ロンドンオリンピック100m

おはようございます。
2年マネージャーの齋藤です。

日本時間で今朝3:45に行われましたロンドンオリンピック男子100m準決勝に山縣亮太(総2)が出場しました。
世界のトップ選手のヨハン・ブレークとタイソン・ゲイに挟まれてのレースとなりましたが、周りに引けをとらないスタートを切り、後半こそトップとは離されましたが10″10の好タイムでゴールしました。

決勝進出はなりませんでしたが、観ている私たちも決勝に残れるのではないかと思う程素晴らしいレースをみせてくれました。
その後行われた決勝では9″63のタイムでボルトが金メダルを獲得しました…速い……!!

これで山縣の個人のレースは終わりましたが、後日行われます4×100mRにも出場します。
引き続き応援よろしくお願いします!

ロンドンオリンピック100m” に対して1件のコメントがあります。

  1. 慶應社中 より:

    山縣選手、日本男子4継5位入賞おめでとうございます。
    北京五輪の銅で日本のお家芸となった男子4継、ロンドンでは5人の選手の内、日本学連の関東学連から早稲田大・中央大・慶應義塾大から3名が頑張りました。
    社会人の2名の選手も関東学連の出身です。
    全カレでも怪我だけには注意してベストを目指してください。
    世界の平和を目的に行われ、世界中の人々が公平に冷静に見つめる晴れの舞台、オリンピックの益々の発展をみんなで成し遂げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です