関東インカレ5日前!応援メッセージ〜リレー編〜

こんにちは。
4年マネージャーの林です

関東インカレ5日前の本日は男女4×100mR、4×400mRへの応援メッセージをご紹介いたします!
陸上の花形種目であるリレーには熱く想いのこもったメッセージが集まりました。
ぜひ最後までご覧ください!


バトンを3走の大川(法3)へ渡す永田(総4)

○男子4×100mR
池内雅貴(総4)、小倉亮介(総4)、永田駿斗、大川弘太郎、竹井郁哉(商3)、大野聖悟(商2)、酒井由吾(環1)

山田穂高(薬5・短短)より

5月。この月が今年もやってきました。
1年生や短距離以外の選手も読んでいると思うので、短短5年目の僕が新生ヨンケイメンバーを上から目線で紹介、メッセージを送りたいと思います。長いですが一目通していただけると嬉しいです。

永田駿斗
とにかく会話で擬音やうんちというワードを多用し、小学生レベル。甘えん坊。しかし陸上のこととなると、キレ味するどいスタートと熱いハートを武器にした戦士となるのだ!
外目から見ていても、骨盤の使い方が上手くなり、精神的にも大きく向上。冬季もバッチリ積んでおり、織田のPBでテンションマックス。これで期待するなという方が難しい。
今年の慶應はお前次第!ヤツを超えろ駿斗!

池内雅貴
The Muscle。筋肉の化身。トレ室でよくエンカウントする。夜な夜な沖縄の海岸を歩くと池内と誰かとのダブルバトルにエンカウントするらしい。
山縣さんや金子(OB)に影響されたのか、肉体改造に尽力。慶應では数少ない真性のパワースプリンターとなった。
同じくトレ室を愛する老害軍団は池内がどれだけ頑張ってきたか知っている。自信を持っていけ!
最後に我らが慶應義塾大学創始者、福沢諭吉先生のお言葉をお借りして、君へのメッセージを〆たいと思う。
「筋肉はペンよりも強し。」

小倉亮介
天性のバネとキレ味鋭い走りを武器とするおぐちゃん。イケメン。遊び人。パリピ。
調子の乱気流っぷりは巨大ハリケーンですら慄くレベル。
しかしそのバネを活かす潜在能力は短短ナンバーワンなのは揺るぎない。そして日本選手権で山縣さんの隣を走れる豪運。
駿斗が1部残留のキーパーソンなら、君は間違いなく短短ブロック躍進のキーパーソン!100もヨンケイも最高の舞台で最高の走りができると信じてるぞ!

大川弘太郎
「オリックスの吉田からヒットを打った。」
「盗塁の失敗は片指の数も行かない。」
そう自慢気に話すのは、元塾高野球部1番センター大川弘太郎さん(20)。
陸上でも「駿斗さん以外には負ける気がしない。」と豪語するも敢え無く池内にSDでボコボコにされてしまう。
しかしここでめげず真摯に研究、練習に取り組むのが彼の1番の持ち味。今年はまさかの200で大きく躍進した。
カーブを走れることを証明したのは大きく、今年は1年を通してヨンケイハチケイでのフル回転が予想される。
まずはこの関カレで確実な成長を見せてくれ!そして何より歴とした精鋭4人として、慶同戦のハチケイでバトンを繋ぐのを楽しみにしてるぞ!

竹井郁哉
追い参に愛される男。
本職は無限謹慎マン。
その職務を終え、ちゃっかりシンガポール同行。と思ったらシンガポールで負傷。あーぁ、と思ったらなんか今期100,200PB。禍福は糾える縄の如しを体現する男。やればできるじゃん…
いっつもケガするマン内田貴一(OB)のハプニングで、去年の関カレスクランブル出場。堅実に走り抜き、結果重要となった3点を取ったその経験は今年確実に活きる。走るか否かはまだ決まってないと思うが、確かな仕事をこなしたのを自信に今年の関カレも戦って欲しい。来年の関カレに繋がる走りを是非!

