慶同戦3日前!長距離ブロック編

こんにちは!
1年マネージャーの林です

慶同戦3日前となりました。
新ブロック長インタビュー4回目の本日は、長距離ブロック長・板橋正寛さん(理3)のインタビューを掲載させて頂きたいと思います!

image

長距離ブロックからのエントリー選手をご紹介致します。

<男子5000m>
下川唯布輝(環2)
武田和徳(法1)
根岸祐太(経1)

<女子1500m>
藤澤いちご(法2)
坂口真子(文1)

―今回の慶同戦正選手の紹介をブロック長からお願いします。
下川は去年のうちに14分台を出して、今年は2年生として1年生を引っ張ってくれています。夏合宿でも力をつけて精神的にも実力的にもエースとなっているので、慶同戦でもしっかりやってくれると思っています!

武田は合宿を見た感じだと同じ1年生の永野(文1)や佐伯(環1)と誰を選ぼうか迷ったんですけど、スピードがある武田を選びました。その期待に応えてくれたのが予選会です!かなり良い走りをしてくれたのでますます期待しています。

根岸はもう申し分ないです。今流れがきていると思うので、この勢いを切らさないように頑張ってほしいです!化け物ルーキーなので、活躍してきてくれると思います!笑

いちごちゃんも先日関カレの標準を切ったということで、ちょっと自分に自信がなかったりするところがあるんですけど、自分のことをもっと認めてあげて頑張ってほしいと思います。

真子ちゃんは最近練習が上手くいかなくて悩んでるところも見受けられるんですけど、力はやっぱりあると思うし、関東女子駅伝でも良い走りができていたので期待しています!

―慶同戦へのブロックとしての意気込みをお願いします。
予選会はもちろん長距離がいちばん活躍できる公式戦なんですけど、対校戦である早慶戦、六大、慶同戦の中で慶同戦は長距離が得点できる場があるので、今回は存在感を示していきたいです。あと選手には点争いに絡めるという経験をしてきてもらいたいです!

―では、板橋さんがブロック長になって最近意識していることはなんですか?
まず、今までブロック内で話してこれていなかった人がいるので、そういう人たちと意識的に話そうと思っています。あとは予選会が終わったあと前ブロック長からこのブロックを預かる形になったんですけど、そこから少し怪我を気にしている選手が見られるので、そういう選手に気を配るようにしています。行く行くは3年生全体で怪我の管理などをできるようになれば良いなと思っています!

―板橋さんは長距離ブロックをどのような雰囲気にしていきたいですか?
後輩に引っ張られすぎない感じにしたいです。後輩の勢いが今とても強いので、それに負けじと僕たちの代と来年は下川たちの代も含めて高めあっていけるブロックになれば良いなと思います!

―では最後に、ブロックから少し視野を広げて部全体を見たとき、今の部活をどうしていきたいですか?
松本(総3)が主将としていつも言っている「覚悟」を、上の代だけじゃなくて部員みんなが持って、全員が積極的になればもっと良い部になると思います。今が早慶戦2連覇して部全体が成長してきているところなので、この成長を継続的なものにすることを目指していければなと思っています。「来年も再来年もさらに強く」ということを目標にしていける競走部にしたいです!

インタビューは以上となります。

板橋さんへのインタビュー中は、長距離ブロックの選手や他ブロック長も話に加わってくださり、そのようなところからも板橋さんの人望の厚さを伺うことができました。
先月の予選会後に代交代したばかりの長距離ブロックですが、板橋ブロック長のいう先輩後輩が高めあっていけるブロックに成長していくことを、私も今からとても楽しみにしています

自己ベストを更新したり、関カレ標準を切った選手も出場する長距離ブロックの慶同戦での活躍をぜひご期待ください
当日はご声援の程、宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
明日はいつも明るく部を盛り上げてくださるブロック長をご紹介致します
是非ご覧ください!

以上です。
失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です