4年生特集②

こんにちは。1年マネージャーの原田です。

昨日に引き続き、4年生特集をお届け致します。
ぜひご覧ください。

**********************************************
大川弘太郎(法政・主将・短短ブロック長)

左から大川、宗像(商・短短4)、青見(文・短短2)
「二人三脚」
:大学から陸上競技を始め、最初から成功してきたわけではないが、小池さんや永田さんをはじめとする偉大な先輩方にお世話になり、支えてくれるたくさんの人と二人三脚で駆け抜けてきた4年間だった。

誰よりもチームの力を信じ、この競走部をいい方向に導いてくれた素晴らしい主将です。
大川さんが集合で話す言葉には、自然と頷いてしまうような説得力がありました。それは大川さん自身が、競技に対する姿勢や普段の行動からリーダーとしてあるべき姿を示していたからだと思います。

自分だけの力では、走り続けることができなかった4年間。大川さんらしい一言ですね。!

大谷尚文(理・短長ブロック長)

「人間失格」
:恥の多い学生生活を送ってきました。しかしながら、人外の天才に勝つには、僕も人外にならなければいけません。人間を辞め、神の領域に足を踏み入れることで頂点に立ちます。最低でもあと1年は頑張りますので、どうぞよろしく。

本気で、速くなりたい、1番になりたい。誰よりもその目標に向けて努力し続けている人だと思います。
そして、「この人についていきたい」と思える頼もしいリーダーでした。

「みんなもっと本気になれば、もっと速くなる。」大谷さんが仰っていた言葉がとても印象に残っています。
大谷さんが本気になると神になるらしいです。
神なった大谷さんはまだまだこれからも進化を遂げるでしょう。楽しみです。!

岡嵜加奈(環・投擲)

「安部」
:安部は空気のような存在。それくらい4年間一緒にいるのが当たり前。その他にもいろいろ・・・
(4年間様々な苦楽を共に過ごしてきたことをご察しします。)

塾記録保持者の岡嵜さん。神奈川県選でPBを更新したときの嬉しそうな笑顔が素敵でした。
安部さんとは同じ投擲ブロックの仲間として、4年間ともに過ごしてきた時間も長かったと思います。
結束力があり、いつも楽しそうな投擲ブロック。その雰囲気をつくり出していたのは、最上級生である4年生の力が大きかったはずです。
岡嵜さんの後はリオナが引き継ぐので大丈夫です!

奥平拓海(環・跳躍)

「身体知」
:身体は奥が深いということ

4年間、陸上競技を極めてきた奥平さん。たくさん調べて、考えて、実践して、、。誰もが気の遠くなるようなことを黙々とやり続けてきた奥平さんを尊敬しています。
奥平さんが集合の時に流した涙に、1年生ながら心を揺さぶらました。
競技者としてひたむきに努力し続ける姿勢を見せていただき、ありがとうございました。

川島穣(理・中距離)

「穣(ゆたか)」
:よく「じょう」と間違えられるので、本当の名前を覚えて欲しかった。

初めて川島さんにお会いした時、「俺の名前覚えなくていいから!」と言われたのを覚えています。(笑)
なので私も”じょうさん”だと思っていた時期が少しあります。
しかし、今回の4年生特集で、自分から「書くよ!」と駆け寄ってきてくれたのは川島さんだけです。

少しツンデレなところもあるようですが、根はとっても優しい川島さんの名前は、”ゆたか”です!

川端一輝(経・跳躍ブロック長)

「責任」
:競技者、ブロック長としての責任感を心掛けて行動してきた4年間だったから。

“passion!!”この言葉が1番似合う跳躍ブロック長です。
4年間、良いときも悪いときも、熱い気持ちで戦ってきた川端さんから、みんなが“passion”を受けっとていたと思います。
10種という過酷な競技をするのを支えてきた、その強靭な体は、4年間の努力の賜物です。
そして、自分に課された責任をしっかりと果たした4年間だったのではないでしょうか。

*********************************
チームの雰囲気をつくり出すのは、4年生です。
「総力戦」をテーマにして戦ってきた1年間。私はこのチームが大好きです。
1年生の時に出会えた先輩方が今の4年生で本当に良かったです。

「一言」では表しきれない思いが人それぞれあると思いますが、たくさんの事がつっまたこの4年間は、皆さんのこれから先の人生の糧になるはずです。
次のステージでの活躍を、応援しています。!
ありがとうございました。
********************************

明日からも引き続き、「4年生特集」を更新します。♪

以上です。
失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です