全カレ選手紹介!短短

こんにちは!
3年マネージャーの吉田です(*・ω・)ノ

長距離の紋別合宿は続いておりますが、全カレも近づいてきております!
そこで、全カレへの出場選手を、他の選手から紹介して頂きました

普段練習をともにする選手たちから見た選手の姿をぜひお楽しみください。

本日は短短ブロックからの出場選手の紹介です!

小池祐貴(総3);100m、200m
2016-08-27-13-03-41

〇岩見隆裕(理M2、短短)より
海外選手を思わせるダイナミックな走りや、他を圧倒するような雰囲気が彼の一つの特徴であり、魅力だと思います。
見ていて鳥肌が立つような力強さと勝負強さ、これほど応援していてワクワクゾクゾクできる選手もなかなかいないのではないでしょうか?

小池と話していると他の選手とは一線を画したあの走りがとても繊細な感覚の積み重ねと探求心から作り上げられたものだというだと感じます。
より速くなるために単身アメリカへ練習しに乗り込む行動力や、陸上の先行研究を初めとした豊富な知識量は本当に尊敬します。

今年の全カレでも慶應短距離に小池有り。と思えるような会場を沸かせるレースをしてくれると期待してます!
頑張れ小池!!

小倉亮介(総2):100m
〇佐伯拓海(環2、長)より
いつも明るく、誰にでも愛される、それが小倉です。軽やかな走りのなかにも力強さがあるのが小倉の走りの特徴。
去年はタイムが出ずに苦しみ、また冬には怪我もあり、なかなか思うようにいかなかった部分もあると思います。ですが、今年に入り、自己ベストを大きく、縮めました。これは小倉だからできたことだと思います。ひたむきに練習に取り組み、夜遅くからでも自主練をし、人には見えないところでも努力している姿は本当に尊敬しています。そういう小倉だからこそ、全カレの舞台に立てるような選手になれたと思うし、全カレで戦えるような強い選手になれたと思います。
遊んでいるとき、突然走り出し、坂ダッシュをするほど、陸上のことを常に考えている小倉。彼ならば全カレで何か起こしてくれると、僕は信じています!
また、小倉は本当に勝負強いです。ここでタイムを出さないといけないというときには確実にタイムを出す強さ、そんな勝負強さにも注目です!

全カレで小倉が理想の走りをし、納得できるレースができるように願っています!頑張れ!

和田佑太(理4):200m
2016-08-27-13-10-07

〇鮫島卓臣(理3、短短)より
和田さんといえば恐らく理工学部イチの最速フィジカルモンスターでしょう。
まだまだ未公開のいじりどこもたくさんある和田さんですが、競技に関して言えば非常に真面目で、特に200mに対するこだわりは凄まじいものがあります。二度に渡る肉離れも全て前向きに捉え、徹底した分析でそれを乗り越えさらに強くなって帰ってきました。そのこだわりとその競技に対する姿勢が和田さんの強さの秘訣だと僕は思っています。
今回念願の全カレ標準を突破し、初の全カレ個人に挑む和田さんですが、もう一つの大きな「20秒台」を出すという目標が残っています。幾度となくその走りで人々に驚きと興奮を与えてきた和田さんならきっとやってくれると思います!そして(恐らく)大学院でも競技を続ける和田さんにとっては「日本選手権出場」という新たなステージへの扉が開くと思います!チームのため、そして自分のために最高の走りをきっと見せてくれるでしょう!応援しています!

上野佑太(環3):110mH
2016-08-27-13-04-12

〇ハードラー代表、中島瑞樹(理3、短短)より
昨年よりも確実にパワーをつけた上野君。
今年はついにスプリント力を身に着け着実にレベルアップしたであろう・・・。
だがしかし、今年は14秒4台で安定してしまっている。
我々一同彼が殻を破ってくれくことを望んでいる。彼ならきっとこの全国の舞台できっと13秒台を出してくれるだろう。
ハードラー一同は誰も驚かないので、ぜひほかの部員を驚かせてやってください。

男子4x100mR:岩見、飯塚(法4)、内田(環3)、山田穂(薬3)、小倉、永田(総2)
2016-08-27-11-02-41
(左下:岩見、左から永田、小池、和田、内田、山田、飯塚)

〇塩原寿周(理M2、短長)より
今年の関カレ4継はまさかの決勝9位。一番やっちゃいけないことを…と走ったメンバーだけでなく、短短のみんなが思ったと思います。だけど、そこでめげずその気持ちをバネにして、各人パワーアップしてきたのを見てきました。
この夏の4継チームは、ベスト出したメンバーも多く、なんかやってくれそうな力をひしひしと感じています!
(´-`).。oO(僕個人としては、岩見さんがもう一回表彰台に乗ってるところ見たいなぁ…)

誰が走ってもリオ並みに絶叫できる熱い4継をしてくれるでしょう!
山縣より良い色のメダルをとってやりましょー!

