2015全日本インカレ 2日目当日特集

男子100mで小池が4位入賞!!

男子100mで決勝進出を決めていた小池祐貴が、10”43(+0.5)で4位入賞を果たしました。
会場全体が静まり返る中、号砲とともにスタートした男子100m。スタートでは少し出遅れたかのように見えます。しかし、小池の強みである中間疾走から後半にかけてよい伸びを見せ、最後まで自分の走りを全うすると、強者ぞろいの中見事堂々の4着でゴールしました。
今シーズンはケガで思うような結果を残してこれずにいた小池。4×100mRや準決勝進出を決めた200mもあり過密スケジュールの中、その強さを見せてくれました。


客席からの声援にこたえる小池

男子4×100mR 8位入賞

男子4×100mR決勝では、予選と同じ永田-内田-吉田-小池のオーダーで挑み、40”19で8位入賞致しました。
まず1走の永田は、昨日からの好調ぶりを今日を見せ、素晴らしいスタートを切ります。やはりエースの集まる2走では内田が何とか周りに食らいつくと、3走吉田は素晴らしいコーナリングを見せます。4走の小池はこれまでの疲れを感じさせない走りで前を猛追し、順位を上げることはできませんでしたが、強豪校の中で堂々の入賞を果たしました。
1,2年生中心のオーダーとなった今回の4×100mR。今後まだまだ可能性を秘めた彼らは、来年のインカレでまた一回り二回り大きくなって楽しませてくれるでしょう!


1走永田から2走内田へのバトンパス

女子やり投森、男子4×400mR決勝へ進出!!

ヤンマーフィールド長居で行われた女子やり投予選。関東インカレでも4位に入賞していた1年の森が、予選通過記録51mを突破、塾新記録、日本選手権A標準突破、PBとなる53m74を投げ、明日の朝行われる決勝進出を決めました。アップの段階からよく体が動いていた森。1投目から48m15と好記録を残します。続く2投目。とにかくスムーズにスピードに乗った助走から放たれたやりは、予選通過ラインを大きく超える位置に落ち、53m74、自己ベストを大幅に更新する大記録となりました。この記録は予選通過者の中で3番目の記録です。明日行われる決勝でも更なる記録の更新及び上位入賞が期待できます!


三橋アドバイザーから助言をもらう森

昨年優勝をしている男子4×400mRは、塩原-茅田-塩津-前山のオーダーで出場しました。1走塩原は自分の走りをして良い位置でバトンを渡すと、2走茅田はオープンレーンでの巧みな位置取りと後半の粘りで3位でバトンパスをします。3走塩津は順位をキープしながら、前を走る選手にうまくついていくと最後の直線では意地を見せ、一人かわし2位で4走につなぎます。そしてアンカー前山はスタートで良い飛び出しを見せると、混戦の中でも最後まで気持ちの入った走りを見せ、最終的には組三着でのゴールとなりました。結果、プラス同着3着で見事決勝進出を果たしました。


素晴らしいラストを見せる3走塩津

両競技とも慶應に勢いをつけ、盛り上げてくれること間違いなしです。ご期待ください。

明日は最終日となります。まだ他にも多くの決勝種目も残されています。全員が現地入りできているわけではありませんが、最後までチーム一丸となって戦ってまいります。引き続きたくさんの応援、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です