早慶戦4日前!~1500m選手応援メッセージ~

こんにちは。

本日2度目の登場になります、3年マネージャーの冨田です。

今回の記事では、13:00から行なわれます男子1500mに出場する選手に向けた応援メッセージを紹介します。

 

ーーーーーーーー

◎久保田剛史(中・理4)

●From:坂口真子(長・文4)

久保田へ

オフ日でも日吉へ行くと一人で黙々とポイント練習をこなしていた久保田。普段真面目な久保田だけど、私が記録会でとんでもない記録を出してしまって長距離部員ですら触れてこないときも、久保田は「おつかれー」と軽く笑ってちゃんといじってくれましたね。

そんな久保田には、この早慶戦で黄Kを獲得してくれると期待しています。矢上に幽閉されるストレスと練習の成果を、ぜひレースで爆発させてきてください!💥

さっき黄Kと書きましたが、それよりも学部生最後の公式戦、みんなが応援してくれるあの雰囲気や緊張感も存分に味わってきてね😃煽りの意ではなく、今度は私が心の底から笑顔で「おつかれー」と言えるのを楽しみにしてます🙌

じゃ、がんばって!!!🏃🏃🏃

 

●From:田島直人(中・総4)

同期と公式戦で同じレースを走ることができる最初で最後のレース!

久保田と一緒に戦えるのがすごく嬉しいです。

久保田は辛い練習でも弱音を吐かずにこなしていく。そんな久保田の姿が俺にとっては四年間刺激だったし、密かに尊敬してたんだよね。

そしてそんな努力を続けた久保田だからこそ皆から信頼される選手となり、今回の早慶戦でもシードという形で出走確定になったんだと思う。

久保田が走りについて真摯に向き合って考えてるのを知っているし、どんどん走りが良くなっているのも知ってます。だからこそ中距離同期として今回の久保田のレースがすごく楽しみ!どれくらい走れるんだろうね!

そんな久保田とは今まで何回か一緒に練習してきたけれど、一緒にレースを走るのは今シーズン初めて!

まだ同期と一緒に走ったレースは無敗な俺を全力で打ち負かせに来てくれ!!勝ち逃げしてやるよ!!笑

さて、控えめに言ってかなり厳しい戦いにはなるけど四年の意地見せましょう!

そしてなによりお互い思い切り楽しもうね!!

 

●From:河本英樹(中・経2)

中距離×練習=久保田さん

中距離ブロックの人間の多くはそんなイメージを抱いているかもしれません。

そう僕たちに思わせるくらい、人一倍練習熱心です。

一人では敬遠しがちな長い距離の練習も、久保田さんは黙々と一人でこなします。研究室で忙しい中でも、時間を見つけて練習します。

結果、今年の関東選手権では見事4位、六大、慶同戦での得点とデットヒートは強烈な印象を残しました。

そして、久保田さんはぼくのつまらない話も笑顔で聞いてくれます。(目は笑ってないかもしれません)

また、久保田さんの走りの強みは「キツくなってからの粘り」だと思っています。どんなに顔が険しくなっても、走りが崩れそうになっても、たれることはありません。

早慶戦での、久保田さんの粘りの走りに注目です!久保田さん頑張ってください!!

 

◎田島直人

●From:足立梨紗(短短・文4)

さて、ここで皆さん、顕微鏡の準備が必要になります。ナノレベルに小さいので拡大しないと彼はけっして肉眼では見えません。…準備は整いましたか?田島くんはミジンコレベルに小さいのです。

ですが、小さな背丈に見合わず、心は巨人!!!「競走部の部員で話したことがない人はいない!」というのは彼の集合の決まり文句ですが、彼は本当に部員1人1人を大切に思っています。誰よりも競走部を愛し、部員を愛し、また、なんだかんだ陸上を愛し(?)ている田島。人の何倍も努力している姿に胸を打たれた部員も少なくないはず。足立もちなみに関東インカレの彼のレースをみて涙がちょちょぎれました笑

そんな彼もラストレース!しかも1500。専売特許の800ではなくとも、彼の小さな身体による大きな走りが見れるのではないでしょうか…!

田島、最後のレース、楽しんで走ってね!!

 

●From:掛村将寛(投擲・商4)

中高では、圧倒的に速くて、ウェイで、陸上だるそうでどうしようもない奴だとしか思ってなかったけど、

まさかの大学で一緒になってから、特に遊んだりとか長く一緒にいた訳じゃないけど、田島君は結果に負けずにいつも努力をしていて、熱い奴で…

なんてメッセージで終わるのも気持ち悪いので、

高校の南関東みたいな、歯切れの悪い終わりすんなよ

色々思うところあるかもしれないけど、最後くらい、お前のためにもぱぁーっと走ってこいやぁぁーーー

 

●From:村上敦貴(マネージャー・商4)

大学4年まで、走ることを捨てきれなかった。

トラックの上に転がる数多くの魅力に浮かされ、ここまで諦めずにやってきた。

走ることは直人にとって、長年手をとる親友のように、常に傍らに添うて微笑み合うものではなかったかもしれない。

獰猛で、牙をむく。正面から対峙する。

一筋縄ではいかない暴れ馬をなだめるように、800と、中距離と、陸上と向き合ってきた。

4回目の早慶戦にたどり着くまでに、多くの選択をしてきたのだろう。

直人に選ばれた道、直人に選ばれなかった道。

無数の選択を重ねるうちにこの日を迎えた。何が正しく、何が間違っていたかなんて分かるはずもない。

ただ、直人が選びとった道の延長におれはいることができた。直人とこうしていま、4年間お疲れと声をかけ合うことができる。直人のこれから選びとる道に感銘を受け、それに頷くことができる。それが当たり前にできていたいままでの時間が、途方もなく尊かったのだ。

