早慶戦インタビュー☆第3弾!

こんにちは!
3年マネージャーの齋藤です(*・ω・)ノ

今回は、堀内隆仁(環2) 円盤投
六大は強風による競技中止により出場が叶わず、久しぶりの公式戦となりました

そんな隆仁にとっての早慶戦とは??
fa7acd43.jpg

自分の役目を全うしたいという隆仁。
その真意を聞きました!

「今回の早慶戦の円盤投では、得点ライン上の状況は、ディーンさんと兄(堀内隆太(環4))の二人が抜けていて
 あとはダナ先輩と僕という感じです。慶應勝利のために、ディーンさんを下すのは僕の役目ではありません。
 ただひたすらに目の前の3位を確保することが役目だと思っています。
 記録としては、なんとしても40mを投げたいと思います。」

十種選手の隆仁ですが、今回は高校時代から取り組んできた円盤投に出場します。
プライドもあるこの種目で、慶應チームの勝利のための役割を果たすと語ってくれました。
慶應の堀内兄弟も今大会で見納め(ノд・。)
お兄さんに最高の引退をプレゼントして欲しいです
隆仁、いっぽーん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です