選手の特集記事です!

それではお楽しみください!

***

●男子110mH🏃‍♂️

👟斉藤 康太(経4/短短)👟

📨山田 龍(第101代短短OB)

斉藤康太ことMr.肉離れくんは競走部随一の怪我職人という事で有名ですが、彼が肉離れを起こす時に一緒にいたのはだいたい僕でした。『あ、やった』の声で後ろを振り向くと斉藤がハムを押さえている。部室まで連れて行き、横になった彼を見ると絶望した顔で「また龍さんのせいで怪我した」と言ってくる、、、みたいな件を何度したことでしょう。
大抵彼が怪我をするのは調子がいいとはしゃいでいる時なので、今度こそ自己ベストが出せると思える状況からまたリハビリ生活を余儀なくされた時の絶望に変わる一部始終を側で見ていた僕にとって、何度でも這い上がってきた彼の心の強さ、陸上への想いは本当に関心させられるものでした。
例に漏れず今春にも肉離れを起こした彼ですが、関カレ準決勝進出、14秒台に乗る大幅自己ベスト更新など、復活劇を演じてきました。最後の公式戦、絶望から何度も這い上がってきたことを思い起こして、自分の努力に自信を持って挑んでほしいです。打倒森戸!

👟富山 弘貴(環3/短短)👟

📨冨田 真由(商4/サポート・マネージャー)

富山とは去年の冬くらいから特に陸上競技の話をする機会が増えました。
冬季練習前から細かく練習計画を立て課題の克服に努め、春休みにはシンガポール、奄美大島と練習地を変え一回り成長しました。
春には試合が続き、疲労はあったものの200mで自己ベストを更新。関東インカレ前には、「絶対に優勝する」という気迫と執念が感じられ、怖いくらいに集中していました。
夏前にはハードリングの一新のため試行錯誤していましたね。今まで意識したことのない感覚を得て、足の運びがスムーズになったなぁと思っていました。
現在、「陸上競技が楽しい」と語る富山。最近は踏切の感覚を掴むため棒高跳のポールをもって練習する姿も見られます。違う競技に触れることで新たな視点を見つけ、本業のハードルに繋げることのできる喜びがあると言っていました。そして練習では周りから「富山さん、速くないですか?」と言われるほどまでに。
ハードリングを改善し、更に走力をつけてきました。陸上競技人生を懸けて臨んできたシーズンですが、代交代を目前にきっと努力は実を結ぶと思います。
試合でハードルがレーンいっぱいに並ぶと普段と違う感覚になると言っていましたが、舞台は練習してきた日吉の地。リラックスすれば自ずと結果がついてくるはず。
楽しんで、ゴール目指して突っ走ってきてください!

📨阿部 一輝(商2/短短)

富山さんの選手紹介をすることになりました、短短2年の阿部です。
皆さんご存知の通り、富山さんは冬季練から短距離ブロックの誰よりも闘争心を持ち、練習に取り組んできています。

僕を含め、そのような姿に感化された人も多いのではないでしょうか??
シーズンも後半に突入し、さらに仕上がってきている富山さんはPBを更新し、点を勝ち取ってくれることでしょう!

最近は、棒高の江島さんに勝つんだとよくわからないことを言っていますが、本職のハードルでのご活躍期待しています!

👟阿川 公希(商2/短長)👟

📨松本 岳大(第99代主将兼短長ブロック長OB)

阿川へ
最近いっしょにハードル飛べてなくて寂しいです。早く午後集合再開してください。
あ、あと早慶戦頑張れ🙋‍♂

📨大川 弘太郎(法政4/主将兼短短ブロック長)

阿川くん

短長ブロックに所属し、400mH専門の選手と思っていましたが、今シーズンは110mHで大躍進!PBを大きく更新し、関東インカレでも激走してくれました。
早慶戦も斉藤くんとのデッドヒートを制し、堂々の正選手。早稲田のハードルチームは強力ですが、その成長力を存分に発揮し、食らいついてほしいです。
そんな阿川くん。俳優の時任三郎さんにそっくりなんです笑
彼の代表作に「海猿」があります。海上保安庁の司令塔として活躍する下川さんを熱演した時任さん。彼は部下の仙崎にこう言います。「希望がある限り、諦めるな」と。
今年の早稲田はとても強いです。厳しい戦いになるでしょう。しかし、どんな逆境でもわずかな希望を信じ、その光を掴みとってきた下川さんなら、その走りで、私たちを勝利へと導いてくれるでしょう。

「下川さん!!そこに希望がある限り、諦めるなと教えてくれたのは、下川さんじゃないですか!!!」by仙崎大輔

 

👟富岡 達人(環3/短短)👟

📨原田 有里子(文3/中/副務)

長期療養を乗り越えて
日吉の競技場に来れるようになって
毎日コツコツ丁寧に体づくりをし直して
徐々に走れるようになってきたね。

そして先週の全日本ICは、たつじんにとって約1年ぶりのレースだったね。
「やっとスタートラインに戻ってこれて良かった」
レース前に岐阜のサブトラでたつじんが言ったこの一言に少しホッとしました。

でもまだ勝負はここから!
スピードもハードリングも超絶磨き上げて
再びハードルの達人に返り咲こう!

今を大切に、淡々と、一歩ずつ、着実に進んできたたつじんの今後の活躍にご期待ください!

