新入生インタビュー!④

こんばんは!
1年マネージャーの鈴木です!

以前の記事にもあるように、長距離は8月7日に菅平での一次合宿を終えました
その合宿中に行った長距離への新入生インタビューはとても盛り上がりました
最初にご紹介するのはこの3人です!

藤井一樹(ふじいかずき)(法1)
出身高校:慶應義塾湘南藤沢高等部
所属学部:法学部法律学科
所属ブロック:長距離ブロック

インタビュー藤井

ー陸上はいつから、どうして始めましたか?
高1から始めました。河田先輩(河田健太郎 法3)がカッコ良かったのがきっかけです。
(河田さんも同高校出身です)

河田:藤井が入部してきたときを覚えてるよ!

ーでは、走っていて楽しいと思う瞬間はいつですか?
自己ベストを更新したときは、とても嬉しいです。一つの壁を乗り越えた気分が最高に感じます!

ーでは、逆に辛い瞬間は?
怪我などで走れないときです。

ーそうだね。気を付けて怪我をしないようにね!では、大学に入っても競走部で陸上を続けようと思った理由は?
空手をやっていたから、じつはそれも少し考えてた。でも、そこもやはり『競走部に河田先輩がいたから』入部を決めました。先輩の存在はとても大きいんです!それに加えて、高校を卒業するときに「まだ上を目指せる、走り続けたい」と思ったからですね!

ーお二人の絆はとても強いんですね(*゚o゚*)では、学校生活はどうですか?
楽しいです!

ー勉強はどうですか?
そうですね…たくさん勉強しています!

ー法律学科はどんなことを勉強するの?
憲法・民法・刑法など、あらゆる法の基礎を学んでいます。学年が上がるにつれて、より専門的で複雑になっていくようです。

ーオフの日はなにをしていますか?
中学のときの友達と遊びに行ったりします。未だにとても仲がいいんです(^∀^)

ー素敵だね!では、4年間の抱負を教えてください。
大きいことを言わさせて頂きます!
箱根を目指します!!!
そして、個人としては5000mで14分台を出します!!

ー頑張れ!最後に読んでくださった方にメッセージをお願いします。
まだまだ未熟ですが、これから強くなって部に貢献できる選手になりたいと思います。よろしくお願いします!

大木康生(おおきこうせい)(経1)
出身高校:慶應義塾志木高等学校
所属学部:経済学部
所属ブロック:長距離ブロック

インタビュー大木

ー陸上を始めた年とそのきっかけを教えてください!
中1です。友達と部活見学をして陸上部に惹かれました。

ー楽しいと思う瞬間はいつですか?
多くの仲間と支えあって、毎日練習できることです!

ー辛い瞬間は?
ライバルに負けた時は、とても悔しいです。

ー競走部に入部したのは、志木高からそのまま陸上を続けるため?
そう思いますよね?実は、高校時代はラグビー部所属でした!!

ーえっ!?じゃあ何で陸上に戻ったの??
高校卒業と一緒にラグビーに区切りをつけることは決めていました。
同時に、走ることが好きだったので陸上に戻ると決意していたんです。

ー慶應の競走部は、実際に入ってどうですか?
尊敬できる先輩方が大勢いらっしゃって、同期ともお互い高めあえるので、自分が成長できる場所だと確信しています。

ーでは、オフの日は何をして過ごしていますか?
家で、ゆっくり過ごすことが多いです!

ー学校生活はどう?
競走部の人たちとももちろん会いますが、高校時代のラグビー部の仲間といることも多いですね。

ーなるほど!では、4年間の抱負を教えてください!
まずは、中学時代の自己ベストを更新します。
そして、まだ自分が部内でどういう立場にいるか確定できていないので、今は焦らずに、怪我なくコツコツと練習をつんで強くなります!

ー最後に、読んでくださった方にメッセージをお願いします!
いつも応援ありがとうございます。
長距離という長い時間をかける競技においては、皆さんの声援がとても大切です。
ぜひ競技場にいらっしゃって、応援の方よろしくお願い致します!!

高木一成(たかぎかずあき)(理1)
出身高校:慶應義塾志木高等学校
所属学部:理工学部
所属ブロック:長距離ブロック

インタビュー高木

ー陸上を始めた年と、そのきっかけを教えてください!
陸上を始めたのは中1の時です。僕は運動が得意ではなかったのですが、走ることならできる!と自分を信じてはじめました。長距離専門になったのは、高1からです!

ー走っていて楽しい瞬間はどんな時?
記録が出た時と、今までできなかった練習がこなせた時ですね。

ー逆に、辛い瞬間は?
不調の時と、やっぱり滅茶苦茶キツイ練習をしてる時ですね(笑)

ー大学でも陸上を続けることにした決め手は何ですか?
高校で引退することも考えました。でも、高校までで自分の目標としていた記録を出せなかったことと、フルマラソンを走って、「楽しい」と感じたからです!

ー実際に入ってどうですか??
高校より自由な環境なので、自分で考えることが多く、とても良い環境だと感じています。

ーオフの日は何をしているの?
ジョグ以外は、家でゆっくりすることが多いですね。テレビを見たり、音楽を聞いたりします♪

ー理工学部は、勉強は難しいですか?
他の学部と比較できないから何とも言えないけれど大変ですφ(.. )
高校時代の勉強の大切さを実感していますね!笑

ー理工は、1年生は色々総合的に学ぶんだよね?
そうそう、2年生から学科を選んで専門的になっていくんです~

ーやっていきたい研究とかはある?
新しいものを作り出すことをしてみたいです!

ーちなみに走る上で、役に立ちそうな(関係がある)勉強とかあるの?
運動力学とか物理の一部は、関係することもあるのかなぁ。
考えれば追究していけると思います!

ー気になる!では、4年間の抱負をお願いします!
今は、まだまだ自分が弱いことを自覚しています。なので、とにかくいっぱい練習をして強くなって、部に貢献できる選手になっていきたいと思います!

ーでは、読んでくださった方にメッセージにお願いします!
自分にはどうせ無理だと思っていた人でも「頑張ればいける!」と思って頂けるような、姿勢を走りを通して示していきたいと思います!
よろしくお願いします!!

インタビュー大木 高木 藤井

(左から奥村真輝(経1)、大木、藤井、高木、荘林豪(総2)。楽しそうな様子が伝わってきます)

先輩方からつっこまれたりアドバイスを受けている姿を見て、長距離ブロックの学年を超えた絆の強さを強く感じたインタビューでした(`・ω・´)
トップバッターにも関わらず、快くインタビューを受けてくれた藤井。
他の人のインタビューを盛り上げつつ、しっかり自分の質問にも応えてくれた大木。
たくさん聞いても、嫌な顔一つせず必ず全てに優しく応えてくれた高木。
其々の素敵な個性がよく見えたインタビューでした!
彼らの目標達成のため、私達サポートスッタフも頑張ります!

まだまだインタビューは続きます。次回もどうぞお楽しみに(*・ω・)ノ
今回はこれにて失礼いたします。読んで下さりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です