関東インカレ前日!

こんにちは。
3年マネージャーの鈴木です。

とうとう関東インカレ前日となりました。
S__19308585

今はワクワクとドキドキの気持ちが交互に胸に去来しています。

関東インカレ出場選手への応援メッセージ特集はいかがでしたか?
選手の方々にとって、少しでも心の支えになっていれば光栄です。
私は個人的に、更新されるブログを読むたびに泣きそうになるのを必死にこらえていました。
その理由を考えると、やはり
「出場選手の血のにじむような厳しい練習、好調の時期や不調の時期をずっと見てきたこと」
「部員同士が、ずっと切磋琢磨して競技力を高めてきたのを間近で見てきたこと」
が挙げられると思います。

この2年間、日吉の陸上競技場には常に、練習が終わってゴール付近で苦しそうに座り込んだり倒れる様子だったにも関わらず、その数時間後にはトレーニング室でまたきつそうなメニューに取り組む選手の姿・1日かけてブロック全体で強化練習に取り組む選手の姿・また高校では目立った実績がなくても、関カレの切符を掴む為に必死に練習する選手の姿がありました。
私は陸上競技の経験がない身なので、苦しみを共有するどころか想像も完璧にはできていないかもしれません。
そのあまりのハードさに「頑張れ」という言葉が口に出せず、ただ黙って見守ることしかできない日も多くありました。

だからこそ、そのような過酷な練習を乗り越えてきた選手の皆さんには、「仲間からのメッセージを胸に、関カレと言う大舞台で、楽しみつつも全力を出し切ってほしい」と心から思わずにはいられません。
明日からは、私たちサポートスタッフができることは限られています。
しかしながら、私たちをこんなにも楽しく豪華でハイレベルな大会に連れてきてくださった選手の方々への感謝の気持ちも込めて、できる限りのサポートと、どこの学校にも負けない熱い応援をしたいと思います。

部の目標である「両インカレ(関東・全日本)総合入賞」「関東インカレ女子総合20点」を達成し、5日後に全部員が笑って閉会式を迎えられることを今から楽しみにしています!

最後になりますが…
今年、全ブロックの目標にも関カレに関する目標が入っています。
そちらも改めてご紹介致します。
短短「関東インカレ20点 男女四継表彰台
短長「男子マイル両インカレ5位3’07″00、女子マイル関東インカレ決勝進出3’45″00
中距離「関東インカレ6人エントリー8点
長距離「女子関東インカレ得点
跳躍「関カレ全種目入賞
投擲「関東インカレ5人以上出場・8点以上獲得
OB・OGの皆様、応援してくださる皆様、現地まで足を運んでくださる方も現地では応援できない方も、これらの目標に向かって戦う選手たちを激励して頂ければ光栄に存じます。
温かい応援の程、よろしくお願い致します。

それでは明日から、慶應義塾大学體育會競走部は日産スタジアムで一丸となって戦って参ります!
選手たちの活躍に、ご期待ください!
内観

それでは失礼致します。

第95回関東学生陸上競技対校選手権大会特設ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です