早慶戦注目選手特集!!

慶應義塾大学日吉陸上競技場にて早慶対校陸上競技会が開催されました!
今回は特に活躍が期待されていた三人の選手に注目してお伝えします。
慶應全体の結果は早慶戦結果速報ページ、twitter速報にてご覧になれます。

・笹村直也(法政・3) 1500m
1500mに出場する笹村は800m専門の選手。800mでは関東インカレ5位、全日本インカレ6位の功績を残しており、中距離パートのエースとして臨みます。専門の選手相手でもきっと実力を発揮してくれることでしょう!
1500m 第4位で入賞はなりませんでしたが、持ち味の鋭いラストスパートを見せてくれました!
「専門外の種目ですが、練習をしっかり積んでいたので後半ばててしまったのがとても残念です。応援で頑張りたいと思います!」

・堀内隆太(環・3) 円盤投げ、やり投げ
やり投げ、円盤投げに出場する堀内は、両種目を専門とする期待の選手。最近では円盤投げでベストを更新しており、コンディションもいいとのこと。慶應投擲陣の点取り役として大きな期待がかかります!
やり投げ 堀内は64m95で第3位に入賞しました!次は円盤投げに出場します!
「最後に西森さんに抜かれ悔しかったですが、自分の思い描いていた投げができてよかったです。今日は調子がいいので、円盤投げでは勝ちに行きます!」

円盤投げ 全カレA標準を突破する46m38の自己新記録をマークし、第2位に入賞しました!宣言通りの好調ぶりを見せ、慶應内で最も多くの得点を稼いでくれました!

・岩見隆裕(理・2) 100m、4×200mR
関東インカレ、全日本インカレで四継の入賞に貢献した岩見。最近では自己ベストを連発しており、この前の関東新人100mで優勝を果たした絶好調の選手です。慶應短距離チームの主力として活躍が期待されます!
100m 岩見は惜しくも4位で得点を逃しました。八継での爆発に期待です!
4×200mR 一走を務め見事な走りで二走につなぎました。結果的にはバトンミスのため失格となってしましいましたが、短距離陣の主力として立派に仕事を果たしてくれました!
「100mも八継も粘り強く走ることが出来なかったことが悔やまれます。八継では今年の反省を生かし、来年の対抗戦では雪辱を晴らしたいと思います。」

結果は慶應17点、早稲田40点で悔しい結果となってしまいましたが、多くの課題が見つかり来年につながる対抗戦となったと思います。
暑い中お越し下さった皆さん、またスクリーン越しに見てくださった皆さん、応援ありがとうございました。
後日早慶戦の事後特集を組む予定ですので、是非そちらもご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です