箱根駅伝予選会総括

こんにちは。4年の三山です。
10月15日(土)に立川の昭和記念公園にて、箱根駅伝予選会が行われました。

毎年沢山のOB、OGの方が応援に来てくださりますが、今年は例年よりも多くの方が来てくださっていたように感じました。
この場を借りて、来てくださった方、応援して下さった方に深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

結果としましては、総合タイム10時間55分27秒、28位という結果となりました。
昨年より3分ほどタイムが縮まり、順位も3位上がる結果となりましたが、目標としていた塾記録更新はなりませんでした。

IMG_2084

結果報告をする下川(環3・次期長距離ブロック長)

最近の慶應長距離の流れとして、下級生の成長があげられます。ですが、これは裏を返せば下級生に頼ってしまっているとも言うことができます。自分の競技に集中できる下級生の今後のより一層の成長はもちろんのこと、上級生になってもしっかり下級生時代の勢いと共に、それまでの経験を活かした走りができるようになることが今後の慶應長距離の課題ではないかと思います。

IMG_2095

大木(経3・次期駅伝主務)

今回の選手の結果報告を聞いていて印象的だったのは、「自分がタイムを稼がなければいけなかったのに申し訳ない」という2年生の多さでした。
下級生に申し訳ないと思わせてしまう申し訳なさももちろん感じますが、彼らの2年生ながらに「自分たちが所属ブロックを背負っている」という自覚の強さは他ブロックには見られないものではないかと思います。
責任や、プレッシャーに押しつぶされては欲しくありませんが、私は彼らが今後もっと強くなるだろうと感じました。
全員が100%満足する走りをすることは簡単なことではないと思いますが、毎年思うことではありますが、来年こそ、彼ら自身が満足する走りをしてきてほしいと強く思いました。

IMG_2094

左から藤井(法3)、石井(環1)、永野(文2)

そして、この予選会をもって長距離4年生が引退となりました。
彼らにとって、順風満帆とはいかなかった4年間だったかもしれません。個性の強い学年だったとは思いますが、なんだかんだ仲が良かったのではないかと私は思います(笑)
今後は、下川(環3)を中心としたチームが始まります。
同期、下級生と協力して、より良い、強い長距離にしていってほしいと思います。同期や後輩は下川を支えていってあげてください

また、サポートスタッフも予選会をもって引退となりました、サポートスタッフの4年生は私のみだったので、大きな変化なく今後は3年生が中心となって引っ張っていってくれるだろうと思います。
「選手にとって一番大事なことは何か」を見失わずに、慶應競走部のサポートスタッフとして何ができるかを考えていってくれればと思います。

箱根駅伝予選会をもって、2016年度全ての公式戦が終了しました。とはいえ、日本ジュニアや日本選手権リレーなどはございますので引き続き選手への応援を宜しくお願い致します

明日の集合から、競走部は完全に新体制に入ります。
今後とも、慶應競走部を宜しくお願い致します!

IMG_2082

箱根駅伝予選会総括” に対して1件のコメントがあります。

  1. 通りすがりのOB より:

    Kマークを着る意味を考えてください。いつから予選会は、公式戦になったのですか?予選会は、インカレや早慶戦と同じクラスの競技会ですか?そこで、すでに負けてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です