紋別合宿3~4日目

こんにちは!1年マネージャーの冨田です

前回に引き続き、紋別での長距離合宿の3,4日目の様子をお伝えします。

◎3日目(8月25日)
希望者は朝練でクロカンコースに行き、jogをしました。
クロカンコースではたくさんのひまわりが咲き、一面の緑と青い空が織りなすコントラストが美しく、朝の涼しい風を浴びながら心地良く練習が出来たように思われます。

マネブロ(クロカン)

朝食後、午前中は補強・ストレッチをおこないました。
1年生トレーナーの小野(理工1)も、この紋別合宿から選手の身体に直接触れてケアを行えるようになり、早速今まで勉強してきたケアを実践していました。

マネブロ(トレーナー)

ケアをうける加藤(法1)と、ケアデビューした小野

午後はフリーでした。たくさんの練習メニューをこなす選手にとって、心身共に休まる時間だったことでしょう。
その時間を使って、1年生と2年生以上の希望者は「北海道立オホーツク流氷科学センター」を訪れました。
マイナス20℃の世界を体感したり、凍るシャボン玉に触れたり、クリオネを観察したり、中には流氷博士(!?)の称号を手にした部員もおり、各々が施設を楽しみ、紋別でしか味わえない体験をしていました。

マネブロ(流氷科学センター)

マイナス20℃の中で展示物を熱心に観察する部員たち

◎4日目(8月26日)
今朝も希望者がクロカンコースで、その他はホテルの近くでjogをして体力作りを行いました。私も短い距離ですが軽くジョギングをして、紋別の朝を体感してきました。
午前中は昨日と同じように補強・ストレッチを各自でおこないましたが、途中から雨が降ってきたため皆早めに切り上げていました。
紋別に来てから天気が良く、割と暑い日々が続いていましたが、今日は雨が降ったからか長袖が必要なほど寒かったので、体調を崩さないように気を付けたいです。

午後はゴールドラッシュにて、紋別合宿の中でのメイン練習である26km走が行われました。
あいにくの雨でしたが、選手達はA、B、Cの3つのチームに分かれて怪我なども無く無事26kmを完走しました。
マネブロ(26km走)

マネブロ(26km走2)

26km走を行う選手たちの様子

合宿ももう日程の半分が過ぎようとしています。
普段とは違う穏やかな気候のもとで、たくさんの人たちに支えられつつ強度・質の高い練習ができることに感謝しながら、残りの合宿も全力で頑張っていきたいと思います。

この紋別合宿と平行して全カレ、早慶戦が近づいてきました。このブログでは引き続き合宿の様子をお伝えすると同時に全カレ出場選手の紹介なども行っていきますので、次の更新もお楽しみに(*^^*)

それでは失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です