六大学インタビュー! 短短∗̥✩

こんばんは、新3年マネージャーの田中です

いよいよ六大学対校戦まで一週間となりました。
そこで今回マネブロではブロックごとに出場する選手にインタビューを行いました!(*・ω・)ノ

まず第一弾は短短ブロックをお送りします

男子100m 頼駿智(経済新3年)

image

今年の冬季はどうでした??
怪我なく深くつめました。順調に取り組めました。エンジン部分の強化を意識しました。
六大への想い
自分の中の位置づけとしては、代替わりするまでの今シーズンという大きなスパンで考えた時に、歯車をうまく回していくための大事な初戦になるので、幸先いいスタートを切るに越したことはないと思ってます。
六大で結果を残すことが先々の関東インカレや早慶戦への勢いづけになると思っています。
シーズン初戦ですが、どうですか??
昨シーズンは初戦でベスト出したので、今年も狙ってます。でもタイムもだけど、とにかく100mでは決勝に食い込むことと、リレーでは優勝することを一番に考えています。初戦ということはそこまで意識せずに、楽しんで走りたいです。心の準備もばっちりです!
新入生がすでに練習とかに混ざったりしてますが、どうですか??
いい刺激をもらってます。刺激が短短らしさだと思ってるし、やっぱり短短から盛り上げていきたいです。
最後に一言お願いします。
自分とチームを信じて頑張ります!!

頼は昨シーズンすごく伸び、今年も彼の活躍に期待です。六大から関カレや全カレにつながるような走りをしてくれると思います。頼らしい力強い走りで私たちを魅了してくれることでしょう!

男子110mH 上野佑太(環境情報新1年)

image

沖縄から参加してると思いますが、慶應の雰囲気はどうですか??
やっぱりみなさん意識高いなと思います。
初の公式戦ですが、緊張してますか??
緊張しますが、なるべく上の順位を取って帰ってきたいと思います。
冬季はどうでした??
すごくつめたってわけではないですが、走ってないわけでもないのでまだいい方かなと。高3のシーズン前もハムを怪我してしまってからのシーズンインだったので、考えるとあまり変わらない状況かなと。
シーズン初戦ですが、どうですか??
シーズン最初の試合がKマークというのは緊張ですけど、光栄です。他の1年生には負けたくないですね。あとやっぱり早稲田の野本には負けたくないです!
ハードルの先輩はどうですか?
とても優しい先輩方で、とても頼りになります!
加藤先輩、六大学一緒に頑張りましょーーv( ̄∇ ̄)v

上野は沖縄合宿から慶應の練習に参加してくれていて、合宿所にも入り、もうすっかり部になじんでいます。大きな体格とダイナミックかつ華麗なハードリングは1年生とは思えないほど堂々としています。フレッシュな走りに期待です!

4x100mR 山縣亮太(総合政策新4年)、野村隆太(商新4年)、頼(経済新3年)、藤(経済新3年)、吉田(理工新2年)、和田(理工新2年)、小池(総合政策新1年)

image

六大への想いは
頼:関カレへの架け橋。関カレで勝つことが僕の中での目標なので、それにつながるバトンパスであったりレースをしたいと思ってます。
藤:谷口さんがいなくなって、エースの山縣さんもいないなかでどこまで早稲田や法政に対していい試合ができるか、関カレ全カレへつなげられるよう頑張っていきたいです。
吉田:僕は初めての公式戦になるので、雰囲気もまだわからないですけど、チームの足を引っ張らないよう頑張りたいです。
小池はテキサスリレーに出場のため不在なので小池について山縣から一言:小池は入部したときからすごく大きくて力強い走りをしてて、パワフルです。力こそすべて!期待です。
今回4継メンバーが今までとガラッと変わってますが、どうですか??
頼:お互い先輩後輩の壁はなく、自由に意見が言い合えるっていう慶應の良さは残ってると思います。
藤:チーム力なので、お互いの呼吸を認識しつつよくできてると思います。
吉田:緊張はしてますが、個人的には小池に間に合うのかっていう…笑
山縣:バトンは歩数が絆なんだよ、歩数を信じろ。小池との歩数を信じろ。
最後に一言
和田:シーズン最初の公式戦なので、7人でしっかり結果を残せるレースをしたいと思います!

昨シーズンまでの軸であった谷口さんや山縣さんを欠いた今回の4継ですが、大型ルーキー小池や、冬季めきめきと成長し今シーズン期待の吉田など、戦えるメンバーは十分そろっています。下級生を中心とする4継新時代の幕開けです!!

短短ブロックのインタビューは以上となります。
明日以降のマネブロもぜひご覧ください!(*’-‘*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です