📨鐘ヶ江 周(環2/投擲)

達人さんのハードリングは芸術です。

僕が慶應に入った時、スプリンター達の躍動感溢れる走りに驚きましたが、その中でも達人さんのハードリングは別格でした。

僕を遥かに超える高身長と脚の長さが、ハイハードルを跨ぐようなハードリングを可能にしています。

縁あって達人さんからハードルドリルや補強を教わることがありましたが、すごく簡単そうにやってしまう達人さんは恐ろしいです。

でも、それはきっと、何年もかけて積み上げてきたもので、どんな状況やモチベーションでも努力を止めない方だから。

「今は目前の事をやるだけや」、と仰っていました。

刹那的に突き進む達人さんは、「速い」ではなく「強い」やと思います。
「復活」ではなく「成長」

代交代となるこの早慶戦で、戒驕戒躁たる達人さんが、来たる慶應の雄となる事を確信し、選手紹介の挨拶に代えさせて頂きます。

●男子1500m🏃‍♂️

👟久保田 剛史(理M1/中)👟

📨原崎 凌(経4/中)

昔はよく一緒に練習して、県選の決勝で2人でタレたり、関カレの枠争いをしましたね。

でも気づいたら久保田さんの専門種目は1500mになっていました。そして、凄い勢いでベストを更新して、関カレ3部大会新を出したり、トワイライトに出場し、全カレも見える位置まで速くなっていきましたね。

そうして久保田さんはめちゃくちゃ強くなって、いつからか遠い存在になってしまいました。怪我の影響で出場は怪しいかもしれませんが、今年の久保田さんは一味違うので、やってくれると信じてます!

 

👟川村 知樹(法政4/中距離ブロック長)👟

📨木村 友香(文4/主務補佐/短長)

中距離ブロック長、カワムラトモキングくんとはよく映画の話で盛り上がります。とても真面目で頭脳派な彼ですが、実はアクション映画大好き芸人なのです。ギャップ萌えしちゃうね〜♡

無駄なく絞られたボディ!
どんなレース展開にも揺るがない冷静沈着さ!
3周と300mを勝ち抜くための熱い心!

1500mで戦うための三拍子を兼ね備えた彼。

「1500m界のデッカード・ショウ(映画ワイルド・スピードの登場人物)」

と言っても過言ではない!(私が言いたいだけです。)

そんなカワムラトモキングくんのラストレース、天国にいるポール・ウォーカー(ワイスピに登場していた今は亡き俳優)も楽しみにしてくれているに違いありません。

競走部のファミリー達、トモキングをラストレースに送り出す準備はできているか?!
できてなかったら、早慶戦までにちゃんとワイスピ観とけよ!
間違ってもスカイミッションを最初に観るとか、そういうナンセンスなことは絶対するなよ!

では最後に、ワイスピの名言を捩って、トモキングに私からのありったけのエールをおくります。
受け取ってください。

“Run or die. ”

👟三浦 天道(総3/中)👟

📨河本 英樹(経3/中)

テンション天道ぃぃ!でお馴染みの三浦天道くん

合宿では1500組と一緒に練習を積み、体の準備は万端かと思います。
精神的な支えもあって、心技体すべて揃ったことかと思います。
早稲田は確かに強い。が、それ以上に天道はもっと強い!

いけるぞ!ファイト!テンション天道ぃぃ!

📨渕脇 慶伍(法政3/中)

選手選考のタイムトライアルにおいて圧巻のレース運びで早慶戦の切符を手にした三浦!
東北選手権や全カレの800mに向けて練習しつつ、合宿からは1500mに向けてのメニューも工夫して入れている姿が印象的です。
そして何より先週の全カレ800mでは、持ちタイムは格上の選手の中での予選突破、続く準決勝は決勝も見えてくるレースで、流れに乗っていることは誰の目にも明らかです!!
早慶戦での大活躍を信じてる!!!!
秋に調子が良いのは、合宿後の帰省で秋田パワーをたっぷり補給してるからなのでは…と密かに思ってます笑
色々なものをエネルギーに変えて、納得のいく走りを見せて欲しい!!!!!
頑張れ!!!!!!!

 

👟近藤 壮真(理2/中)👟

📨杉浦 慧(法政2/長)

皆さん、近藤が下を向くのは、スタート前に靴紐を結ぶ時だけです。大学入学からここまで、彼が落ち込んでいるのを僕は見たことがありません。
あきまさには浪人という1年間のブランクがありましたが、そんなハンデは感じさせません。常にさらなる高みを目指して、日々努力を重ねていますね。毎回の練習に対して、本来の目的に加え自分なりの意味を持って向き合う姿は、とても参考になります。

先日の慶同戦で公式戦デビューを果たし、いよいよ高いレベルで安定し始めたあきちゃん。早稲田の中距離はバケモノ揃いですが、前述した通り、そんなことでネガティブになるあきまさではないはずです!今回も上だけを見ているでしょう。いざ覚醒の時!頑張れあきちゃん!!

 

📨松元 泰治(理1/中)

来たる早慶戦、1500mに中距離から3名の選手が出場します。その1人、見事出場を決めたこの男。この男、淡々と練習に挑み、競技場にそびえ立つその青いウェア、うちに燃える火山の炎はまさに富士山そのものであります。皆さま大変お待たせいたしました。
慶應義塾〜静岡県立韮山高校出身ッ

メーイモーン

近藤壮真でございます。
合宿においても圧倒的走りを見せました近藤さんは確実に調子を上げてきています。1500m最初から最後まで全力で駆け抜けてくれます!皆さま熱い応援のほどよろしくお願いいたします!!

***

熱い応援メッセージが揃いました!いかがでしたでしょうか。

短距離と中距離は、この夏新潟県の妙高や山形県の蔵王できつい練習に耐え抜いえてきました。走力や技術力がついたのはもちろんですが、合宿を経て精神的にも一回りもふた回りも成長した印象を受けます。早慶戦でも力を発揮してくれるに違いありません!

早慶戦は現競走部のメンバーで挑む最後の公式戦です。みんなで力を合わせ、必ず勝利を掴み取りたいと思います!

明日は跳躍種目に出場する選手の特集です。お楽しみに!

以上です。失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です