六大3日前!中長距離選手紹介

こんにちは!
新4年マネージャーの東島です(・∀・)

現在日吉キャンパスは、桜が満開で、新入生が溢れており、春が来たと感じます!
ぜひ多くの新入生とお会いしたいです、お待ちしております!

さて、六大学3日前となりましたので、男子800m、男子1500m、男子3000mSC、男子5000mの選手紹介をいたします。
出場者間で紹介しあってもらいましたので、ブロック間の親密度合いも伺えます。ぜひ引き続きお読みください!

**********************

 

《男子800m》

◯野沢充彦(総合4・中距離)

From 三浦天道
初めての公式戦出場おめでとうございます!
いつも挨拶が裏声で、後輩思いで一見穏やかだけど、唐突にぶっこまれる毒舌(?)が痛快なのが野沢さんです。
その勢いで走って欲しいです!炎の800mにしましょう🔥

◯三浦天道(総合3・中距離)

From 宮野勉
今年、2月に行われた小さなコンサートで三浦さんと一緒に演奏する機会がありました。その練習の際に、音楽に対する真剣な考え方を聞き、宇宙人と言われる不思議な言動や全力で走る姿とはまた違った側面を見ることができました。
音楽だけでなく、もちろん陸上に対する真剣さも人一倍です。たとえ一人での練習でも、練習日誌ツイッターに載せる自己分析はいつも冷静で、その着眼点は見習うべきものだと常々思っています。
そんな三浦さんですが、冬季は脚の具合が良くなかったり体調を崩したりで、思うように練習ができなかった期間もありました。しかし、復帰して数週間の内に行われた六大学選手選考メニューでは、集団を引っ張ったり、他の部員と激しく競ったりする様子が見られました。
さらに、直近の春季オープンでは、鋭さを尚増した走りを披露しており、偶然駒沢公園に居合わせた自分の妹に「うちにピアノ弾きに来た人、速かったね!」と言わしめました。
昨年の極寒・爆風の六大学での4位入賞を経て、今年の三浦さんはもっと上の順位を見据えてスタートラインに立つのではないでしょうか。結果を見届けるのが今から楽しみです。

◯宮野勉(理工2・中距離)

From 野沢充彦

中距離のスピードスター、ウェイトを全くしていないのに中距離選手とは思えない体つきで、実は家に専用のトレーニングルームがあるんじゃないかと疑ってます笑
一方で勉強が得意だったり、話や言葉選びが上手だったり、乗り物や模型が好きだったり、多趣味な一面もあって走ること以外からも人間的魅力を感じさせてくれます。
この冬はケガに悩まされた事もあったけど、チームとして迎える初戦である六大学、中距離一丸となって一緒に頑張ろう!

《男子1500m》

◯久保田剛史(理工M1・中距離)

From 近藤壮真
KBTの愛称で慕われ始めている(?)久保田さん。
圧倒的な練習量と質の高さで中距離を牽引し続ける頼れる先輩です。
ハードな練習後でさえも研究のために矢上へ吸い込まれていく姿は理工の闇を感じさせますが、もろともせずに文武両道を高いレベルで体現しています。
昨年は対抗戦での活躍が目立ちましたが、久保田さんは満足していないと思いますし、日々一緒に練習している中距離一同が「KBT、こんなもんじゃなくね?」と、思っています。
大学院1年生として、新たなスタートを切り、さらなる飛躍を遂げてくれると確信しています。
力強く爆発力のある走りで必ずチームに貢献してくれると思います。
久保田さんに大きな声援をよろしくお願いします。

◯小野友生(総合2・長距離)

From 久保田剛史
800からハーフまで走れるスピードランナーの小野。昨年は誰もが牽制するレースで攻めの走りをして、入部間もないながらも6位入賞。
「大学の試合ってこんなに応援してもらえて楽しいですね!」と言っていたのをよく覚えています。
それから一年、長距離の厳しい練習をエースとして引っ張り続け、心身ともに大きく成長しているはず。先日の学生ハーフでは見事塾記録を更新し勢いに乗っています。
昨年よりも責任やプレッシャーがあるかと思うけど、昨年同様楽しんで走って勝利を掴んできてね!いつもの力強い走り期待しています!

