六大2日前!幹部対談④(下川・三上)

こんにちは。

新2年マネージャーの山田と東島です(^^)/

いよいよ2日前となり、今年度最初の公式戦の幕開けが近づいてきました。

ここ数日は暖かな春の気候となり、選手も冬季に比べ体が動くようになりうまく調整できているのではないでしょうか。

 

本日は長距離ブロック長の下川(新4・環)と副将の三上(新4・環)のインタビューをお届けいたします。

お二方は後輩へのアプローチの仕方は全く異なりますが、両者後輩から大変慕われ、競技力も併せ持つ先輩です。

下川さんは長距離のお父さんと言うような印象で、責任をしっかり感じかつ果たしながら、後輩や同期の信頼を得ている方だと感じております。

三上さんは、自分では副将らしくないとおっしゃりながらもみんなに新たな異なった視点を加えてくださったり、競技で語ってくださったりして信頼に厚い方だと思います。

 

下川                      三上

     

 

山田・東島:本日は予定を合わせて頂きありがとうございます!早速ですが、この春休み中、三上さんは高知跳躍合宿、下川さんは日吉での強化練習期間を経ての収穫や課題はありましたか。

下川:長距離選手のキャパ、1日に練習できる限界が分かった。今後の練習や合宿に活かせるものを掴めたかな。

三上:私用で自分は3日しか参加出来なかったんだけど、跳躍合宿は自由にやりたい放題やる印象で、自分が後輩だったらちぐはぐしてるって思うかもしれない。楽しくやるのはいいけれど、それが緩くなってしまうのは違うからそこだけは気をつけるようにしてきたね。

それに、みんなは練習しすぎてる気がする!真面目すぎる!でも、僕はいかに効率良く練習するかだけを考えてきたね。

 

東島:なるほど、質重視に感じます。それも大事ですよね。では、シーズンインに入っての半年後の展望はいかがでしょうか。

三上:塾記録だね。手がギリギリ届きそうだからね。

下川:チームとしては予選会で塾記録。今年が最後で予選会の距離が変わってしまうから塾記録挑戦のラストチャンスなんだよね。

三上:そうなんだ!

下川:うん。慶應箱根駅伝プロジェクトを目に見える形で残せたらな。

 

山田:そうですね!がんばりましょう!部内と他大に関して六大の見どころの選手を教えてください。

三上:鈴木(新4・商/跳躍ブロック長)。彼は何をおこすか分からない。練習はいつもすごくて良い記録を出しているんだ。だから、一発ハマればBIG記録の期待ができる。他大に関しては、法政の跳躍選手かな。法政は固めてきている選手が多いし、走幅跳だけじゃなくてハイジャンも強い。見ているだけでも勉強になる選手が多いね。

下川:今年は8位まで点が入ることになったから、選手にとってモチベーションを持てると思う。早稲田や明治、法政がいつも上位におるから今年は慶應から2人入賞もあり得る。先頭から離れてしまっても食らいつけば期待できる!

 

山田:注目ですね。陸上人生の中でライバルはいらっしゃいましたか。

三上:中・高とどうしても勝てなくていつも2位だったんだけど、その人かな。ライバルというより勝てなくて悔しい気持ちが強かった。あとは、慶應にいた小室さん。全身バネみたいな方だった。

下川:中・高同期の人かな。のびのびとやって自分よりタイムが上なのが…。

 

東島:お二人は福岡(三上)、兵庫(下川)と地方出身ですが、地元の陸上あるある話をお聞かせ願います。ちなみに静岡は棒高跳王国です!

三上:地元の方は個人的に記録が出やすいかな。1年生のスランプ時に地元で跳んだら30センチ上ったこともあるし。ただ大学でも陸上を続けている人も少ないし、学年上がるに連れてみんな引退しちゃうから競技場に行っても知り合いがいなくて、少し寂しくなるかな。

下川:全国的にレベルが高い県。近畿大会の決勝で兵庫県6人が残ることもあった。下の選手に全くチャンスが無くて、落ちた人の中から県大会に行けるよう救済処置を取ったことも。

東島:それは良い指導者が多いからでしょうか。

下川:そうだね。それと気候も良い。山もあって近場で合宿が出来るね。あとは私立よりの公立の方が強い選手が多いことも特徴かも。

 

東島:たしかに地元の方は公立にハイレベル選手が集まっている印象です。深く触れてしまいますが、今の競走部についてもっとこうだったら部がより良くなるだろうという点はどういうところでしょうか。

三上:僕は“部に貢献”と言うよりは一人ひとりが“自分のために”競技を続けて欲しい。自分の記録を貪欲に追い求めて、競技や成功の過程を喜び且つ楽しんで欲しい。誰のために競技をしているのか考えてほしいです。

下川:そうやな、もっと自由に競技してほしいよね。

東島:そうですね。結果の延長線上に部の貢献と捉えても良いかもしれないですね。

 

山田:早くも今年で競走部引退となってしまいますが、陸上人生最後の年をどんなエンディングで迎えたいでしょうか。

下川:長距離ブロック長としては、10月の予選会で結果を出していたい。個人としては、東京マラソンで塾記録を狙いたい。就職によるけど(笑)

三上:気持ちよく!終わりたい。大学まで競技を続けている人は陸上が好きで強い人しか残っていないから自分ができる領域がわかっちゃう。自分が納得できる記録を出して引退したいな。

 

山田・東島:お二方、貴重なお時間をありがとうございました!

 

左から、三上・下川

 

当日は日吉競技場で開催されます。

温かなご声援のほどよろしくお願い致します!

 

以下、六大学特設サイトのURLとなります。ぜひ御覧ください。当日は速報も掲載される予定です。

http://6univs.keio-tf.org/

 

また、六大当日の跳躍と長距離の番組編成をお知らせいたします。

10:00~ 男女走幅跳決勝 鈴木、三上、今井

11:20~ 男子3000mSC決勝 藤井、小杉

12:30~ 男子走高跳決勝 森、石川

14:00~ 男子棒高跳決勝 奥平、川端

15:00~ 男子三段跳決勝 鈴木、水口

16:15~ 男子5000m決勝 永野、根岸

 

明日は、中距離ブロック長の中谷(新4・理)と跳躍ブロック長の鈴木(新4・商)のインタビューをお届けいたします!

以上です、失礼致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です