大野聖悟
実は去年から僕の注目選手No.1大野。何故かって、体型、走りのタイプ、レース展開、高校時代の持ちタイム、すべて僕によく似てたから。似ていないのは、余計なことを言わないところと先輩を舐めていないところ(笑)
直人さんから受け継いだ僕の今のニッチ、次に受け継ぎ超えていくのは彼だろう。ここで早くもヨンケイメンバーに選ばれて嬉しい。
今度一緒に練習しよう。きっともっと君を高められるはず。
初陣だけど緊張せずに自分のレースを!

酒井由吾
喋らずとも、見れば一目でその才がわかる。冬に小池(OB)と駿斗がリレーに絶対組み込むべきと口を揃えていて、六大の走りを見て確かにすげぇ…となった。跳躍のルーキーにヨンケイ任せてしまうのは少々申し訳ないが、それは才能の裏返し、みんなの期待、信頼の証。
小池を超えるスーパールーキーになって慶應の未来を担ってくれ!

最後に。
SB2番目ながら走れなくてごめんなさい。けど、六大の走りをすれば必ず関カレでも戦えます。去年はいろいろミスりましたけど、その3点がなければ2部落ち。1点にこだわっていいレース、楽しいレースをしてくれると信じています。当日は実習先の病院から応援しています。
慶應ヨンケイと言ったら…
気合!集中!根性!ソウルスプリント!

佐伯拓海(環4・長)より

陸上競技の花形種目の一つと言われている四継。
今年の慶應は一味違うところを見せてくれると信じています。今年のチームはとても信頼関係が暑いと考えています。また、自分の同期でもある四年生が3人もメンバーに入っているので、きっとベテランの意地で勝利を掴み取ってくれると思います。ここからは少し、ひいきになってしまうかもしれませんが、この場を借りて、メンバーの四年生、一人一人に対して、コメントさせてください。

しゅんと
主将として、いつも強くなくてはいけないと言ってるけど、多分誰にも言えない不安やプレッシャーもあると思います。でも、しゅんとがどれだけ努力しているかはみんな知ってるし、認めていると思います。結果ももちろん大事だけど、しゅんとが楽しく走れることを願ってます!
がんばれしゅんと!

小倉
去年とかなかなか、記録が出なくては悩んでたのも知ってるし、影で努力しているのも知ってるので、今回リレーで小倉の姿が観れるのをすごく嬉しく思います!
四年間の集大成がんばれ!軽やかな走りで会場を沸かしてくれ!

池内
同じ浪人で境遇が似てるからこそ、どれだけ、もどかしく、苦しかったか、想像ができます。そんな池内がリレーのメンバーに選ばれて本当に嬉しかったです。
浪人の意地見せたれ!

田中翼(文3・跳躍)より

陸上競技の花形、4×100mR。
関東のトップを決めるこの関東インカレの舞台で、最高のパフォーマンスをしましょう。

永田さん
主将として迎える最後の関東インカレ。
仲間と共に表彰台にのぼってください。

小倉さん
富山のスピードスター。
テンションを上げて最高の走りをしてください。

池内さん
圧倒的筋肉好き。
陸上愛を存分に発揮してください。

大川
3年生のトップスプリンター。
焦らずに自分の走りをしてください。

竹井
昨年のファイナリスト。
外国人ばりの走りを見せてください。

大野
ようやく見せた才能。
この大舞台で自分を更に成長させてください。


1走を走る池内

○男子4×400mR
小林児太朗(理4)、前山陽軌(環4)、大谷尚文(理2)、小杉山秀晴(文3)、南正志(商3)、藤村大生(経2)、吉田拓矢(経2)、坂口天城(法1)


小林から大谷へのバトンパス

藤堂真夕姫(経4・トレーナー)より
「今年の短長調子良いなあ」はたまたまではなく、ブロック全員で練習を乗り越え、互いに考えあった結果かと。

誰よりもブロックのことを考えているパーチと、脳筋くん、期待の2年生。
彼らを筆頭に今年のマイルはどんな戦いを見せてくれるのか、色んなどきどきが止まりません。

毎年苦戦が強いられるのは承知のこと。
その上で、慶應のマイルは走力戦ではなく総力戦だと、どうか証明してください!
見送る背中達がたくましくありますように!

