六大学対校戦事前特集

今シーズン最初の公式戦である六大学対校戦に向け、エントリー選手に抱負を語ってもらいました。全員気合十分で、大きな期待がかかります!!

短短パート

100m

谷口文也:山縣と共に14点とれるように頑張ります。当日にベストパフォーマンスが発揮できるようしっかり調整します。
山縣亮太:昨年怪我して以来の試合です。まずチームの目標に貢献することを一番に考え、準備をします。
岩見隆裕:チャンスが回ってきたらチームのために得点を取ってきたいと思います。

110mH

小島弘毅:今年はハードルが勝利の鍵を握っていると思っています。皆さんの期待以上の結果を残せたらなと思っております。
久保健二:サポートを精一杯やります!
佐藤丞:自分が走ることになった時には、この機会を無駄にせず、最低限自己ベストを出します。

4×100mR

谷口文也:優勝を狙っていきます。ベストパフォーマンスを発揮できるよう調整していきます。
岩見隆裕:自分がチームにできる事を精一杯していきます。
野村隆太:谷口さんと四継全勝への第一歩を踏み出します!
八木維信:決められた役割をしっかりとこなします。
山縣亮太:今シーズンをうらなう大事な初戦です。全勝にむけて万全の準備をして挑みます。
頼駿智:心も身体も柔らかく臨みたいです。短短から盛り上げます。

短長パート

400m

壁谷智之:今年の短長パートは一味違うということをお見せします。
茅田昂:できることを頑張ります。
春山真寛:出番が来たら頑張ります!

4×400mR

春山真寛:ベストを尽くして頑張ります!!
塩原寿周:3年生になるので、チームを引っ張る存在になりたいと思います。
増田航:実力的には、他のマイルメンバーと比べてまだまだですが、コンディションはしっかり整えて六大学には望みたいと思います。
八木維信:決められた役割をしっかりとこなします。
室伏基:燃える
松本岳大:大学の試合の雰囲気などを経験し、関カレにいかします!

中長距離パート

800m

仙波翼:ラストスパートで応援席を盛り上げられるように、最後まで諦めずに頑張ります!
村上昂輝:今回の試合は大学に入って初レースとなるので、とても緊張しています。ですが、慶應義塾大学という伝統ある名に恥じないような走りをして、チームの勝利に貢献したいと思います!
山本郁平:でるなら全力で走ります、出ないなら全力でサポートします!

1500m

笹村直也:1500mは本職ではありませんが、アメリカでのトレーニングの成果を見せます!
坂庭大輝:
岡田健吾:去年は体調不良でレースどころではなかったので、今年こそはしっかり点、記録共に狙います。

5000m

玉井秀明:早明法に喰らいつき、得点をもぎりとりたいと思っています。応援よろしくお願いします。
門出康孝:昨年度に引き続きしっかり点をとってチームに貢献します!
岡田健吾:周りは強い選手ばかりですが、冬場の練習は今までで一番出来たと思うので、自信を持って望みます。

3000mSC

粟田貴明:昨年は不甲斐ないレースをしてしまったので、今年は「きゃー粟田君かっこいい!」と言われるようなレースをしてモテたいです。応援よろしくお願い致します。
西谷:入学後初の大会が六大戦で光栄です。新入生らしく思いきって走り、少しでも点数をとれるように頑張ります。
河田健太郎:補欠ですが、3000障害での得点に貢献出きるよう、頑張ります。

フィールドパート跳躍ブロック

走高跳

仲村将太朗:頑張ります。
刈田真人:自己ベストを跳んで上位にくい込み、六大学優勝に貢献したい。
源内寛己:補欠ではありますが万全の準備をし、正選手と同じ気持ちで臨みます!

棒高跳

川島優:昨年はケガで出場することができなかったので、今年は優勝して部に貢献します。
野田涼平:大学のデヴュー戦で緊張しますが、部に貢献できるよう一本一本大切に跳躍したいと思います。
杉本侑嗣:今、自分のできることをしっかりやって部に貢献できるように頑張ります。

走幅跳

重村有亮:自分に与えられた役割をしっかり果たしたいと思います。
小室慧:
小野寺将也:自分に順番がまわってきた時には点数に絡めるよう、準備します!

三段跳

和泉理久:家に帰るまでが六大です。がんばります。
児島有伸:六大学は自分の大学生活の初めての試合であり、しかもいきなりの公式戦なので皆さんの足を引っ張らないように優勝を目指して全力で頑張ります!
菊池真生:補欠ですが、いつ出番が回ってきても優勝に絡めるような万全なコンディションで臨みます。

フィールドパート投擲ブロック

円盤投

堀内隆太:今年こそは優勝してみせます!
堀内隆仁:関東インカレB標準である41mを投げて5点とります。応援よろしくお願いいたします。
キアラシ・ダナ:三年連続でこの大きな大会でKマークを着られる事に感謝しています。勇気を持ってチームのために闘います。

砲丸投

堀内隆太:ひとつでも上の順位を狙います!
キアラシ・ダナ:三年連続でこの大きな大会でKマークを着られる事に感謝しています。勇気を持ってチームのために闘います。
小林:出場させて頂くことになりましたら、入賞目指して頑張ります。

やり投

堀内隆太:確実に2位をとりにいきます!
吉田惇:慶應のやり投の強さを見せたいです。
楠木嵩久:点数を少しでも多く獲得出来るよう頑張ります!応援よろしくお願いします!

六大学対校戦での我が部の活躍をご期待ください。ご声援のほどよろしくお願い致します。

※記事の関係上パートを移動している選手がいます。申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です