六大5日前!

こんばんは、3年マネージャーの田中未来です
昨日に引き続き六大に向けたブロック長インタビューをお送りします。
本日は短長ブロック長の岩部佳穂(医5年)にお話を伺いました

image

前列右が岩部

田中:ではまず六大に対しての想いをどうぞ
岩部:根本的な構造的に女子が出場できないので、ぜひ今後は女子も出場できるようにしてほしいです。

田中:短長の仕上がりはどうですか?
岩部:元気あふれるブロックなので特に若い子中心に爆発してくれると思います。若手の注目株は塩津です。前山もかなり良さそうなのでぜひ注目してください。

田中:今回の4x400mR(通称マイル)はどうですか?
岩部:今年は他のブロックから人を借りていて、短短から和田、中距離から村上が選ばれているのですが、そういったブロックの垣根を超えたメンバーでもタイムを出せるのがチーム全体の強さだと思っているので心を一つにして頑張ってほしいです。
400mを走れる、マイルに出るっていうのは他の種目にとっても競技力の向上につながると思うので、マイルを見てもらって400m専門とかに限らず慶應の全体的な競技力の高さのアピールになればと思っています。

田中:六大はシーズン初戦にしている選手も多いですが、今年の冬期練習はどうでした?
清水(総1年):つみました・・・!笑
岩部:つんだよね・・・。笑 すごく順調につめたのかなって思います、あいた週とかもあまりなく、距離もどんどんのばせて良かったのかなって感じます。

田中:では岩部さんの注目選手をどうぞ!
岩部:400mHの松本も今年は体も大きくなって、動きもまた一段と良くなっているから、ここで良いタイムだして今後の大きな大会にもつなげてほしいですね。
あとはマイルもとても楽しみですね。去年は圧倒的に強かったけどやっぱり400mのチームっていう感じが強かったから、今年は村上とか和田とか他の種目の人がいるからまた新しいレース展開が見られるんじゃないかと思います。

田中:関カレを見据えた上での六大について教えてください。
岩部:今回あえて院生を選ばなかったんですけど、それはやっぱり関カレを意識していて。厳しい戦いになるっていう見方をしている人も多いと思うんですけど、実力的には今年もそろっていると思うし、今回の六大で勝つことがその自信にもつながると思うので初戦とはいえど他大の選手に勝っていくという姿勢で臨んでほしいと思います。

田中:ずばり六大での短長の目標は?
岩部:40秒走のねばりで勝ち抜く!!!

田中:では最後にメンバーへの一言
岩部:やじってほしければ私に言ってください!私は応援統括として頑張ります!

幹部の中で唯一の女子である岩部さん。女子は残念ながら六大学には対校選手としては出られませんが、ブロック長として選手を代表して想いを語っていただきました。短長は昨年までと選手層ががらりと変わり、若いチームです。マイルもブロックの垣根を超え今までにない新しい魅力があふれるものになると思います。そんな新生短長ブロックの走りを楽しみにしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です