4年間のコトバ  平石 駿(経4)

平石 駿(経4)     短短パート

j

平石は高校(慶應志木)では野球をやっていました。
甲子園も地区大会の結果まで調べるほどの野球好きです。大学で競走部を選んだ理由は??

足が速くなりたかったから!

その他の理由はオフレコなので、続きを知りたい方は平石に!笑

最初から体育会に行くつもりだったの?他のスポーツは?
考えたのは野球、陸上。周りからはアメフトとかラグビーって言われたけど。

実際初心として競走部に入って、どうやって練習メニューとか競技について知っていったんですか??
宇佐美さん、伊藤さんの2人に最初はついていって、とにかく話を聞きまくった。
メニューとかは、、、最初はわからなかったから何も考えてなかった。
やるぞって言われたメニューについていってたかな。本間さんとかとよくやってた。
だから、わけのわからないえぐメニューとかもやらされたけど。
とにかく、誰とかじゃなく色んな人。ほぼ全員に話を聞いて情報を集めてた。

参考にしたアドバイスとかはありますか??
うーん。メニューに関しては無い。
ここまで来て自分に合う練習がなんとなくわかってきた。
例えば2年で60ばっかりやってたら足遅くなって自分はショートばっかりやってると足遅くなるのがわかって、3年で200をいっぱいやってたらある程度走れるようになったから。
参考にしたっていうか話を聞くようにしてたのは、古賀。
古賀の話は基本的に聞くようにしてた。
古賀はマジで必要な存在だった!

こがー

本当にピンポイントで、しかも的確なアドバイスをくれてたから、3年の時に調子良かったのも古賀がいろいろ言ってくれてたからで。
今は平野と2号かな。

一番きつかった時は??
今年の冬。
とにかく練習で走れなくて、全然。
くそ足遅くって、普段だったら3本くらい余裕で出来るようなことでもきつくて1本で死んだりとか。
たぶん慢性疲労が蓄積されて抜けなくなっちゃってた。

光山(理工2)みたいな?
あいつのは本当にやばいけど、自分のは光山の五歩手前くらいまで。
全然走れなくてやべえなって。
本当に走れなくて、1,2月くらいは本当にやめたいくらいになってた。
就活は全然力入れてないから疲れたとは思ってないんだけど。
本当にあのときは鬱になって、何で練習してるのに走れないんだろう、挙句の果てに練習も疲れてるし足動かないしもういいやみたいになってきて。あーやばいなーみたいな。
で、2月の中旬下旬くらいに背筋がばぐって使えなくなっちゃて歩くのも困難になって、3月になる前に体がパンクして。
でも沖縄で無理やり走って割といけるから「大丈夫かな?」とごまかしながらやってきたんだけど。
治療に行っても劇的に変わるわけもなく。
つらかったねー。あの時は。

今は??
練習は良いんだけど試合が良くないよね。
思ってる走りができてない。練習と違うし、こんな感じじゃない。
まだ試合で練習の動きができてなかったり持ってる動きができてなかったりするから、でもそれはまあこれから慣れてくしかないと思う。

平石はもう一年陸上をやるんだよね??
まあでも2号も平野もいて最高のコーチ陣がいるから俺は困らない。
2人ともいなかったらきついけど、、、、
でも最近ちょっとずつ、2号とかと話したり、あと自分の体がバグったことでやりすぎが良くないっていうのが良くわかって、これ以上やると良くない見たいのがわかってきた。

陸上は根性論が当てはまらないスポーツだからね。
トップアスリートほど自分の体のことをよくわかってるし。

そうそう。でもそこまできてるから、まあ急に平野と二号がいなくなったらかなり困るけど、困るけどべつにこの半年で気付きあげてきた感覚で何となくいけるとは思う。
ただジョグとかは無理だけど。皆ジョグしないからな。

来年の目標は??
今より1秒速くなる、純粋で単純で簡単でしょ。

それができれば色んな出場が見えてくるね。
うん。とにかく岩見に勝たないとしょうがない。和製ブレークを目指して頑張りますよ笑


部活に所属して来年もやるってことだよね??

そだよ。
4継走るんだ!
出来れば山縣と一緒に走りたいよね。
まあ山縣に勝てばよいんだよ笑 1秒速くしただけじゃ勝てねーよ笑

後輩へのメッセージ
わりと色んな人言ってるけど、4年間でどうにかしようと思ってると4年に帳尻合わせて2,3年がもったいないことになるから、4年でどうにかするんじゃなくて、1年あれば絶対のびるから、2年の終わりまでにある程度結果出すつもりでやって欲しい。
あと、すぐ無理っていうのやめてほしい。
自分には無理っすとか、それはあの人だからできるとか。そういう考えを持ってると強くなれないと思う。
最近自分がそういうふうにやってるから、そういうのをすごく感じるかな。

うちの学年、そういう「やればできる!」みたいな人多いよね笑

そういう姿勢が欲しいよね。難しいかもしれないけど、本人がもったいないことになるから。
俺らからしたら悲しんでもらいたくないっしょ。
だから最近よく言ってるんだけどね。

平石、ありがとう
平石は、公式戦時、ほぼ4年間1年生集合に参加したり、練習や補強も後輩をまきこんでやったりと非常に面倒見が良く、チームのことを考えてくれているのが伝わりました。
おせっかいかもしれないけどそうやって気にかけてくれる人の存在は、個人競技の競走部だからこそとても大事だと思います。
そして1年の時からの練習や話と比べると、本当に陸上選手の考え方になったんだなと個人的に感じました笑
体の声に敏感になったり、自分の走りの感覚を大事にするなど、今回のインタビューで今までの平石とは違った話が聞けたので、これは来年の記録が楽しみだなと思いました
私の学年には他にも競技を続ける選手がいるので、彼らと共に平石の残り1年も応援したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です