長距離1次合宿5日目!!

こんにちは。
2年マネージャーの瀬田川です。

遅れましたが、長距離1次合宿5日目最終日の様子をお伝えいたします!!

長距離1次合宿も最終日ということもあり、選手には疲れが見えておりました。

クロカンコース20㎞PRのメニュー、早朝5:10のスタートに向けてみんな早起き、、、

ではなく、その前に日本時間3:45から始まるロンドン五輪100m準決勝に出場する山縣(総合・2)の応援のため、さらに早起きをしてみんなで応援をしました。

結果は、前の記事(「ロンドンオリンピック100m」2012/8/6,齋藤菜月)の通りですが、同じ仲間が大きな舞台で堂々と走っている姿に感動する反面、決勝という舞台に立てなかった悔しさを感じていました。

はてさて、いつまでもオリンピックは見ておられず、5:10からAとBの2つのチームに分かれて、20kmが行われていました。

DSCN5531

朝が早く、霧がありました。

DSCN5538

Aチームの様子。

スタート前は、木下(薬・4)さんも「最後の方は縦長になって結構離れてしまうかも・・・」と話していましたが、Aチームは最初から最後まで設定タイム通りにキレイにみんなで終えることが出来ました。
Bチームも、最後は離れてしまいましたが、それは設定タイムより速く走ってしまったせいであり、設定タイムを下回る選手はほとんどおらず、最終日にいい形で1次合宿を終えることができました。

練習中、走っている間もお互いに励ましあうなど、この合宿中、僕はチームとしてのまとまりのようなものを非常に感じ、MTGや軽い報告会みたいなものを頻繁に行っている姿から、合宿中に日々少しずつ、前に、前に進んでいく選手の背中を感じることができ、本当にこれからが楽しみになりました。

まだ、夏にある4回の合宿のうちの1回目を終えただけです。
また、3日あけましたら、再び今度は宿が昨年もお世話になりましたコンパスさんの方に移して、菅平に戻ります。
この間も選手は完全休養ではなく、各自目的意識をもって、それぞれ取り組んでいきます。

最後に、今回初めてお世話になりましたペンション スタートラインの皆様、クロカンコースの管理人の方々、練習や宿でご一緒することがあった早稲田大学、青山学院大学の方々、ご迷惑をおかけしたこともありましたが、この5日間有難うございました。

また個人的には、この5日間、木下さん、後輩の佐々木(商・1)、田島(法・1)にはずっとお世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。

IMG_0957

暇があれば、アイシング用のアイスパックをつくり、ひたすら記録をまとめる木下(薬・4)

IMG_0925

この合宿で、何倍も成長してくれた(左から)田島と佐々木。

では、また元気に会いましょう!!

DSCN5487

失礼いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です