村上敦貴(商4・マネージャー)より
慶應のマイルを観ていると涙が出てくる。
六大でも関カレでも。

その日の一番最後に放たれるマイルの号砲。
何千人の誰もが、その視線の先にいる選手の健闘を祈るあの高揚は、まさしく運動会のそれに他ならない。
何年経とうと、その興奮の根元にあるものはひとつなのだ。

学部の研究に絡めとられながら、愚直さを見せ続けた選手がいる。
どんな練習にも屈せず、それでもかつての自分を越えようともがいている選手がいる。
圧倒的な先輩の背中を追い続け、ついにはそれを凌駕するような肩で風切る選手がいる。
研究と実践を積み重ね、いまにみていろと冬季の間に着々と力を蓄えた選手がいる。
誰からも可愛がられ、卑下にも似た謙遜の中にしなやかな強さを見せる選手がいる。
誰もが驚く超新星爆発を遂げ、短長の選手を脅かす選手がいる。
寡黙で多くを語らずとも、堅実で確実な努力を携えた選手がいる。
上級生にも臆せず、先陣を切る姿が印象的な力強い走りをする選手がいる。

ひとつのバトンがトラックを4周するとき、そんな濃密な背景を負った彼らの表情が驚くほどくっきりと見える。
険しく、凛々しく、たくましい。
そんな表情に向かって落ちる涙なのだと思う。

走らない者にとってできることは応援しかない。
それでも、ブロックにつくとき、あるいはホームストレートを逆走して流すときの気持ちはわずかでも共有していると思いたい。
ごぼごぼと膨らむ泡のように、いままでの短長の面影が溢れてくるのだ。
冷静に、燃えろ。
号砲の瞬間まで、サポートし続ける。

高橋慧(文3・短長)より
大谷
絶好調大谷!今年の3月9日。その日を境に、他のどの大学のどの学生よりも練習時間を確保した彼が三年目の関カレでどこまでの走りを見せてくれるのか楽しみで仕方ありません!短長のエースは前山さんだけじゃないぞ、短長のエースとしての誇りを胸に頑張れ!!

小杉山
3年振りにpbを更新し、マイルメンバー入りを果たした小杉山。ノリに乗ってるこの男に注目!!頭良いから分かってるだろうけど、こすぎにしか出来ない役割は必ずある。チームの為に持てる力の全てを出し切れ!秀晴にはこの言葉を捧げる。顔晴れ!!
頼んだぞ!


センス抜群の軽い走り、流れるようなバトンワーク、ゼミの飲み会の企画をする程のリーダーシップ。俺らの代表として最高の走りを期待している。言い訳なんか要らんから死んでも点を取ってこい!!
ポムの樹で待ってる。

藤村
学校法人市川学園市川高校サッカー部より現れし、未知なる潜在能力を秘めたロングスプリンター。彼は入部時の境遇も似ていて、こいつには負けたくないと思ってる選手の一人です。関東インカレの場で最高の経験をしてさらなる成長を遂げてこい!!幸運を祈る。

吉田
普段は静かに見える吉田だか彼の陸上に懸ける思いは誰にも負けない。あの日、たつ吉で語り合ったことは一生忘れない。お前の内に秘める大きな夢を叶える為に死力を尽くせ、お前なら出来る!吉田の走りで「陸の王者慶應」を体現してくれると信じている。

天城
僕は君が嫌いです。何故なら足が速いからです。来年は僕が個人もマイルもメンバー入りし大躍進するので君の活躍の場は限られると思うがその分、今年は最高の走りを見せてくれ!!普段通り落ち着いていければ大丈夫。俺からの課題:同学年には絶対負けるな!井本よりも良い走りしてこい!頼んだぞ!

最後に全員に、マイルメンバー入れんくてこのメッセージ書いてて正直めちゃくちゃ悔しい。Kマーク貰ったからには死に物狂いで点取ってこい!!お前ら来年は俺が走るからメッセージ頼んだぞ!

