関東インカレ第3日目:当日特集

関東インカレ第三日目が終了しました。
本日の競技の模様をお伝えします。

荻原、塾新記録樹立!!

 本日行われました、女子七種競技の第一種目100mHにおいて、荻原さや(総・3)が14”38の塾新記録を樹立しました。先日の100mH個人では決勝進出を後一歩で逃す悔しい思いをした荻原でしたが、今日のレースでは序盤から積極的に攻める走りを見せてくれました。中盤からスピードの乗ると、60m過ぎにトップに踊り出て、そのまま勢いを失うことなくゴール。レース後は競技場のオーロラヴィジョンに笑顔を向けてくれました。荻原の七種競技は本日まだ折り返し地点を過ぎたばかりです。砲丸投げでも自己ベストを記録した彼女の七種競技、その入賞を期待しましょう!

見事塾新記録を更新した荻原

石原、女子走り幅跳び6位入賞!

 女子の躍進はまだまだ続きます!午前中に行われました女子走幅跳び決勝にて、石原(商・1)が5m84で6位入賞を果たしました。直前の四継準決勝ではキレのある走りを見せ、決勝進出に貢献しました。一本目は惜しくもファールながら、調子の良さを見せつけ、続く二本目ではベスト8を決定づける見事な跳躍を見せました。その後も自己ベストに大きく迫る跳躍を続け、一年生らしからぬ堂々とした試合運びで6位に入賞しました!

大健闘の一年生石原

男女四継、健闘!!

 四継はまず男子から始まりました。一走の頼(経・2)が初めての関カレで堂々の走りを見せ、キャプテン谷口(経・4)が力走を見せ、チームを勢いづけます。三走岩見(理・3)は予選に引き続き、鋭い加速でスピードに乗ると、エース山縣(総・3 )に繋ぎました。200m予選では絶好調の走りを見せていた山縣は、チームの期待に応える見事な追い上げを見せ、4位でフィニッシュしました。得点が入らないこれまでの男子の重い雰囲気を打ち破り、明日の最終日に向け、最高の流れを作ってくれました。
 女子は個人種目での活躍に続き、チームでも魅せてくれました。石原(商・1)は予選から決勝を通して、攻めの走りを見せると、二走の志比(総・4)が好調ぶりを見せ三走町野(商・4)へ。200mでは準決勝進出を逃し悔しい思いをした町野と工藤(医・5)。リレーでは意地の走りで、四継チームの入賞に大きく貢献しました。順位は惜しくも8位でしたが、先週に引き続き、チームを大きく盛り上げてくれました。

驚異の追い上げを見せた山縣

バトンは町野から工藤へ

今日絶好調の走りを見せた山縣の男子200mや、女子400mHの一年瀧澤(総・1)では明日の決勝での活躍が期待されます。男子棒高跳びや男子砲丸投げ、女子マイルの決勝もあり、最終日にふさわしい一日になりそうです。
慶應競走部の最後の盛り上がりに是非ご期待下さい。
明日も応援のほど、よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です