早慶戦2日前!幹部インタビュー~中距離ブロック長~

こんにちは。
2年マネージャーの林です

早慶戦2日前となりました。
本日も引き続き、幹部インタビューの様子をお伝えしたいと思います。

お話を伺ったのは、中距離ブロック長の近森洋哉さん(法4)です
普段はゆるゆるとしていて、人当たりの良い近森さん。私には競走部を引っ張る幹部といった印象はあまりありませんでしたが、今回のインタビューを通して幹部としての一面を少しだけ感じることができました。
様々なことを考え1年間を過ごしてきた幹部としての近森さんをお伝えできればと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

image
今年の関東インカレの様子

―中距離ブロックから早慶戦に出場する選手の紹介をお願いします!
中谷(理3)は次の中距離ブロック長と早慶戦男ということで、今年の全カレチャンピオンに食らいつくようなレースを期待しています!
村上(総4)は800mと比べると恐ろしくセンスのない1500mだけど(笑)、いちばん好きだと言う1500mでしっかりと有終の美を飾ってほしいです。
久保田(理2)は出場するか分からないけど、もともとある安定感に加えて一発やってくれる感がほしいかな。今後勝負強さとかも見せてほしいと思います。
僕はまあ…頑張ります!

―ブロック長として過ごしたこの1年間で、印象に残っていることを教えてください。
みんなで仲良くやれたことかな。合宿も楽しかったし、駅伝とか出たし!冬季練もみんなで一緒にこなしたし。1年間を通してブロックとしての団結力が高まったと思います。(800mが)1分48から2分7くらいまでいるけど、その中で工夫して冬季だったり合宿では一緒に練習もできたし。公式戦に出れる人はわずかだけど、そこに向けてブロック一丸となって向かっていけたんじゃないかな。みんなで一緒にできたっていうことがいちばん印象に残っています!

―ブロック長として意識していたことはありますか?
さっきも言ったけど、みんなで仲良く部活をすること!あとは中距離ブロック以外の人とも話すようにしていたかな。ブロック員だけじゃなくて部員一人ひとりとコミュニケーションをとることを意識していました。

―中距離ブロックの同期の村上さんと守家さん(経4)にひとことずつお願いします!
村上さんには本当にお世話になりましたのひとことに尽きます(笑)村上はブロックに関していろいろ言ってくれるから助かった。あとは目の前に全国を相手に戦える選手がいて、一緒に練習できたっていうのは、自分のタイムの成長にもつながったし、陸上に対して本気で向き合うきっかけになりました。
守家には少しはお世話になりました(笑)ラストの試合で念願の3分台を出して、引退してほしいなと思います!

―では、4年間でいちばんの思い出はなんですか?
いちばんの思い出はないです!毎日がスペシャルでした!

(ひとことで終わってしまって困っていたら、考えてくださいました!)

強いて言うなら今年の六大かな。1500mに出場して、田島(総2)とぼろ負けした試合。もうちょっと田島と2人で頑張りたかったなっていうのと、一緒に頑張ってきた田島ともう少しいいところで勝負したかった。田島と、今回エントリーしている久保田と、後輩たちには来年以降頑張ってほしいと思います。

―それでは最後に中距離の後輩たちにメッセージをお願いします。
一人ひとりもっと高い目標を持って、そこに向かって本気で打ち込んでほしいです。競走部の中距離で公式戦を戦える人って一握りで、他の人は這い上がっていかなきゃいけない人たちだから、自分で限界を決めずにもっと上を目指してほしい。自分はこれくらいでいいとか、これくらいしかいけないとか、そういうマイナスな考えを捨てて、もっと自信を持ってやっていってくれれば結果もついてくるんじゃないかな。あとは何より、一人ひとり楽しんでほしいなと思います!

最後に近森さん、守家さんに競走部での4年間をひとことで表して頂きました

image

『躍動』…調子が良い時の自分の走りを表したそうです!

image

『自分に向き合うこと』…競走部という環境で目標を達成するためには、自分と向き合って、自律しなければならない。守家さんは4年間こう考えて過ごしてきたと振り返ってくださいました!

インタビューは以上となります。いかがでしたでしょうか?

冒頭でも書きましたが、私自身幹部としての近森さんを感じる機会はあまりなく、マネージャーの先輩や中距離の選手たちから「真面目でいろいろ考えている」「熱い男だ」と言われても、正直ピンときていませんでした。
だから尚更今回のインタビューで中距離ブロックを、競走部を引っ張ってきた姿を伺うことができて嬉しかったし、とても新鮮でした。
読んでくださった皆さんにも幹部としての近森さんを感じてもらえていたらと思います。

さて、いよいよ早慶戦が明後日に迫ってまいりました!
大好きな4年生を最高の結果で送り出せるように私自身も全力で、サポートスタッフ全体としても気を引き締めて向かっていきたいと思います
当日はあたたかいご声援のほど、宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
明日は幹部インタビュー最終回を掲載させて頂きます
ご期待ください。

以上です。
失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です