全日本インカレ2日前!~マネージャーから見た選手たち④~

こんにちは!

3年マネ―ジャーの東島と2年マネージャーの市川と竹田です。

 

いよいよ全カレ2日前となる本日は男子200m:和田佑太、男子400mH:前山陽軌、男子4×100mR、男子4×400mRの紹介をいたします!

 

〇男子200m 和田佑太(理M2)

お酒と女が好きな和田さん。
この言葉だけだと物凄くダメな人なように思えます。
しかし、競走部にこれほどまで益を与えてくださった存在はいらっしゃいません。まさに”老益”なのです。
PAではトレーナーだけでは抱えきれないことまで手伝ってくださり、部員に対しては他ブロックまで渡って走り方やウェイト等アドバイスをしてくださります。またその他でも勉強や就活など頼りにできる存在です。
院生で研究にお忙しい中、時間を見つけて競技場へ足を運ばれて練習されています。また「俺は考えても分からないからたくさん走ることで技術をつける」と言ったようなことをおっしゃってたことを思い出しました。まさしくたくさん走ってます。合宿でも短短のメニューをしながら短長のメニューに混じっていました…。
本当に努力をたっっっくさんされている方です。”和田女”の面がなければ(?)偉大すぎるお方です笑(煽りました)。
そして今年、まさにその努力が報われました。日体での全カレ標準締切直前、神風も吹き全カレへの切符を掴みました!
陸上の女神も魅了させ、全カレに出場される和田さん。お酒と女神の力とその努力とともに、PB更新しましょう!和田さんの熱い走りに期待してます!
(東島)
〇男子400mH  前山陽軌(環4)
鬼のようにゴリゴリ走り、疲労を知らない前山さん。
ロングスプリントをするために生まれてきたといっても過言ではないですね。
 その一方でとても天然で何をおっしゃってるのか分からない面もあります。その天然さが見た目と走りとのギャップを生み出し、後輩からも親しまれています。
先日の写真は慕われてない印象ですが、あんなことを後輩みんなにされるのも親しみやすい先輩ってことだと思いますから悲しまないでください!(その写真は11日更新のマネブロにて)
昨年の全カレで、次の日に競技があるにもかかわらずホテルのロビーでTOEICの勉強をされていて驚きました。試合直前まで勉強をし、かといって試合は全力で挑むその努力の姿勢には圧巻されました。
前山さんは練習の一本一本も手を抜かない方です、その努力の賜物は競走部ではトップレベルです。
そしてトレ室に貼られるPB表の短長ブロックの赤の多さはブロック長であるこたろうさんと、前山さんという存在の大きさに他ならないと感じております。冬季でのきつい練習メニュー、練習で引っ張って行く姿と天然さゆえの癒し効果、前山さんなしでは短長ブロックのバランスが取れないかもしれません。
短長ブロックを背負って学生最後の全国大会に挑みます。
かわいい彼女の応援と、短長のみんなからのパワーで(マイルを入れて)5本走ってきてください!
(東島)

 

〇男子4×100mR

和田佑太(理M2)、山田穂高(薬5)、池内雅貴(総4)、小倉亮介(総4)、大川弘太郎(法3)、大野聖悟(商2)

ここではリレーのみにエントリーしている選手の紹介も簡単にさせていただきます。

我らがサポートブロックの金子(トレーナー)と竹田(マネージャー)が崇拝している穂高さんは薬学部で実習が忙しく、時間が限られている中で練習をしており、春学期は夜遅くに競技場にいらっしゃってメニューをこなしていました。そんな中でも今シーズン100mと200mの2種目で自己ベストを出しています。きっとそれがほかの部員の刺激になっていることだと思います。

池内さんは先輩後輩関係なくだれとでも仲が良い印象です。7月の試合で5年ぶりの自己ベストを更新し先日の試合では1位になりました。そんな池内さんですが原田(中距離・文2)曰く実はハードルモビリティー(ハードルをまたぐ動き)が苦手だそうです。先日NHKデビューしノリに乗っている池内さんに期待が高まります!