普段はのほほんとした同期や後輩ですが、この冬を乗り越えてとても頼もしい存在になりました。そして、この春期待のスーパールーキー坂口を迎え入れました。皆さんの大きな声援が彼らの力になります!応援の程宜しくお願いします。


4月の六大で駆け抜ける南

○女子4×100mR
足立梨紗(文4)、富田美月(商4)、鳴釜和佳子(法4)、今井瑛子(環3)、川村知巳(総3)、井上夏海(商2)


足立と川村のバトンパス

坂内航也(理4・短短)より
記憶に真新しいですが、全日本インカレの準優勝、関東インカレの3位と女子チームの四継は目覚ましい活躍でした。偉大な先輩方が抜けて、新チームの初戦となった六大学。直前に決まったオーダーでも優勝をもぎとり、チーム力を見事に発揮してくれました。今年の関東インカレも強豪校に引けを取らない走りを見せてくれるのが楽しみです。まずは女子四継から決勝を決めて、男子にいい流れとプレッシャーをもたらしてください。麻溝の風とともに一波乱起こしましょう!

P.S.今年はこけないでください。

竹内爽香(OG)より
足立の滑り込みで表彰台に登れてからもう1年ですか。。
4年生にとっては、最後の関東インカレ!
足がいたい人、緊張している人、みんなそれぞれだと思いますが?また冬を超えて、みんな確実に強くなってるはずです。速いです!
4年間怪我に苦しんできた足立と、神級にぶっ飛んでて笑わせてくれる鳴釜と、周りをよく見ていつも場を明るくしてくれるみづきと!一緒に走れるのはもう数えるくらいしかないはずです。今までの練習を、高野さんを、自分を信じて思い切り走りきってきてね!応援してます😆


1走を走る鳴釜


ラストスパートをかける井上

○女子4×400mR
足立梨紗、カラザーズ圭菜ヴィヴィアン(総4)、富田美月、川村知巳、木村友香(文3)、井上夏海、守屋明穂(環1)

前山陽軌より
女子マイルチームへ

マイルってやっぱ特別だよな。一人じゃないからこそ、嬉しさも悔しさも何倍にもなる。勝ち負けも大切だけど、それ以上に走るメンバーには、やり切って欲しい。「ああ、全力で走ったな」って終わった時に思えたら、最高だな。けいな、みづきに関しては、これまで同期としてずっと一緒にやってきたから、その気持ちは特に強い。けいなは持ち前のポジティブを発揮して、チームを盛り上げていって下さい。みづきは、今の状態がどうあれ、ただただ全力で。その姿を見れるだけでも後続の男子は力になります。当日は、全員で心を合わせて試合に臨んでいって下さい。
頑張れ、女子マイル!

前山

小野みさき(理3・トレーナー)より
関カレ後半戦の目玉とも言えるマイルリレー,女子マイルは頼れる新戦力も加わり,新しいメンバーで挑むレースが楽しみです!
いつものふわふわした雰囲気そのままでメニューをしっかりこなしている印象の圭菜さん,周りをよく見てくださっていて場の雰囲気を明るくしてくれる美月さん,黙々と練習をこなし同期ですがお姉さんのようで頼りになるともみん,主務補佐としても仕事をこなしながら今年は個人800mでも標準突破し絶好調のゆか,真面目で一つ一つしっかりと考えながら練習しているなっち,まだ入部したばかりだけどみんなから愛されている期待のルーキー守屋ちゃん.
盤石の布陣で挑むマイルリレー,昨年に引き続き今年も女子チームの活躍を期待しています‼


800mでも活躍する木村

また、女子チームとして4継・マイル合わせてこの人にもメッセージをいただきました!

和田佑太(理M2・短短)より
4×100mR 足立 富田 鳴釜 今井 川村 井上
いよいよ待ちに待った関東インカレ。そして女子チーム総力戦で戦う4継は関カレ最大の見所の1つでしょう。
井上夏海
この冬を越えて見違えるように力強い走りを手にした期待の2年生、井上。かの有名な希望ヶ丘高校出身の彼女は競走部に入ってからいじりが少なく、物足りなさを感じているようなので関カレでの愛のある声援をお願いします!

