2018年春合宿!女子合宿後半戦in沖縄

こんにちは!
1年マネージャーの竹田です。

いよいよ六大学対校陸上競技大会まで3週間を切りました。
各ブロックでトライアルが行われ、六大が間近に迫っていることを感じさせます。
今年度は女子の対校種目も行われます。女子チームの活躍にご期待ください!!

この度は沖縄で行われていた女子合宿後半戦の5~7日目の様子をお伝えします!

 

 

〇合宿5日目〇
アクティブレストでしっかりと疲労をぬき(?)迎えた5日目は午前中に短距離はSDや10秒走、中距離はレースペースのメニュー、ハードル陣は300mハードル、跳躍は跳躍練習を行いました。

10秒走では、設定距離に何m届かなかったかをビデオで把握することで、目標のタイムまでどのくらい足りないかを正確に知ることができていました。

午後は短距離が六大に向けてリレーのバトン練習を行いました。

指導をする高野アドバイザーと短距離陣

 

 

〇合宿6日目〇
6日目は女子合宿唯一の生憎の天気で、小雨がぱらついていました。
そのため午前中は競技場、午後からはホテルに併設されている室内運動場で練習を行いました。

午前中は短距離は分割走とSD、中距離はPR、ハードル陣はハードル練習を行いました。

 

午後からはドリルの確認や動きづくりなどを行いました。
練習前にはみんなでドッヂビーを行うなど女子選手の仲の良さがうかがえます!

 

合宿ならではの、1人1人の動きをじっくりと見てもらえる機会を生かして多くの選手が高野アドバイザーにアドバイスをもらっていました。

高野アドバイザーに指導を受ける井上(短/商1)

 

また、女子選手同士の距離が近く、お互いにアドバイスをしているところを何度も見かけました。
お互いに刺激を与えあっている良い関係性を感じました。

ドリルの動画を見て話し合う小野(トレーナー/理2)と佐藤悠(跳躍/総1)

 

 

 

〇7日目〇
合宿最終日は快晴で、最高の練習日和となりました!
短距離は選手が各々レースペースでメニューを行い、中距離は200×5×2、跳躍はドリル後に120×1を行いました。

左から中距離のメニューを行う木村友(短長/文2)、守屋(新入生)、金尾(中距離/経1)

 

1週間行ってきたことや、アドバイスを生かして各々合宿のまとめとなる練習が行えたのではないでしょうか。

午後は一旦ホテルに戻ってから那覇空港へと向かい、東京へと戻ってきました。

 

 

 

 

 

この一週間女子合宿に帯同させていただいて、女子選手の競技に対する思いの強さを実感することができました。

毎晩高野アドバイザーの部屋で行われる動画分析では白熱した議論が行われていたそうです。

互いに良いところも悪いところも言い合える女子チームの雰囲気を肌で感じ、女子チームのさらなる活躍を祈る気持ちが大きくなりました。
まもなくシーズンインとなります。女子チームへのご声援のほどよろしくお願いたします!

 

最後となりましたが、おいしい食事をだしていただき、トレーニングルームや室内運動場を利用させていただいた沖縄残波岬ロイヤルホテル様、競技場を利用させていただいた読谷村陸上競技場の関係者様、合宿の運営、指導をしていただいた高野アドバイザー、誠にありがとうございました。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です