日体大記録会レポート!

こんにちは
3年マネージャーの齋藤です(*・ω・)ノ

遅くなりましたが、先週末に行われました日体大競技会の報告をさせて頂きます
032c0a57.jpg

関カレ標準締切が近づく中、毎年賑わうこの春の日体大競技会には、
今年も慶應から多くの選手が出場しました。
選手に比例してサポートスタッフもたくさん.。゚+.(・∀・)゚+.゚
931f6cc0.jpg
マネージャー5人(新入生もきてくれました)とトレーナー2人が帯同しました。
普段はマネージャー1~2人でのサポートですが、トレーナーも来てくれるとサポートの質も上がります
関カレ前の大事な試合、選手たちも助かっていることと思います

朝一でアップ場に来たのは十種の佐藤と七種の荻原の3年混成コンビ(o^∇^o)ノ
十種は100m、七種は100mHから始まりましたが、
佐藤は11″43の自己ベスト、荻原は14″75の大学ベスト&関カレ標準を出し、慶應を勢いづけました
37b11d3d.jpg
02c9ee46.jpg

二人によって良いスタートをしたこの競技会では、2日間かけて多くの好記録が生まれました。
公式HPの方に全記録が紹介されていますので、ここでは標準切りとPBを出した選手のみご紹介させて頂きます。

工藤裕実(医5) 400m 57″36 PB 関カレ標準
最近医学部三四会から競走部に入部してきた工藤さん。
大学から陸上を始めたにも関わらず、また、医学部の勉強も大変な状況で
この時期にしっかりベストと関カレ標準を切ってくれました
競走部の女子陣に大きな刺激を与えています(男子にもその笑顔と大人の魅力で刺激を与えてくださってます…(●´ω`●)笑)

齋藤美松(経4) 800m 1’58″91 PB
去年2分を切ってからしばらくベストから遠ざかっていた美松さん。
真面目に練習に取り組む姿を見ていたので、結果を出してくれると嬉しいです
2分をコンスタントに走れる選手が増えることで、中距離の層が厚くなることにもなると思います。
4年生として、ブロックを引っ張る姿に期待です(`・ω・´)

志比菜津実(総4) 400m 56″22 全カレB標準
日頃から、競技でも精神面でも女子短距離陣を引っ張るなつさん
今回は関カレへの調整の一環としての試合でしたが、
久々に手ごたえのあるレースができたとおっしゃっていました
切れていなかった全カレ標準も突破し、これからのシーズンにのはずみとなったのではないでしょうか(*゚▽゚*)

益子勇賢(商4) 400m 48″80 PB 関カレB標準
短短でありながら今回400mに出場された益子さん
マイルメンバー入りを目指して春季OPでも400mに出場されていましたが、
この時期の試合で48″80の自己ベストと関カレB標を出し、
今シーズン部内5番手に入り、メンバー入りに大きく近づきました

荻原さや(総3) 七種競技 4354点 関カレ標準
去年から七種競技の試合に何度も出場しながらも、4300点の関カレ標準を突破できずにいたさや。
3月の東大記録会ではわずか4点足りずに標準切りを逃していまいた
今回、得意の100mHで流れに乗ると、トラック種目で得点を稼ぎ、見事標準突破
最終種目の800mまでどうなるかわからずハラハラする展開でしたが、おかげで感動も一入でした。゚(゚´Д`゚)゜。
関カレ2週目日産で、部員を楽しませてくれることでしょう

壁谷智之(総3) 400m 47″54 PB 関カレA標準
高2以来べストから遠ざかっていた壁谷。
去年は怪我に苦しみ、今年の六大学も好調を保ちながら、直前に痛みを訴え棄権していました
しかし、その後つらい減量にも耐え(笑)今回の日体に合わせてきた彼は、
自信を持っての出場で、自己ベストと関カレA標突破という有言実行をなしとげました(ノ`Д´)ノ
400mのA標突破は六大学の茅田(理3)に次いで2人目。これで400mは関カレ枠が3人になりました

佐藤丞(理3) 十種競技 5395点 PB
大学に入ってから十種競技を始めた丞。
持ち前の人懐っこさを活かし、各種目の練習に混ざって練習を積んできました
真剣に陸上に取り組み、笑顔で語る丞は、誰よりも陸上を楽しんでいる気がします(*’-‘*)
目指していた関カレ標準6000点は達成なりませんでしたが、300点も自己ベストを更新しました!!
今回の悔しさをバネに、今後も成長してくれると思います

関隆弘(商2) 100m 11″35(+1.1) PB
200m 22″88(+1.4) PB
100m・200m共にベストを更新した関くん^^
1年前に入ってきたときとはフォームも全く違います
冬季も地道にしっかりと練習が積めていた彼が記録を伸ばすことで、
部員にも刺激を与えてくれると思います
短短底上げに、彼の存在は今後も要チェックです( ̄‥ ̄)=3

星紀宏(経2) 800m 1’59″82 PB
去年、中距離に同学年がいない中先輩たちの練習に混ざって練習をつんできた星くん。
高校時代にも2’00で何度も走り、今シーズンに入ってからも2’0代での記録を出しながら、2分の壁を越えられずにいました
当日最高のコンディションにめぐまれ、思い通りのレース展開でついに2分を切りました
3年ぶりの自己ベストを更新の勢いにより、関カレなど公式戦に絡んでくることに期待です

荘林豪(総1) 800m 1’59″67 PB桐蔭出身の新入生、中距離ブロックの荘林くん。
800mは初めて走ったそうですが、しっかり2分を切ってきました(`・ω・´)
新入生の中でもはやくから競走部の練習に参加していた彼は、
今シーズンから競走部の戦力として活躍してくれるのではないでしょうか…!

嬉しさがある一方で、悔しさも多く生まれた2日間でした。
ですが、このようなリアルな感情に直接に触れ、感動することができるマネージャーはやっぱり素敵です。
この選手たちのサポートができることに改めて感謝と責任を感じて、日々のサポートを行っていきたいと思います。

そして、関カレ締切はまだ終わりません。
今週末も北区・豊島区・法政・日大など多くの記録会と静岡国際が行われます。
出場する選手はしっかりと調整し、今ある力を最大限発揮してほしいと思いますヽ(#`Д´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です