直人が1年後、2年後どうなっているか、まるで見当がつかない。ただ、その選択に背筋がゾクゾクしたことを覚えている。心臓がしゃっくりをするように、直人の生き方に震えた自分がいた。

全部、偶然でしかない。直人と同期になり、その走りに気持ちを並走させ、いま最後の1500を見届けようとすることも。

選ぶこと。走ること。走ることが過去のものになること。更新されることが何より嬉しかった同期の自己記録がここで途絶えてしまうこと。

いままで本当に頑張ってきたね。直人の陸上を間近で見られて幸せでした。ありがとう。

最後までかっこかわいい直人で。

 

●From:今西優太(中・文1)

田島さん!

今回の早慶戦が終わるともう田島さんのレースを見る機会がないんだと考えると少し寂しく思います。

短い間でしたが競走部に入ってもう一度田島さんと一緒に走ることができた約半年間は自分の中でとても充実していました!

田島さんは身長は控えめですが走ってる時の後ろ姿はとても力強く大きく頼もしく思えます。またパートの後輩の走りもよく見てくださっていてアドバイスを貰えることもしばしば。競技に真摯に向き合うその姿勢から色々なことを学ばせていただきました。

また、時たま垣間見えるあざとい一面は入部して間も無い1年生に田島さんへの親近感を持たせてくれたのではないでしょうか。

早稲田の中距離陣は手強いですが炎の走りで一矢報いてください!ラストラン応援しています。

 

◎原崎凌(中・経3)

●From:根岸祐太(長・経4)

原崎くんへ

割とここ数ヶ月で急にめちゃくちゃ話すようになった人。去年まではほぼ話したことがなかったのに最近はほぼ毎日話しかけてくれるいい奴。

鉄砲玉みたいな走りしてて、荒削りなフォームなのに前傾が凄くて足の速さが尋常じゃないという勝手なイメージを昔から持ってました。

3月くらいに話した時に関東インカレに対する強過ぎる程の想いを聞いて共感と尊敬をした記憶があります。

今年はまだはらさきのエグい走りは見てないです!僕が引退する前にもう一回チャキの凄いとこ見せてください!!3分50秒切り期待してます!

根岸祐太

 

●From:齋藤広樹(中・理2)

原崎さん

原崎さんは普段からバランス良く練習をしていて、400mから1500mまで全部得意なイメージがあります!1500が走れる方は本当にカッコいいなと個人的に思ってるので、原崎さんはカッコいいということになります。最近、お話する機会があって前よりも仲良くなった気がするので、とても嬉しいです。個人的に非常に応援しております。出場することになったら全力で応援するので、頑張ってください!

早慶戦終わったらまた語ろうぜい👍笑

 

◎三浦天道(中・総2)

●From:小山虎南(中・法2)

三浦へ

競走部生活も2年目の中盤に差し掛かってきたね。

入部当初、ちょっと変わったやつだなという印象だった三浦。(今もそのままだけど笑)

練習中以外はいつも誰も反応できないようなボケばっかり言ってて、たまに怖い時もあるよ笑

でも練習してる時は常に真剣に取り組んでて、メニュー後に補強を欠かさない三浦。

そういう二面性が三浦の強さを生んでいるじゃないかな。

今シーズンは800で100%の力を出し切れずに悔しがる三浦を見てきたけど、

早慶戦では今シーズンの鬱憤を晴らしてくれ!

厳しい戦いになると思うけど、頑張って!!応援してる!!

 

●From:竹田彩華(マネージャー・薬2)

たまに(よく?)宇宙人的な発言をしている三浦。Twitterは難しすぎてあまり理解できてないけど、楽しみに拝見しています笑

そんな普段の姿とは裏腹に、練習のときの真剣さにはとても驚かされます。

三浦といえば800!と思われがちですが、その2倍の1500もいけるという意地をこの早慶戦で見せてくれることと思います!

三浦ファイト‼︎!

 

◎近藤壮真(中・理1)

●From:岩船佑希(中・法4)

常に笑顔を絶やさない慶應中距離イチの愛されキャラ、近藤壮真!

1年生ながら率先して練習を引っ張ったり、緻密に考え込まれたメニューを提案するなど真剣に競技に向かい合うのは勿論、へらへらする時は底抜けにへらへらできる最強のギャップの持ち主。しかも競走部優しさランキング(独自調べ)では堂々の第一位!!

その親しみやすさと後輩力の高さに上級生から引っ張り凧の近藤ですが、当然実力も申し分なし。高2から2年連続インターハイ出場の実績を持ち、ブランクを感じさせない強さでトライアルを勝ち抜いた、慶應中距離で今最も注目すべき選手の1人でしょう!

アキちゃん!ルーキーらしい攻めの走りで、慶應チームを勢いづけてくれ!!

 

ーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。

早稲田はインカレ等で結果を残している選手が多くかなり手強いですが、選手は綿密に作戦を考え、勝つことを目標に日々練習に取り組んできました。きっとその努力は勝利という結果をもたらしてくれることと思います!

応援メッセージ特集はまだまだ続きます。

毎日更新していきますのでぜひご一読ください!

 

それでは失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です