関東インカレ第2日目:当日特集

関東インカレ第2日目が終了しました。
本日第2日目に出場した選手たちの模様をお伝えします。

ルーキー大活躍!!

男子400mには、昨日ベストを更新する走りを見せた1年生前山が準決勝に出場しました。序盤から積極的な走りで他校と接戦を繰り広げ、46″86で組5着と決勝には進むことは出来ませんでしたが、またもベストを大幅に更新し、全日本インカレA標準、日本選手権B標準を突破しました!1年生らしい勢いある前山は、明日以降400mHと4×400mRにも出場します。明日以降も彼の走りに期待です!

女子やり投げには先日塾記録更新を達成した1年生森が出場しました。3投目に49m16を投げ自己ベスト、そして自らが持つ塾記録を更新し6位でトップエイトに残りました。続く4投目ではスタンドから「若き血」が熱唱される中、51m31とさらに塾記録を更新しました。5投目には51m30を投げ3投連続で従来の塾記録を上回る投擲を見せてくれました。最終的に全体4位まで順位を上げ、5点取ってきてくれました!!

十種競技健闘!

昨日から行われている十種競技には、4年佐藤丞が出場しました。関東インカレ直前に標準を突破した佐藤、他大学のライバルたちと2日間戦い抜きました。2日間で行われるこの種目は、その過酷さもあり、応援にも力が入りました。佐藤の走り、投擲、跳躍は慶應チーム全体を奮い立たせてくれました。

明日以降も慶應から多くの選手が出場します。連戦となる選手もおり応援が力になります。
明日も熱いご声援をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です