慶同戦5日前!100、400m選手インタビュー②

こんにちは。1年マネージャーの冨田です♪
引き続き、慶同戦100、400mに出場する選手のインタビューをお届けします!

まずは男子100mの内田貴一(環3)、永田駿斗(総2)です!

冨田:お二人は関カレに出場されていますが、関カレが終わってから現在までの調子はどんな感じですか?
内田:正直あまり調子は良くないんですが、復活の兆しは見えてきているから、同志社戦をそのきっかけにしたいです。
永田:関カレで結果が出ず、萎えて自信を無くしたんですが、気持ちを切らさずやってきて、今は普通にそのまま調子を整えられています。

冨田:慶同戦で同じ種目に出る選手にコメント等ありますか?
内田:100mは戦力分析で6-0予想だから、3人仲良く6点獲りましょう(笑)内訳はどうなるかわかりませんが…
永田:自分は一番年下なので、先輩2人がやってくれるだろうなぁという気持ちです。
内田:いや、思ってないな~絶対俺が余裕で1番獲るって思ってるだろ(笑)
永田:先輩2人がカッコいいところを見せてくれると信じています笑笑

冨田:頑張ってください!では次の質問に移らせていただきます。慶同戦などの公式戦と普段の記録会などではやはり気持ちに差が出てくると思うのですが、違いについてお聞きしたいです。
内田:Kマークを着ると自然と気持ちが高ぶります。
冨田:和田さんもおっしゃっていました。
内田:そうそう。Kマークを着ている以上はベストなパフォーマンスを出さないといけないので、そこは普段と違うところですね。
永田:公式戦には雰囲気があって、勝たないといけない責任があるから、独特というか新鮮というか…記録や順位を狙うには良い環境だと思います。記録会は雰囲気が無いし、記録も出ないし…

冨田:ここは誰にも負けない!など自分の注目してほしいポイントがあったら教えてください。
内田:気合い!!気持ちは人一倍強いです(笑)
永田:スタートしたときからもう1位を独占状態!

冨田:しっかり見ておきたいと思います!ところで慶同戦で自分の出場種目以外で注目している競技や選手はいますか?
内田:最初の5000mに期待したいです。昨日も良い記録がたくさん出たし、良い流れを作ってほしいです。
永田:幅の伊藤(総2)かな。ベストは良いのにずっと記録が出ていないので、慶同戦で爆発してほしいです。合宿所民だし、ずっと一緒にいる同期ということもあってそろそろ頑張ってほしいと思います。

冨田:最後に慶同戦に向けての意気込み、目標等ご自由にどうぞ!
内田:100mは最初の方なので最低限6-0をしっかり獲って、それ以上に記録などそういうものを目指していきたいと思います!
永田:今回は小池さんが走らないので勝たないといけないという責任を感じています。なのでその責任をしっかり果たせるように頑張りたいと思います!
冨田:目標が達成できるように頑張ってください!応援しています!!

内田さん永田さん

前:内田さん、後ろ:永田さん

最後は女子400mの清水友紀(総3)、カラザーズ圭菜ヴィヴィアン(総2)、女子100mの竹内爽香(総3)の3人のインタビューです。どうぞ!

冨田:関カレという大きな公式試合の後から現在に至るまでの調子をお聞かせください。
カラザーズ:昨年に比べ練習が積めているので少しずつ自己ベストに近づいてはいますが、なかなか思うような記録は出せていないので頑張りたいです。
清水:私は400mHの全カレ標準切りを目標にやっています。同志社はハードルではなく400mですが、そっちもしっかりと記録を狙って全カレ標準切りの勢いに繋がればと思います。
竹内:関カレが終わってから1ヶ月くらい連続で試合に出ていたのですが、調子の良い時と悪い時の波があったので、慶同戦にはうまく合わせられたら良いと思います。

冨田:同じ種目に出る選手についてコメントはありますか?
カラザーズ:友紀さんはここ最近調子がぐんぐん上がってきていて、期待大なので応援しています。ガッツで頑張ってください!
清水:ありがとうございます!照れるよー(笑)圭菜は…持ち味である後半の粘りが怖いので、先輩として負けないように頑張ります!ワンツーフィニッシュしようね!
竹内:ともちん(川村知巳)は、身長高いし長いし見るからに速そうですが、どんどん調子が上がってきて、良い状態で来ていると思うので二人で精一杯頑張りたいです!

冨田:自分の「ここは誰にも負けない!」という部分や、慶同戦で注目してほしい部分を教えてください。
カラザーズ:最後まで粘るところです!
清水:前半の突っ込みです!
竹内:逆じゃん(笑)
清水:それが良いんだよ(笑)
竹内:見てほしいポイント…10mあたりで!起き上がってからの加速を見てほしいです。

冨田:公式戦はやはり普段の記録会等とは違う気持ちになると思うのですが、どういう気持ちになりますか?
カラザーズ:公式戦は記録会と比べて代表という責任感があるので緊張はしますが、それと同時に応援席の声が励みになるので頑張れます。
清水:同じで(笑)
竹内:竹内も同じです(笑)公式戦は緊張するけど楽しいし、それでも失敗できないという気持ちもあって…でもやっぱり楽しい気持ちが強いです!

冨田:楽しむというのは一番大切な気持ちかもしれませんね!慶同戦の自分の出場する以外の種目で楽しみな選手はいますか?
竹内:はい!清水さんです!この間ラップで55秒4を出していたので、全カレ標準切りに期待できると思います。
カラザーズ:個人的には瞳さん(齊籐瞳(総4))が全カレ標準切りを狙っているので、ぜひ切ってほしいという気持ちです。
清水:女子のリレーにご注目ください。塾新記録を狙っています!
竹内:圭菜の長い足にご注目ください(笑)
清水:圭菜の美しいハードルさばきにご注目ください(笑)

冨田:どの種目も見逃せませんね!それでは最後に慶同戦への意気込み、目標などご自由にどうぞ!
カラザーズ:シーズンベスト…というよりは自己ベストを更新して、友紀さんとワンツーフィニッシュできるように頑張ります!
清水:全部勝ちたいです!点を獲らせないという気持ちで。あと自己ベストを出すことと、塾新記録!
竹内:公式戦なので順位にこだわって、皆で頑張りましょう!
冨田:出場選手、応援側一体となって慶同戦勝ちに行きましょう!

ゆきさんさやかさんけいなさん

前:清水さん、中央:竹内さん、後ろ:カラザーズさん

インタビューに答えてくださった選手の皆様、お忙しい中本当にありがとうございました!
複数人でのインタビューは終始和やかな雰囲気で進み、皆さんがリラックスして慶同戦に向かっていることを感じることができました。

次は1500、5000mに出場する選手のインタビューです(*^^*)お楽しみに!
それでは失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です