奄美大島合宿6・7日目

こんばんは。1年マネージャーの伊永です。奄美大島合宿は最終日を残すのみとなりました。 今回は合宿6、7日目の様子をお届けします!!6日の競技場の様子

6日は写真では伝わりにくいのですが、生憎の雨となりました。私たちが競技場にいる間はほとんど雨が降っており、5日時点での降水確率は100%となっていた程です。そのため、毎日お世話になっている競技場のある、名瀬運動公園内のウエイトルームや体育館で各ブロック練習をしました。

部員のウエイトを見守る池内(総2)と永田(総2)

また、短短部員や女子部員は体育館でバスケ、中距離部員はフットサルをしていました。日吉では見られない光景でしたが、運動神経の良さを感じられ、感激しました!!

バスケをする短短部員。
左から小倉(総2)、金子(商3)、池内(総2)、山田穂(薬3)、内田(環3)、山田龍(法政2)

また、女子部員はプレゼンも行いました。メンタル面や怪我のことなど、陸上をする上で付き合わなければいけない課題と向き合う様子が見受けられました。

竹内(総3)のプレゼンを聞く女子部員たち

7日目は晴れたので、外で練習を行うことができました。

メニューをこなす短短、短長部員。
左から、塩津(環3)、前山(環2)、千葉(環2)、大谷(理1)、大川(法政1)

また、最終日の7日には6日間お世話になった競技場の管理者の増根さんに色紙を贈りました‼︎すみません、写真なしです…
増根さんには、毎日お菓子の差し入れをして頂いたり、お部屋を貸して頂いたりと、競技場を貸してくださる以外にもお世話になりました。

差し入れのお菓子。黒いのは黒糖、残り2種類はピーナッツに味付けがされているものでした。

今回の合宿は短距離合宿にして最長の6泊7日の合宿でしたが、あっという間の7日間でした。他大学もこの競技場を利用しており、どのように他の団体が練習やサポートをしているのかを知る良い機会にもなりました。7日間無事に怪我もなく過ごすことができましたのは、ホテルニュー奄美のみなさん、競技場の増根さんをはじめ、奄美市役所の方々、その他私たちの合宿に関わってくださった方々のおかげです。
今週末には納会があり、次の週からは競技会が始まります。冬季、春合宿と積んできた練習の成果を出すことができるよう、私たちサポートもより一層努力していきます!

  飛行機から見えた風景

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です