竹内爽香(総3):100m、200m
image

〇石田志穂里(環1、跳躍)より
LINEではかわいいスタンプをよく使い、ゆるキャラが好きなさやかさん。スタンプから伝わってくるままの方で、優しくて面白くて明るいです。しかし、走り出すと不思議なぐらいにとても速い…!!
走っている姿はとても凛々しく、かっこいいです。
また、朝ご飯の話をすると笑ってくださるさやかさん。最近は量を減らしましたが、緊張したら朝ご飯を思い出してください。納豆ご飯おすすめです!
全カレ、がんばってください !
応援していますo( ˆoˆ )o

川村知巳(総1):200m
2016-08-27-13-04-29

〇小池祐貴(総3、短短)より
川村は高校時代から世代の第一線で活躍し続けてきた今年の大型ルーキーです。
200mを得意とし、加速力やコーナーワークもさる事ながらフォームの正確さとスピード維持が目立つ綺麗なレースをします。
全国や国際大会など大舞台での経験も豊富でそのピーキングの技術には目を見張るものがあり、間近で見るとフォルムからは想像できない力強い走りでそのポテンシャルの高さを窺わせます。

楽しさやひたむきさといった芯を大切にできる子で、大学1年目の忙しい中でも同学年の仲間と共に日々笑顔の中でトレーニングを積めています。
シーズン序盤は大きな環境の変化からか上手くいかない所も見られましたが、平静に構えシーズン中盤からは本来のキレを取り戻しています。全日本インカレでは彼女本来のレースが見られるでしょう。

川村の出場レースは1.2日目の4×100mR、2.3日目の200mです。大物ですがまだルーキー、是非みんなの声援で後押ししましょう。

女子4x100mR:岩部(医6、短長)、清水(総3、短長)、竹内、足立(文2)、今井(環1、跳躍)、川村
2016-08-27-11-02-37
(左から今井、川村、足立、竹内、岩部、清水)

〇鳴釜和佳子(法2、短短)より
7月に行われた同志社戦で塾記録を見事更新し、勢いに乗りまくっている女子四継チーム!去年の冬季練習より高野さんからご指導を頂き、一丸となって練習を積んできた成果を、全日本インカレで爆発させてくれること間違いなしです。まさに、全日本インカレはエナジーバーストの瞬間!ぜひ注目して頂きたいです。
そんな女子4x100mリレーを走るメンバーは、皆から絶対的信頼を寄せられている岩部さん。実力面でも精神面でも、女子チームの一番の支えだと思います。3年生からはお2人、ママのような存在で走りもとにかくパワフルな友紀さんと、慶應競走部女子チームのエース級のエースの爽香さん。強くて速くて、普段からもとっても仲の良い友紀さんと爽香さん、バトンを繋ぐとさらにパワーアップします!2年生からは、普段の様子からは想像できない集中力と力強い走りが武器の足立梨紗。迫力満点の彼女のスタートは、四継チームに良い流れを持ってくるでしょう!!そして1年生からも2人、目で追えない速さと言っても過言でない速さで爽快に駆け抜けるともみん(川村知巳)と、跳躍も走りもピカイチなぽん(今井瑛子)!この2人の存在は、女子四継チームの重要な原動力です!「最強」という言葉が似合うこのチームを、全力で応援しています!

いかがだったでしょうか?(*‘ω‘ *)
短短ブロックからは男女計6名と2チームの選手が出場します。
今シーズン大幅にベストを更新した選手や、ベストに迫る走りを見せてくれた選手もいてとても勢いのあるブロックです!

全カレの最初の種目は4x100mRです。
決勝進出だけでなく、塾記録をも狙える布陣で臨む男女リレーチームが部にさらなる勢いをもたらしてくれることでしょう!

明日は短長ブロックの選手紹介です!
ぜひご覧ください。

失礼致します。

第85回日本学生陸上競技対抗選手権大会特設ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です