予選会4日前!出場選手インタビュー⑤

こんにちは、三年マネージャーの奥村です。

本日で予選会四日前となりました。引き続き選手インタビューをお送りします。
今回は藤井一樹(法法3)、渡邊亮(理2)へのインタビューです。

マネブロ

左から渡邊、永野(文2)、藤井(更新日を予選会の三日前と勘違いしておりました)

・予選会メンバーに決まった今の気持ちを教えてください。
渡邊‐初めて予選会メンバーに選ばれてうれしいのと同時に、今年は絶対に(メンバーに)入らなきゃと思っていたのでホッとしています。
藤井‐二回目の選出ということもあって、個人的にはメンバーに選ばれることは目標ではなく、実際に予選会でどういった走りをできるかが自分にとっては重要なことだと思っていました。もちろんメンバーに入れて一安心という面もあるけど、自分に求められることは結果を出すことだと思います。

・夏合宿は二回あったけど(菅平、紋別)そこでの練習はどうでした?
渡邊‐菅平は距離も質も去年より高くこなせて、紋別では実戦形式の練習が多かったけどこちらも怪我なくしっかり練習が積めました。
藤井‐一次合宿と二次合宿の間に関東選手権があったということもあり、(3000mSCに出場しました)それほど強度の高い練習は積めなかったです。しかし、僕も怪我はなく設定どおりに練習できたので満足しています。

・予選会の目標はなんですか?また、部内でこいつにだけは負けたくないという人はいますか?
渡邊‐本番は66分台で走り、チームの10番目の底上げがしたいです。あとは二年生の上位四人(根岸、武田、佐伯、永野)に少しでも追いつけるような走りをしたいです。
藤井‐個人のタイムでは64分台を目指して、チームとしては塾記録を出せればなと思っています。ライバル校としては去年と引き続き立教と東大がいるので、両校にも勝てるよう頑張ります。あとは今波に乗っている大木君(経3)にだけはなんとかして勝ちたいです。最近よい思いばかりしているので予選会ぐらいは勝たせてくれてもいいんじゃないかな(笑)
永野‐僕も大木さんには負けたくないです。
渡邊‐僕も大木さんライバルに追加でお願いします。
奥村‐みんな大木のこと大好きですね!

・長距離の四年生の方へメッセージをお願いします。
藤井‐走る中野さん榎本さんには一緒に塾記録を出して最後に笑って引退してもらえたらと思います。今回走らない先輩方も一年生の時からずっとお世話になっていて、誰か一人かけていたら今の自分はいなかったと思います。最後に精いっぱい結果で恩返しさせていただきます。
渡邊‐先輩方のおかげでいままで辛いこともなんとか乗り越えることができました。自分がメンバーに入れたのも日々先輩方からたくさん刺激をもらってきたからです。本番は皆さんの分も全力で走りますので応援よろしくお願いします。

・最後に、応援してくれる人たちに一言お願いします。
渡邊‐補欠という立場ではありますがいつでも走れる準備はしているので、当日僕が走ることになりましたら応援よろしくお願いします。
藤井‐当日は朝早くからの応援、サポートになることかと思いますが、選手はこの一年間予選会のために練習してきました。応援が本当に力になります。僕たちも目標に向かい一生懸命走りますので応援の程、よろしくお願いします。

インタビューは以上となります。引き続き、二人ずつ応援メッセージをご紹介します。

【藤井へ】
中谷浩崇(理3)より
藤井とは高校時代から地区が同じで、夏合宿を合同でやったり、5000mを一緒に走ったり、神奈川県の人ならわかると思いますが、丹沢湖で駅伝の1区10キロで勝負したりしていました。
大学に入ってからは2人とも別々の種目へ専念しているので直接一緒に走る事は減りました。(ちょっと残念)

僕のイメージとしては、積極的に練習を引っ張ったり、スピードに挑戦するために1500mを走ったりと周りとは違った工夫をしているなと思います。中距離としては長距離に枠を奪われるのは悔しいですが、今年の同志社戦では大学に入ってから初めて1500mを同じレースを走り、慶應で6点取ることが出来てとても感慨深いというか、嬉しかったです。

そんな藤井くんももう3年生と後輩を引っ張っていく立場です。いつもは後輩にゆる~く癒しキャラですが、試合になったらバチンときめてきてくれるでしょう!20キロという距離は僕には想像もつかないですが、長距離パワーを存分に発揮して欲しいです!みなさま藤井くんに大きな声援をお願いします!!

小泉洋太郎(元長距離ブロック員)
普段から競技想い仲間想いの藤井。まずは今年もメンバー入りおめでとう。
たまに大学で藤井を見かけますが、会うごとに顔が凛々しくなっているような気がします。同時に、着実に実力をつけていることも感じます。
去年、初めての予選会を走り終わったあと、色々な感情が混じり合って複雑な表情をしていた藤井の顔は今でも覚えています。
二回目の予選会となる今年は、より実力もつき、自信をもって臨めるのではないでしょうか。
今年は本当に強いね。過去最高クラスのチームで走れることを楽しみながら、自信をもって走ってきてね。
がんばれ藤井!!!

【渡邊へ】
藤井一樹より

高校の時から一緒に練習してきた後輩なので、今回メンバーに入ったときは自分のことのように嬉しかったです。思うように結果が残せず苦しんだ去年があったから、今年の渡邊は強くなったんだと思います。当日走るかどうか分からないけど、一緒に予選会を走れたら、気負わず思い切っていってほしい。俺も負けないよう頑張ります。

中野雄仁(経1)より
渡邊さん!
お会いする時はいつも優しく、後輩を気にかけてくれる姿に助けられています!
雨の日でもお構いなしにジョグをする渡邊さんはどんな状況でも動じずベストを尽くしてくれると信じています!!
高校の駅伝からずっと応援しています、頑張ってください!

本日のインタビューは以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございます。
マネブロはまだまだ更新されますのでぜひ明日もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です