六大1日前!

こんにちは!
新4年マネージャーの田島です。
競走部としての今シーズン初戦となる東京六大学対校戦が、とうとう明日開催されます
連日お届けしている各ブロック長へのインタビュー特集も、本日が最後となりました!
今回は投擲ブロック長である海老原(総新4)にインタビュー致しました

投擲ブロックのみんな
image

後ろ左から:氏原(環新4)、平井(理新M2)、堀内(環新4)、海老原(総新4)、村川(法新3)、齊藤(総新3)、小林(総新3)
前:加賀見(法新2)

田島(以降:田):ではまず、投擲ブロック全体としての冬季練習の振り返りをお願いします!

海老原(以降:海):投擲ブロックは人数が少ないですが、そのような中でもみんなすごく良くやってくれたと思います!!
ダナさん(前投擲ブロック長)が引退されてからは、特に強い選手が抜けてしまった印象があるので、チームみんなで頑張っていこうという意識を持ってこの冬季を乗り越えて来たと思っています

田:今年の冬季はみんなでサーキットをしたりと言った新しい試みもあったけど、それも”チーム”を意識してということかな??

海:そうだね!新しいことをやるということに関してはそれなりに反発があるのは分かっていたので、そこでいかにみんなに納得してもらうかとということに関しては苦労したところでもあります。
でも今はみんなそれなりに納得してやってくれている感じがするので、良かったかなと思っています!

田:じゃあ今年の冬季のチームとしての成果は、”チーム感が生まれた”ということが挙げられるのかな?

海:そう思います!去年までは僕自身、ダナさんであったり齊藤といった一部のメンバーとしか会話が生まれていなかったこともありました。ですが今では氏原や村川、加賀見など、メンバーみんなと話せるようになって「自分一人じゃないんだな」と思えるようになりました。また、途中から入って来られた平井さんの存在もすごく大きくて、とてもお世話なりました。みんなが良くやってくれた冬季だったと感じています

田:次に、冬季を経てえびちゃんが「この選手はいける!」と期待しているメンバーはいますか??

海:平井さん

田:その心は!!

海:平井さんはこの冬季、すごく貪欲に練習されていたし、いつも僕の意見を引き出してくれる存在です。話をすることで、平井さんが僕の幅を広げてくれるし、平井さん自身の幅も広がったのではないかなと思っています。
就活で忙しくされている時もありましたが、その後はずっと僕と一緒に練習して下さっていました。このようなことを踏まえて、今シーズンは平井さんに期待しています!

田:では、今度はえびちゃん自身の話に移ります!六大を間近に控えていますが、冬季を経ての仕上がりはどうですか?

海:調子は悪くないと思います!!関東インカレも近づいて来ていて、ピークをそこに合わせるためにも、なるべく早く仕上げないといけないと思います。そのために六大も全力で臨みますし、ベストパフォーマンスができるように頑張ります!

田:冬季もしっかり練習を積めたのかな??

海:そうだね!大きな怪我もせず冬季を乗り越えられたのは大学に入って今回が初めてだし、良くできたかなと思っています。
収穫があったかどうかはまだ試合に出てみないと分からないけれど、僕の成果はチームの成果にも繋がって来ると思うので、六大に出たことで関東インカレに向けてまた何か得られるものがあればいいなと思っています。

田:投擲チームとしては、この六大はどのように臨んでいきたいですか?

海:六大を初め、早慶戦や同志社戦といった対校戦は投擲が持っている得点よ比重が大きな試合だと思っています。小林は専門種目であるハンマーがないのでかわいそうなところもありますが、チームとしてモチベーションを高く持ってやっていれば、部の得点に活きてくるのが実感しやすい大会なのでみんなで頑張って行ければも思っています。ただの通過点ではなく、チームとしての成長の過程だと思ってみんなには頑張って欲しいと期待しています

田:今シーズンの全体・個人での目標はありますか?

海:一番正選手として出られる人数が多いのが早慶戦だと思うので、早慶戦でなるべく多くの得点を取ってくるというのが最大の目標です。投擲ブロックとしての目標は、関東インカレで入賞者を出すことと、早慶戦で全投擲種目で勝利をすることの2つなのでそれに向けてみんなで頑張っていきたいです!
個人としては、まずは4年ぶりの自己べスト!! そして関東インカレ入賞や早慶戦優勝を目指したいと思っています。

田:では最後に、六大当日に応援して下さる方々に向けてメッセージをお願いします!!

海:投擲種目の応援は、あまり面白くないところもあるかもしれませんが、投擲ブロックのメンバー全員が成長したなと思ってもらえるような投擲をできればと思います!みなさん応援よろしくお願い致します!!

今回は投擲ブロック長である海老原にインタビューを致しました。いかがでしたでしょうか??
この冬季は、チームとしてはもちろんのこと、海老原自身にとっても変化の時期であったと思います。今までの海老原は、どちらかという一人で黙々と練習に打ち込むタイプでしたが、今ではチームのみんなと意見を交わしながら日々練習に取り組んでいる様子がマネージャーの私としても感じられます最近の全体集合でも、チームで頑張ることができている今が競走部生活で一番楽しいと言っていました厳しい練習を経てまた新たに成長した投擲ブロックにどうぞご期待くたざい!!

明日はいよいよ東京六大学対校戦当日です
あいにく快晴とはいかないようですが、今年は初めての日吉グラウンドでの開催です雨予報もだんだんと曇り予報に変わって来ているので、一人でも多くの方に足を運んで頂き、頼主将率いる新しい慶應競走部の活躍を見て頂ければと思います

今回は以上とさせて頂きます。
失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です