早慶戦7日前!幹部インタビュー~主将兼短長ブロック長~

こんにちは。マネージャー1年の伊永です( ¨̮ )
全カレ最終日ではありますが、早慶戦幹部インタビューをお届け致します

今回は競走部主将兼短長ブロック長の松本岳大(総4)にインタビュー致しました。

短長ブロックの出場選手の紹介をして頂きたいです。

松本:
エントリーナンバー1番、茅田昂先輩!慶應の短長を6年に渡り引っ張ってこられた偉大な先輩。

エントリーナンバー2番、前山君!名門成田高校から名門慶應競走部に入部。前山の持ち味はスピリッツ。前山は気持ちで走るタイプ。大きな大会で力を発揮できる、頼りになる選手。

エントリーナンバー3番、大谷君!割と宇宙人笑。飯食うのに時間掛かりすぎ笑。スマホがお友達。でもそのマイペースさが競技に出てて、周りに流されないから安心して見ていられる。

エントリーナンバー4番、塩津君!塩津は一般で入ってきたけど、1年の後半ぐらいから頭角を現してきた。この冬いろいろあったけど、ここに来てまた塩津らしさが出てきているし、全盛期に近い走りをしている。塩津はスピードタイプだからそれを前半で出してもらえれば!

エントリーナンバー5番、小林君!こたろうは地道にこつこつ努力していて、地道にPBを出してる。もう一皮むけるためにはこの冬に一から積み立てるぐらいの気持ちでやらないと厳しいけど、期待してる存在です。

以上の5人で早慶戦を戦います!!

前山:そうっすね!

ありがとうございます。では、短長ブロックの目標を教えてください。

松本:1点でも多く!早稲田に食らいついていきます!

応援しています‼︎では、この1年主将兼ブロック長としてどんな1年でしたか?

松本:しんどかったです。まずは自分が結果を残さなきゃいけないし、短長をどのように引っ張ってくれたかを悩んでいて春先にパンクした。個人としては関カレでそれなりに走れて、それからはみんなに任せて、一歩引いた感じで見てた。でもみんなそれでもしっかりやってくれてるからそこまで自分が頑張りすぎることもなかったのかなって。  
本当は関カレのマイルで結果を残したかったけど。

そうだったんですね。では、後輩に受け継いでもらいたいことはありますでしょうか?

松本:短長をどうやって強くしょうとかそういうことを考えてほしい。あと、高校時代に大きな大会に出たときにどのように結果を残してきたのかなどを話したので、覚えていてほしい。
本来、短長は競走部の元気印みたいなもののはずで、、、

前山:そうなんすか。

松本:自分が1年の時は4年の先輩が部を盛り上げていた。もし仮に前山が45秒台を出すためにはエネルギッシュな感じを出してほしい。
あと、時間を守らないとよく言われるが、それも短長らしさだと思う。今のままで!

前山:髪の毛はエネルギッシュなのに、、、

ありがとうございます。では、一番の思い出は何でしょうか?

松本:一番嬉しかったのは昨年の関カレかな。
毎年そうなんだけど、関カレの時いつもすっごいプレッシャーで死にそうになりながら当日を迎えて、、、いつも春先調子悪いけど調子上がって、結果的に1部残留につながって。
自分が1年の時に降格して、そのときの4年生の思いが分かるわけじゃないけど、そういう気持ちで引退してほしくなかったから昨年は先輩のために走った。

千葉(短長の2年生):今ちょんぼしたらがくだいさんと砂場掘れますか?

松本:それはもう清水さんで!笑

お読みくださり、ありがとうございます。以上がインタビューとなります。
また、短長ブロック4年生に競走部で過ごした4年をひとことで表して頂きました。

image
左から木村(文1)、高橋(文1)、大谷(理1)、松本(総4)、重松(文2)、小林(理2)、前山(環2)

image
石塚(総4)

image
滝澤(総4)

image
上段左から、佐藤(法1)、斉藤(経1)、上野(環3)、下段左から、加藤(商4)、山田(法2)

以上です。失礼致します。
次回は投擲ブロック長へのインタビューを掲載致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です