予選会5日前!選手インタビュー③

こんにちは。
4年マネージャーの齋藤です(*・ω・)ノ

予選会まであと5日!本日も予選会選手のインタビューをお伝えします
二人とも公式戦インタビューは初めてということで、初々しいインタビューになっております。
どうぞご覧ください

荘林豪(総2)
85566a85.jpg

―今年初選出ですが、予選会メンバーに選ばれた時の気持ちは?
練習的には14人には入るかなというレベルでできてたので、ビックリという感じではなかったんですけど、
1年前は予選会メンバーに入るということすら考えてなかったので、変わったなあと思いました。

―中距離から長距離にブロック移動したのが今年の1月ですが、距離や環境の変化にどう順応しましたか?
ちょうど1月2月はハーフが多く、長距離は30㎞などの距離走の練習がほとんどで全て参加するのは無理だったので、
少し距離を減らしながら混ざるようにしてました。
粟田さんも徐々に入れるようになればいいよ、っておっしゃってくださっていたので、最初は5000からという気持ちで焦ることなく慣れることができました。

―実際入ってみて、長距離ブロックはどうですか?
居心地はいいです。
でも、長距離は夏前から夏終わりにかけてほとんど試合も出ないで練習を積んで、その分冬もオフって感じにもならないですよね。
なので夏は結構きつかったです。

―夏は合宿も続いて体力・精神的にきつい練習が多かったと思いますが、うまく過ごせましたか?
3回合宿があって、1・2次はいい意味で「普通」にできて、3次で実践的な練習が増えてくる中でちょっとボロがでたかな。。。
でも総合的に見たら、うまく過ごせたかなとは思います。

―調子はどうですか?
今は…いいですね。1か月前あたりは合宿の疲れもあって一度調子が落ちてしまったんですけど、
もうそこで落ち切って今は上昇傾向なのでうまく合わせられると思います。

―緊張はしてる?
全然してないです。
―そうなんだ!しないタイプ?なんで緊張しないの?
しないタイプですねー。なんでだろう…
良く言えば「いつもどおり」で、悪く言えば「緊張感がない」んですよね。
あまり深く考えないというか…レースのイメージは考えるんですけど、だめだったらどうしようとか悪い方にはあまり考えないからですかね。

―当日どんなレースがしたいですか?
粟田さんと板橋はどんどん行くと思うんですけど、逆に僕らはしっかりペースを守って堅実な走りができればと思います。
びっくり!みたいなタイムは出ないと思うんですけど、しっかり走って納得できればいいなと思います。

目標タイム&慶應内のライバルは?
66分30秒です。ライバルは…中野(商2)と山根さん(経4)ですかね。
山根さんは、合宿では違うチームだったのであまり一緒に走ってはないんですけど、
3次から僕の調子が落ちて山根さんの調子がすごく上がってきて、山根さんが上がってきてるのみて、あーやばい!って思って頑張ったりしてたのでそれで負けられないなと思います。
中野は同志社戦のオープンでもバチバチやって、彼も3次で走れなかったけど今絶好調だと思うので負けないように頑張ります。

―では、最後に応援してくれる人たちと一緒に走るメンバーに一言!
初出場ではあるんですけど、やることしっかりやって堅実な走りをしたいと思います。
走らない人たちも含めて長距離ブロックなので、全員で戦ってきたいと思っています。
走っている時は応援がとても力になるので朝早くから大変ですが応援よろしくお願いします。

荘林は昨年は中距離ブロックに所属し、今年のはじめから長距離に移動しました。
練習や環境が変わる中でも彼なりのやり方でうまく順応し、練習を積んできました。
彼が何度も言うように、堅実に、飄々と練習をこなす姿は2年生とは思えないほど頼りがいがあります
調子を落としながらもしっかり予選会には合わせてくるところもさすがです
仲間思いな荘林のKマーク姿での走りに期待しましょう

中野真志(商2)
28560a96.jpg

―中野も今年初選出ですが、予選会メンバーに選ばれた時どう思いました?
去年も途中入部してからメンバー入りは狙っていたしできるだろうという気持ちでいたんですけど、
去年は全然走れなくて入れなくて、実際に予選会を見て「来年は必ず走りたいし入らなきゃいけないなあ」と思っていたので、とりあえずホッとしています。

―冬から春先にかけては怪我に苦しんでいたと思うけど、怪我が続く中でどうやってモチベーションを保っていた?
そうですね…12月に怪我をして、その時は休めばすぐに治ると思っていたんですけどなかなか治らなくて、
1・2・3月のハーフも走れなくなったときはモチベーションを保つのも大変で本当につらかったですね。。
距離走がずっと続いて皆が基礎を積んでいる中で、何もできない自分が情けなかったし不安でした。
それでも頑張ってこれたのは宮岡の存在が大きかったですね。
宮岡もずっと怪我が続いて走れないでいたのに、折れることなく努力し続けてる姿を見て、
自分がこれくらいでダメになってちゃだめだなぁって思っていました。
あとは、4月からはもう切り替えて、途中入部したつもりでゼロから作り直そうって思って走りました。

―夏の合宿を通しての練習はどうでした?
4月に復帰してから2次合宿までは順調でした、ずっと。
ただ、3次合宿の紋別行く前に貧血が発覚して、紋別では全く走れずただバカンスに行ったような感じになってしまって…
でも気付いたのが早かったのですぐに治って、ここまでまたうまくもってくることができました。

―じゃあ調子はいいですか?
いいです!(キッパリ!)

―緊張はしてる?
緊張はありますね…(笑)
してないって自分に言い聞かせるんですけど、やっぱり試合が近づくと緊張を実感しますね。。
―緊張解消法は?
うーん。。長距離ブログにも書いたんですけど(プラス思考ビーム!ではなく笑)、高校時代の県大会ですごい緊張した結果よく走れたので、たぶん緊張しても大丈夫です!

―じゃあ当日は集団走とのことですが、どんなレースをしたいですか?
15㎞くらいまでは集団でみんなで行けるのが一番の理想なんですけど、それができなかった事態に備えて色々なパターンを想定しておこうと思っています。
一人になってもうまく他大について行かなきゃいけないなと。
―目標は?
66分です。

―最後に、応援してくれる人たちと一緒に走るメンバーに一言!
長距離メンバーは、普段いつも一緒に練習しているので今さら何も言わなくても全部伝わってると思っています。
応援してくれる人には、個人の名前を呼んでくれると、はい、頑張ります!ってなるので、
「慶應頑張れ!」じゃなくて「中野頑張れ!」でお願いします。笑

長距離の皆が「センスと努力をあわせもつ男!」と称賛する中野
私の彼のイメージは、ふわふわした空気を身にまといながら、虎視眈々と野望を秘めている選手!
怪我に苦しみながらもそれに耐え、確実に力をつけてメンバー入りしました。
直近の練習からも彼の調子の良さは見て取ることができます
皆さん当日は、颯爽と走る彼の姿にぜひ「中野頑張れ!」と声をかけてあげてください

なお、中野の話にもありましたが現在長距離ブログでは連日選手たちがブログを投稿しています
http://blog.livedoor.jp/keiold2006/
一日何人ものハイスピード更新のわけは、、、予選会までに4年生の粟田と山根に順番を回すため。
果たして、間に合うのでしょうか・・・!?笑
予選会前の選手たちの声。インタビューと合わせてご覧になってみてください

二人ともどうもありがとうございました
当日のかっこいいレースを楽しみにしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です