大川さんは好きなことに対して熱心な印象があります。とても真面目だそうですが、実は英語が苦手だという話を小耳にはさみました。しかし、陸上では熱心に練習をされています。その結果、先日の試合で自己ベストを更新しました。また、どなたに対しても分け隔てなく接していて学年が様々な4継メンバーをつないでいると感じています。そんな大川さんだからこそみなさんの期待に応える走りをしてくださることと思います!

大野は普段はシャイでちょっとおちゃめな部分もありますが、練習の時は全然違います。真剣な顔で黙々とメニューをこなし、遅くまで競技場に残って補強をやっていたりします。上の3人に続き自己ベストを更新しました。そんな大野ですが1回笑顔で走っていたところを見たことがあります。その時にとても競技を楽しんでいるのだなと感じました。まだまだ進化しそうな彼に目を離せません!

簡単に紹介させていただきましたが、4継のメンバーは普段のバトン練習をとても楽しくやっている印象が強いです。それぞれとても自由に動いているようにも見えますがバトン合わせの時、練習のビデオを見ている時は試行錯誤をしながらより良いものにしようとお互いに意見を出し合っています。上述した通り、今回のエントリーメンバーの半数以上が今シーズン自己ベストを更新しています。昨年は予選落ちという悔しい結果になってしまいましたが、今年は昨年の悔しさを晴らしてくれることと思います。

(市川)

 

〇男子4×400mR

小林児太朗(理4)、千葉亮(総4)、前山陽軌(環4)、大谷尚文(理3)、坂口天城(法1)、赤松拓実(経1)

続いては4×400mRのメンバー紹介です!
まず1人目は、短長パーチの児太朗さんです。研究室でほぼ毎日矢上に拘束されていながら、夜遅くに1人でいつも練習されている姿がとても印象的でした。そんな忙しい中でもどんどんとPBを更新しており本当に尊敬します!
2人目は千葉さんです。
先日アメリカから帰国なされた千葉さん。アメリカで鍛えた肉体を武器に、日本での1年ぶりの走りに期待です!
3人目は前山さんです。
いつもガッツ溢れる走りで周りをアツくさせる前山さん。個人種目の400mHはもちろんですが、マイルでも応援席をアツく盛り上げてくれることでしょう‼︎
4人目は大谷さんです。
今年はいろいろありましたが笑、公式戦で3度PBタイをだしており活躍間違いなしです!全カレという大舞台でも大谷さんの粘りの走りを楽しみに待っています‼︎
5人目は坂口です。
入学前から速い一年生が入ってくる!と話題になっていました。一年生ながら関カレでもマイルメンバーに選ばれ、着実に結果を残しています。普段はマイペースな印象ですが、試合での真剣な様子にご注目ください!!
6人目は赤松です。
こちらも入学前から噂されていた選手です。兵庫県出身で、部室にいると元気な関西弁がどこからともなく聞こえてきます笑今年はまだあまり試合に出場していませんが、今後の活躍に期待大です‼︎
4×400mRは関カレでは惜しくも決勝進出を逃してしまった種目です。関カレからひと回りもふた回りも成長したマイルメンバーの走りにご期待ください‼︎
また、4年前の全カレでは先日のアジア大会で活躍されたOBの山縣亮太さん、小池祐貴さんを擁して優勝を果たしています。慶應競走部OBの活躍の波に乗って現役の選手たちも活躍することでしょう‼︎!
(竹田)

 

 

以上です。

いかかでしたでしょうか?

今回紹介した選手の競技日程は以下の通りです。

☆男子200m

・予選 9月8日(土)18:40~

・準決勝 9月9日(日)9:50~

・決勝 9月9日(日)13:10~

☆男子400mH

・予選 9月7日(金)11:10~

・準決勝 9月8日(土)16:20~

・決勝 9月9日(日)11:25~

☆男子4×100mR

・予選 9月6日(木)16:30~

・決勝 9月7日(金)15:40~

☆男子4×400mR

・予選 9月8日(土)12:20~

・決勝 9月9日(日)14:55~

レベルの高い中で戦う選手たちにご声援のほどよろしくお願いいたします 🙂

最後までおお読みいただきありがとうございました。

失礼いたします。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です