早慶戦4日前 2年生選手紹介!

こんにちは。
2年マネージャーの吉田です(。・ω・)ノ゙

全カレが終わったばかりですが本日新幹部の発表もされ、部の大きな目標であると同時に代交代である早慶戦も着々と近付いております。
早慶戦まで4日と迫った今日は2年生の選手を紹介したいと思います
昨日に引き続き「あなたにとっての早慶戦とは?」を一言で表してもらいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

小池祐貴(総2):100m、4x200mR
image

2年生ながら競走部を代表し、先日行われた全カレでも100m、200m、4x100mR、4x400mRにおいて入賞を果たした小池。
ユニバーシアードやアジア選手権など大きな舞台でも結果を残してきている選手です。
今回の早慶戦も「根性」という言葉が表しているように、力強い走りを見せてくれることでしょう

内田貴一(環2):100m、4x200mR
image
(左から内田、塩原(理M1)、塩津(環2))
昨シーズンの怪我や不調を乗り越え、今シーズンは関カレに個人で出場、全カレで4x100mRの2走をつとめるなど、確実に力を取り戻してきています
短短ブロックとしての、そして貴一自身の「意地」を見せてくれるのではないでしょうか。自己ベストを更新する走りに期待です!!

塩津和輝(環2):400m
一般入試で入学したにも関わらず今年度は関カレや全カレ等の公式戦にも出場し、着実に力を付けている塩津。自分の走っている姿を何度もビデオで確認する姿からは彼の競技に対する想いを感じます
走り始めると普段の穏やかな話し方、表情から一転、長い手足を生かしたダイナミックな走りをみせてくれます。
全カレでの4x400mR決勝の自分の走りに納得がいかず、悔しさを滲ませていた彼ですが、早慶戦では自分が納得できるような走りができることを願ってやみません

山田穂高(薬2):4x200mR
image

薬学部ということもあり、勉学との両立も大変そうではありますが200mで関カレB標準を突破するなど陸上にもとても力を注いでいます。
平日の部活では夜遅くまで練習している姿がとても印象的です。
「継」という漢字には短短ブロックでバトンを繋ぎ、勝利へ向かうという意思が現れているように感じられます

中谷浩崇(理2):1500m
image

去年の早慶戦1500m覇者である中谷。彼のあの走りが慶應の勝利を引き寄せたといっても過言ではありません
そんな中谷にとっての一言は「団体戦」。去年の勝利は中距離ブロック全員で掴んだ勝利だったことを表しているのでしょうか。
自己ベストを更新する準備は出来ています。去年の何倍も実力をつけた中谷の走りにご期待下さい!(*´∇`*)

高橋大輔(総2):1500m
image
(左から加賀見(法2)、高橋)
公式戦初エントリーとなる高橋。普段はポーカーフェイスで表情が読みにくいですが長距離のメニューから中距離のメニューまでこなすなど、競技にかける情熱は熱いです
岡田さんと共に長距離ブロックを背負って早慶戦に望みます

加賀見康晴(法2):円盤投

加賀見は2年では投擲ブロックに所属している唯一の部員です
毎回の投擲を細かくビデオで確認し、遅くまでフォームの確認をするなど競技に対して真剣に、貪欲に向き合っている選手です。
早慶戦の連覇に向けては投擲種目での勝利は欠かせません。想いのこもった投擲をみせてくれることでしょう!

上野佑太(環2):110mH
image

去年度は長い間怪我に苦しみましたが今シーズンの上野は一味違います。
普段は飄々としていますが試合や練習となると真剣な面持ちに一瞬で変化します。
自己ベストに近いタイムを何本も出し、全カレの標準を標準締切最終日に突破するなど、確実に強くなってきているのではないでしょうか
格上相手にも揺るがない勝利に対するこだわりが表れているひとことです(・∀・)つ

鈴木喜成(商2):走幅跳
image

本職である三段跳では14m99の好記録を出すなど、調子が良い選手の一人です。
見ているこちら側が疲れてしまうくらいに練習も試合も全力で取り組んでいます
今回は補欠でのエントリーですが、正選手となっても鈴木らしい、全力の跳躍をみせてくれることでしょう!

三上良英(環2);走幅跳
image
(左から森(法2)、三上)
今年度の関カレでは自己ベストまであと4cmみに迫る跳躍を見せてくれた三上。
ここ数ヶ月は怪我に苦しみましたが、「Chance」という言葉が表すようにこの経験をもChanceに変えていってほしいと思います
怪我を乗り越えた彼の跳躍に期待です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

森慶太(法2):走高跳
腰の痛みと戦いながらも真摯に自分の跳躍と向き合い続けている森が選んだ一言は「勝負」でした。
正選手として公式戦にエントリーするのは初めてです
優しい表情に隠された熱さを、ここ一番というところでの勝負強さをみせてくれることでしょう!

いかがだったでしょうか。
選手一人ひとりの個性溢れる姿を楽しんで頂けたでしょうか

明日は3年生の選手の紹介を紹介致します。
どうぞご期待下さい

それでは失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です