2018年春合宿!跳躍合宿in高知

こんにちは。
マネージャーの東島です(/・ω・)/

今春の競走部の合宿は各ブロックごとに様々な場所で行われています。
連日マネブロにてお伝えしていますが、今回は跳躍合宿の様子をお伝えいたします。

2月20日から24日まで跳躍ブロックは高知県で合宿を行っていました。
高知は日吉と比べるととても暖かく、風はすこしあるものの穏やかでした。また5日間全日晴れで、選手も動きやすく練習には最適な気候だっだようです。

1日目は正午ごろに高知へ到着いたしました。
午後はフリー練習で、各々移動の疲れをとるとともに、次の日の跳躍練習に備えて動いていました。
走りのフォームを修正するため、川越アドバイザーからのアドバイスを応用して、改善していく様子を伺えました。

http://keio-tf.org/wp-admin/media-upload.php?post_id=22011&type=image&TB_iframe=1

(ジョグをする跳躍ブロックの選手たち)

 

また原トレーナーから選手へセルフケア講習を行いました。
私も混ざり、普段伸ばしたいけどどうやったら伸ばせるのか分からなかった場所を伸ばすことができ、とても気持ちが良かったです。
また、一年生ながら原のトレーナーとしての知識が増えて成長していく様子が伺えて、頼もしかったです。

(セルフケア講習をする様子)

 

2日目以降はアップ・全体練習後、幅ピット、高跳ピットに分かれて跳躍練習を行っていました。
各自理想とするジャンプを実現させるため跳躍練習を行っていました。

 

また2日目のオフ日前の夜は皆でひろめ市場へ行き、新鮮な魚介類や高知の特産物を味わいました。
跳躍ブロックの学年を問わず仲の良い様子が印象的で、私もとても楽しみました。

 

3日目はオフでした。
各学年、それぞれ違う場所へ遊びに行きリフレッシュしていました。

3年生はボウリングをし、2年生は高知の地元に愛されている動物園へ、1年生は桂浜へ観光しに行きました。

(動物園を楽しむ川端(経2))
5日目は最終日ということもあり、体に疲労が表れている選手も少なくありませんでしたが、合宿最後に自分の跳躍を固めているようでした。

 

5日間あっという間に過ぎていった合宿でした。
全選手、跳躍だけでなく、アップや走りのフォームに気にかけ、より改善しようと努めていました。

リフレッシュするところはして、練習時には質を高めた練習をする大変充実した5日間になったのではないでしょうか。
来シーズンの記録が期待できると思います!
また、終始和やかな合宿でした。改めて跳躍ブロック全体の仲の良さを実感し、とても結束力のあるブロックだと感じました。

 

最後に、宿泊させていただき、かつと競技場とホテル間の送迎もして頂いたオリエントホテル高知様、競技場を使用させて頂いた春野陸上競技場の関係者様、足を運んでくださったアドバイザーの川越さん、誠にありがとうございました。

合宿係のお二人も円滑な運営、お疲れ様でした。

 

明日からは短距離の沖縄合宿と立川にて学生ハーフがあります.
マネージャーブログや公式Twitterでもお伝えいたしますので、そちらにもご注目ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上です。失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です