GW菅平長距離選抜合宿

こんにちは。

3年マネージャーの石橋です。

去るゴールデンウイークの5月3日~7日まで慶應箱根駅伝プロジェクトの一環として菅平にて選抜合宿が行われておりました。そのご報告を致します。

選抜合宿は5日間に亘り、保科コーチと選手8名とマネージャー1名の10名という少人数合宿でした。これまではゴールデンウイークに合宿を試みたことはありませんでしたが、短期間かつ少人数ゆえにとても密度の濃い合宿になったと思います。その様子をお伝え致します。

練習は朝、午前、午後の三部練構成で行われました。

朝は主にクロスカントリーコースでのジョグ、午前はポイント練習として選手によってロードやクロスカントリーコースで距離走、午後はメディシンボールを使った補強が行われました!

クロスカントリーコースでの様子(手前:根岸(経3),奥:佐伯(環3))

補強の様子(手前:伊藤(法1),奥:佐伯)

ポイント練習の距離走では久しぶりに30kmという長距離メニューが組まれ、久しぶりの中でも選手によっては中1日で2回走るというハードメニューでしたが、ほとんどの選手が無事走りきることができ、充実した練習になったのではないでしょうか。

メディシンボールを使った補強では苦戦する選手も多く見られ、今後の選手の課題となったと思います。

また、練習中や食事の前後の時間では保科コーチから熱く厳しい指導がありながらも、冗談が飛び交う時間もあり、合宿ならではの様子が伺えました。

この5日間、ペンション白いつばささんにお世話になりました。1日3食の美味しいご飯であったり、リラックスできる空間を提供してくださいました。4日目の夜にはBBQを用意してくださいました!このような恵まれた環境があったからこそ合宿が上手くいったに違いありません!

ペンション白いつばさ

看板犬のふーちゃん(ペンション白いつばさ)

最後に、このような充実した合宿の環境を提供してくださった箱根駅伝プロジェクトの皆さま、ペンション白いつばさの桜井さんご一家、そして5日間付きっ切りで指導をしてくださいました保科コーチにこの場をお借りして感謝申し上げます。

短いですが以上を報告とさせていただきます。

 

一昨日で関東インカレの標準締切前の最後の記録会を終え、エントリーメンバーが定まりつつあります。長距離ブロックからは今合宿にも参加をした根岸が1部校としては4年ぶりにハーフマラソンに出場致します。

次回からはマネージャーブログは関東インカレ特集が始まります。是非ご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です