早慶戦2日前!! ★投擲ブロック編★

こんにちは!
マネージャーの4年齋藤と3年田島です
早慶戦2日前となる今日は、投擲種目に出場する選手たちのご紹介をしたいと思います。

円盤投、担当:田島瑠理

・キアラシダナ(環4)
image

投擲ブロック長としてでだけでなく、勧誘や戦力分析など、様々な分野でチームをまとめ、引っ張ってきたダナさん。
関東インカレでも砲丸投で見事優勝を果たし、競技力の面でも部の先頭に立ってこられました!
そんなダナさんの集合での言葉にはいつも説得力があり、毎回話に聞きいる選手が多かったことが印象に残っています
先日の全日本インカレでは思うような結果が出ず悔しい思いをされましたが、その悔しさをこの早慶戦にぶつけて、思いっきり投げて来て欲しいと思います
ダナさんのビックスローに期待しましょう

・久保健二(環4)
image

恵まれた体型と、得意のハードルで十種競技には定評がある久保さん。関東インカレでも4位入賞と健闘されました
持ち前のキャラクターで部を盛り上げてくれることも多いです!
しかし、この4年間は怪我に苦しめられた時期が本当に多かったと思います。そんな中でも休日に一人トレーニング室に残って練習をするなど、陸上に対して熱心に向き合う姿が印象的でした。
先日には棒高跳の練習で自己記録も更新されました!この調子で早慶戦でも自己記録を出してもらいたいと思います

・堀内隆仁(環3)
image

円盤投と言えば、やっぱり堀内!
今シーズンは十種競技の多くの種目で自己記録を更新し、関東インカレでも円盤投では3位で表彰台、十種競技では7位入賞を果たし、その存在感を見せつけました
いつも遅くまで競技場に残り、練習を続ける堀内の姿には、マネージャーとしても刺激を受けています!
今回は得意の円盤投への出場ということで、ベスト更新と優勝が期待されています
持ち前のガッツで会場を沸かせる投げをしてもらえたらと思います

・小林祐貴(総2)
image

慶應競走部唯一のハンマー投選手である小林。
練習環境も決して整っているとは言えない中、自分で工夫しながら練習を重ね、今年の関東インカレでは見事自己記録を更新、5位入賞を果たしました
練習を見てみていてもまだ伸び代が多く、今後も記録の更新が期待されている一人です!
早慶戦はハンマー投は対抗種目になく、今回は円盤投の補欠としてのエントリーですが、4年生2人を支えつつ、円盤投での点数獲得にきっと貢献してくれることでしょう

やり投

・平井健太(理M1)
5dcc1bc1.jpg

昨年までは準硬式野球部に所属し、今年から競走部の一員としてやり投に取り組む平井さん
野球で鍛えた肩の強さとたゆまぬ努力で急成長をとげています
後輩たちにアドバイスをもらいながら、ストイックに努力する姿は競走部の兄貴的存在
先日行われたトライアルでも練習から好投擲を見せ、見事正選手の座を勝ち取りました!
負けず嫌いな彼の早慶戦での大投擲に期待です

・海老原正樹(総3)
えび

(右:海老原)

慶應のやり投といえばこの人、えびちゃん
高校時代から数々の実績を残してきましたが、大学では怪我に苦しみ思うような結果を残せずにいます。
ですが、やはりそのセンスと実力は十分。
今年の六大学では短助走ながら60mを投げ、関東インカレ2部では3位表彰台に乗り、部に多くの得点をもたらしてくれました
やり投チームにも、彼がいてこその安心感があると思います。
気張らず、思いっきり遠くにやりを投げてほしいです

・村川雄紀(法2)
46180919.jpg

今年から入部し、公式戦は初出場となる村川。
彼が入部したことで慶應競走部のやり投の層がさらに厚くなったことは間違いありません
まだ体は華奢ですが、2年生ながら正選手に名を連ねました!
対抗戦では彼のような選手の活躍が、部を盛り上げる大きな要因になります
村川の初Kマークに大きな声援を送りましょう

・楠木崇久(法3)
早慶戦☆楠木

普段の練習を見ていても、努力家で、やり投が大好きなことが伝わる楠木。
思うように投げられないことが続いても、彼は常に前を向いて努力し続けます
その姿は多くの部員たちに尊敬されるものではないでしょうか。
苦しむことが多かった今シーズン。昨年は自己べストも出している相性のいい早慶戦で、納得のいく投擲ができることを祈ります

・堀内隆仁(環3)
aa3fd71e.jpg

(右:堀内)

十種の選手である隆仁は、今回も多くの種目にエントリーしています
昨年引退した堀内隆太さんの弟である隆仁は、常にその背中を追い続けてきました。
十種競技だからといって、円盤でもやり投でも負けるわけにはいきません
冬も夏も遅くまで残って練習を積んでくることができたのは、きっとそのプライドと陸上が好きな気持ちだと思います。
努力した分結果は出ると信じて、隆仁の活躍に期待しましょう

今日で早慶戦選手の紹介は終わります。
早慶戦前日となる明日は、特別記事を掲載する予定です。
部員はもちろん、より多くの方にご覧頂ければと思いますので、宜しくお願い致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です