川村知巳
1年時から女子チームを牽引する活躍をみせてきた川村。長い怪我からも脱し、調子をあげてきた彼女の走りが非常に楽しみです!

今井瑛子
女子チーム随一のパワーを誇る今井。昨年引退されたパワータイプ清水先輩の跡を継ぎ、そのパワーをいかんなく発揮した力強い走りをみせてくれます。彼女のスタートの飛び出しに乞うご期待!

富田美月
きゃぴきゃぴの1年生だったハピネスも気づけば4年生。歳を重ねて培ったものは腰痛だけではないはず。この冬、走りにこだわり抜いて、ロングからショートまで走りこんできた富田。4年の意地を魅せてくれ!!

鳴釜和佳子
どこぞの外国からいらしたようであまり日本語が通じないため、普段何を考えているのかはよくわかりません。がしかし、誰もいない朝からなぜかやたらと露出の高い姿で走り込んできたのを見てきました。六大学で悲願の4継デビューを飾った彼女が関カレでもその勢いを存分に発揮してくれることでしょう!

足立梨紗
今年は珍しく大きな怪我をしていない足立。怪我に泣かされ、男に泣かされ、強くなったようです。どれだけ苦労が続いても、陸上だけは常に1番。きっと誰よりもこの舞台を楽しみにしてきた彼女の想いのこもった走りから目が離せません。緊張で般若のような顔はもう見飽きたので最高の笑顔をみんなに振りまいてくださいな!

4×400mR カラザーズ 富田 川村 井上 木村友 守屋

守屋 明穂
その可愛らしいルックスとは裏腹に鋭い言葉で同期を牽制している将来が楽しみな新入生。その鋭さで彼氏も尻に敷いているらしい。ともあれ初の関カレ。緊張も不安もすべて頼もしい女子チームの先輩たちに丸投げして、若さ溢れる力走を魅せてください!

木村友香
副務業をこなしながら関カレ標準突破という偉業を成し遂げた猛者。いつもターミネーターかのような厳ついサングラスをかけ競技場を駆け巡っている。中距離で流行の兆しをみせているadidasスパイクユーザーな点が非常に高評価。今年は「出る」関カレの興奮を精一杯味わってきてください!

カラザーズ
そんなこんなでハピネスとやら全員の応援メッセージを書くことになりました。なんででしょう。カラザーズ圭菜ヴィヴィアンはとにもかくにも手脚が長い。あと、後ろから「そこの可愛い子」て声かけるとちゃんと振り向く。さすがです。そんなけーなもついに最後の関カレ。短長女子の先輩達から受け継いできた想いを、いかんなく発揮してください。最高の舞台で最高の走りを!

と、個性豊かな面々を自由気ままに紹介しましたがあとで何を言われるか怖いのでこれくらいにしておきます。みんな、最高の舞台で最高の感動を味わってきてください!

和田と女子チームの選手たち

リレーメンバーへの応援メッセージは以上となります。
いかがでしたでしょうか?

読んでいただければわかる通り、どの応援メッセージにも本当に想いがこもっていることが伝わります。
そのくらい選手が、サポートスタッフが、OBOGさんが、リレーメンバーにかける想いは強いのだと思います。

そんな関カレのリレーに出場できることを誇りに、しかし気負わず、全員が納得のいく走りができることを祈るばかりです!

最後に競技日程をご紹介いたします。

5月24日(木)・1日目
15:40 女子4×100mR予選
15:55 男子4×100mR予選

5月25日(金)・2日目
17:50 女子4×100mR決勝
18:00 男子4×100mR決勝

5月26日(土)・3日目
17:55 女子4×400mR予選
18:25 男子4×400mR予選

5月27日(日)・4日目
16:20 女子4×400mR決勝
16:30 男子4×400mR決勝

皆様も温かいご声援のほど、宜しくお願いいたします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です