◯近藤壮真(理工2・中距離)

From 小野友生
お疲れ様です!
本日は6大学の1500mに出場します、近藤壮真について紹介します!
壮真は理工学部に所属している理系ランナーです!長距離と仲が良く、よくいっしょに走っています。頭脳をいかした軽快な走りを、対抗戦でしてくれることを期待します!
《男子3000mSC》

◯印藤剛(経済2・長距離)

From 前田大河
印藤剛、その名の通り「強さ」を持った選手。
その理由を二つ上げるとしたら、一つは怪我しない丈夫な体である。長距離は春休みに強化練習や合宿を行ってきて、1日の走行距離も長くなり疲労が残り怪我のリスクが上がる中、印藤は全てのポイント練習をこなした。この成果は学生ハーフでは見ることは出来なかったが、六大戦では存分に発揮してくれるだろう。
二つ目は圧倒的なスピードである。印藤は長距離ブロックの中でもスピードは1、2位を争うほどで、ペース走での+1000mなどでは常に上位でゴールする。印藤が出場する3000mSCは距離が短いためスピードが重要となってくるので、印藤の持ち味が十分に発揮されるだろう。
六大戦は箱根常連校もいて、長距離は得点獲得が難しいかもしれないが、この強い印藤が確実に得点を稼ぐことは間違いないので、どうか応援よろしくお願いします。

◯前田大河(商2・長距離)

From 印藤剛
前田大河は塩川さんからドローンと呼ばれる走りが魅力な選手です。
ストイックで、ケア・ジョグに妥協がありません。
当日も機会があればドローンのような高く高く飛ぶ走りが見られると思います。
《男子5000m》

◯清水拓哉(法2・長距離)

From 鈴木輝
マイペースな性格をもち、食べるのもゆっくり、しかし走るのは速いこの男。
清水は、長距離ブロック随一の勝負強さを誇ります。試合前の調子がたとえ良くなくても、本番には完璧にピークを合わせてきます。入学してわずか3か月、昨年7月のホクレンディスタンスでは、5000mで14分46秒のPBをマークし、結果を聞いた長距離部員を震撼させました。
まだ怪我から復帰したばかりですが、持ち前のピーキング能力で最大限の力を発揮し、きっと得点をもぎ取ってきてくれるはずです!

◯杉浦慧(法2・長距離)

From 鈴木輝
僕のスマホに入っている杉浦の写真をいくつか紹介します。学生ハーフ前の車の中で寝る杉浦、内藤の部屋のベッドで寝る杉浦、内藤の部屋の床で寝る杉浦、朝練から抜け出して寝ている杉浦。どれもお見せ出来ないのが残念なくらい気持ちよさそうに寝ています。そう、彼は寝杉浦の異名を持つほどよく寝るのです(昨年まで同部屋だった先輩の影響でしょうか?)。
このように普段はよく眠る杉浦ですが、去年陸上の成績では見事に覚醒しました。5000m高校ベストは15分台ながら、箱根予選会ではチーム2番、上尾ハーフではハーフマラソン塾記録を樹立しました。箱根駅伝出場に向けて大幅にレベルアップをしなければならない僕達にとっては、もう[メシア]ですね。※メシアは救世主のことですよ。
しかし、彼が樹立した塾記録は先日同学年の小野に更新されてしまいました。おそらくとても悔しい思いをしたはずです。そんな彼が今回は5000mを走ります。きっと物凄い走りをしてくれるはずです!皆さん、ぜひ応援してあげてください!

◯鈴木輝(理工2・長距離)

From 杉浦慧
今回は3000m障害に出場予定の鈴木輝を紹介させて頂きます!鈴木は現在、チームのみんなから「先生」と呼ばれています!以前はその細身の体型から、「ガリガリスティック」と呼ばれていました!しかし!箱根を目指す理系ランナーとして取材でも取り上げられ、日頃から陸上と勉強の両立をこなす姿を見て、あだ名が変わりました!決して宗教などではありません!チームに脳筋が増える中、いつも冷静を保ち、淡々と練習する「先生」は皆の模範です!
実はこの「先生」、大学に入って未だ3000m障害のレースに出場してはいません!それでも!六大本番は事前に綿密なレース計画を練り、鋭い走りをしてくれることでしょう!ぜひ「先生」の走りにご注目ください!!!!!!!!!!

いかがだったでしょうか。

この春休みは長距離は千葉(富津)で合宿を行い、保科コーチと新たな指導者としてお迎えした小野アドバイザーのもとさらにパワーアップしております!ぜひご注目ください!

中距離はこの春合宿は行っておりませんが、グーグルドライブで練習メニューを予め共有を行い、またツイッターでも各々その日の練習について投稿し、一体感がより加わったチームとなっております。それぞれよく考えて日々のメニューをこなしていることが伝わるチームです! 短距離に比べ距離が長くなり、その分応援の力が選手のパワーにもなりますので、当日は中長距離種目の応援もより力を入れていただけましたら幸いです!

以上となります、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です