2014全日本インカレ2日目・テキスト速報

全日本インカレ二日目も、テキスト速報を行います! 慶應義塾体育会競走部の活躍にご期待ください! 競走部の一日目の活躍もぜひご覧ください!⇒一日目当日特集

集合

朝の集合が行われ、応援統括より応援のレクチャーが行われました。 全カレ二日目が始まります!!

110mH予選

上野 佑太: 棄権届けを提出しました。

100mH予選

荻原 さや: 鋭いスタートで飛び出すも、中盤追い上げられ14″23(-0.6)組4着でゴール。準決勝進出はなりませんでした。

200m予選

工藤 裕実: 棄権届けを提出しました。
竹内 爽香: 素晴らしいコーナーリングで先頭争いを繰り広げ、後半粘るも24″76(+1.9)組4着でゴール。準決勝に駒を進めました!
八木 維信: 棄権届けを提出しました。
小池 祐貴: 前半は抑えながらもコーナーを抜けると爆発的な加速で20″99(+0.7)組1着で準決勝に進みました!

800m予選

村上 昂輝: 一周目は良い位置につけ二周目のバックストレートで仕掛けるも、混戦となり1’51″67の組3着でゴール。準決勝に駒を進めた!
中谷 浩崇: 前半から先頭集団でレースを進めるも、二周目バックストレートのスパートについて行けず1’53″66組6着でゴール。準決勝進出はなりませんでした。

400mH予選

瀧澤 彩: まずまずのスタートを見せるも、レースに乗れず52″95組5着。決勝進出はなりませんでした。
清水 友紀: 前半抑えて入り、勝負をしかけるも周りのスパートについて行けず63″19組5着。決勝進出はなりませんでした。
松本 岳大: 前半から飛ばしていき、綺麗なハードルワークを見せ大学ベストの50″77A組2着。明日の決勝に駒を進めました。

100m決勝

山縣 亮太: 抜群のスタートで、爆発的な加速をしていき他を圧倒するレースを見せた。10″20(-0.4)で全カレ優勝を果たした!

4×400m予選

岩部、清水、瀧澤、村井: 最終4組に登場。岩部はアウトレーンを序盤からつめていき、清水は冷静に先頭集団との差をつめていった。瀧澤は懸命の走りをみせるも周りのスパートについていけず、村井は落ち着いた入りから残り200mでスパートをかけるも、3’53″26組6着。決勝進出はならなかった。
壁谷、茅田、塩原、小池壁谷はのびやかな走りで、アウトレーンを詰めていき上位でバトンパス。茅田は先頭集団をバックストレートで抜き去り、勢いそのままにホームストレートでも差をつけ、塩原は落ちついた走りで残り100mからスパート、小池は前半から飛ばしていき、後ろをみる余裕をみせながらゴール。3’07”49組1着で決勝に駒を進めました! 3’06″90の塾記録更新に期待がかかります!

800m準決勝

村上 昂輝:前半から村上らしく攻めていき、先頭で残り一周とします。バックストレートからスプリント勝負が始まり、粘りのレースで1’54″87組4着。決勝に駒を進めました。

中断中 17:40~

ただいま雷がなっているため全競技が中断されています。
これ以降の競技が遅れる可能性があります。

再開 17:55~

警報レベルが下がったので、競技が再開されます。

走幅跳

小室
①: 助走はリラックスして入れているのですが踏切が惜しくもファールとなってしまいました。
②: 風をうまく利用してスピードに乗った跳躍をし7m31(+1.3)でした!でも最後のところで間延びした分まだまだ修正の余地があります。悪天候の中ですが、彼本来の跳躍に期待がかかります!
③: 7m23(+0.3)決勝に進むことはできませんでした。

4×100m決勝

塩原、山縣、吉田、小池: 雨が降りコンディションが不安定の中スタートした塩原は確実に山縣にバトンをつないだ。山縣は他大のエースを圧倒する走りでバックストレートを駆け抜け、吉田は確実にカーブを切りとりアンカー小池に繋いだ。小池は持ち前の力強い走りで向かい風をものともせず猛追したが39″69の5位となりました。

中断中 18:45~

ただいま雷の警報レベルが高くなったため全競技が中断されています。
これ以降の競技が遅れる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です